• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

生大根ダイエットの効果とやり方!-10キロも夢じゃない?

Date:2016.05.18

shutterstock_126739550世の中にはいろいろなダイエット方法が存在します。

今まで流行っていたダイエットはひとおおり試したけれど、思うような結果が得られなかった、リバウンドしてしまった経験を持つ方も多いのではないでしょうか。

流行りものダイエットが大好きな方なら、生大根ダイエットをご存知だと思います。テレビでも紹介されてこの方法を試した女性芸人が、なんと10kg以上も痩せたことから一気に注目を浴びたダイエット方法です。

その影響からなのか、一時期スーパーや八百屋さんから大根が品薄になったそうです。

生大根ダイエットは、女優やモデルさんでも実践者、成功者が多いダイエット方法なのだとか。

しかも生大根を食べる以外に制限するものがほとんどありませんので、ストレスもたまりにくく続けやすいのです。

大根が苦手でないのなら、生大根ダイエットに挑戦してみたいと思いませんか?今度こそダイエットを成功させてみましょう!

大幅減量を可能にする生大根ダイエットの効果とは

無理な食事制限も行わず、生の大根を食べるだけで大幅減量できるなんて。

そんなうまい話があるわけないと疑問に思いますよね。ところがあるんです。生大根ダイエットが高い効果をもたらしてくれる理由について詳しくみてみましょう。

現代人に不足しがちな酵素がたっぷり!代謝もアップ!

現代人は食べ物を消化するのに酵素がメインで使われることから、代謝にまで回す酵素が不足していると言われています。

事実、酵素が配合されているサプリメントや健康食品を多数目にしますよね。

美容と健康のために摂っている方も多いはずです。生大根にはアミラーゼという消化酵素がたっぷりと含まれているのです。

私たちは焼き魚や天ぷらといった食べ物を食べるときに、付け合わせとして大根おろしを添えて食べることがよくあります。それは大根おろしに含まれている消化酵素が食べ物の消化を助けてくれるからです。

このアミラーゼは特に炭水化物の消化を促進してくれる働きが強いのです。炭水化物を摂りすぎると血糖値が急上昇やすくなりますよね。

血糖値が急上昇するとそれを抑えるためにインスリンというホルモンが分泌されます。このインスリンが脂肪の合成をすすめてしまうため、太りやすくなるのです。

よくダイエット中は炭水化物を控えるようにすすめられますが、炭水化物が好きな方にとってそれを制限することはツラいでしょう。

また炭水化物が不足すると、

  • 集中力が低下
  • スタミナが続かなくなる

という症状が出ることも…。

生大根ダイエットはアミラーゼのおかげで大好きな炭水化物を我慢しなくても健康的に痩せられるのです。

アンチエイジングの強い味方!イソチオシアネート

大根を大根おろしやサラダなど生で食べた時、辛みを感じることがありますよね。その辛みの正体がイソチオシアネートなのです。

大根を切ったりすりおろしたりすることで大根に刺激が加わります。その際にイソチオシアネートが発生するのです。

このイソチオシアネートにはダイエットと美容に嬉しい効果をもたらしてくれるんですよ。

  • 代謝を促進
  • 活性酸素の働きを抑制して体の酸化を緩やかに
  • 血液をサラサラにしてくれる
  • 炎症を抑える

ちなみに先ほど紹介したアミラーゼもイソチオシアネートも熱に弱いと言う特性を持っています

ですので、で火を通してしまうとその効果が半減してしまうのです。

腸内環境を整える食物繊維がたっぷり!

便秘で悩む女性も多いのではないでしょうか。

便秘は代謝を鈍らせるのでダイエット効果を阻害する要因になります。また便秘が続くと吹き出物などの肌荒れも起こりやすくなり美容面でも悪影響が出てきてしまいます。

大根には水溶性食物繊維が含まれています。水溶性の食物繊維は水に溶けやすい性質を持っている食物繊維です。

胃腸内で水に溶けて粘性を持つようになります。これが糖の穏やかにして血糖値の上昇を抑えてくれるのです。

また、腸内の余分な脂肪を吸着して、体外へ排泄してくれますし、腸内の善玉菌の働きを活性化してくれる働きも持ち合わせています。便秘が解消すると代謝機能も活性化して痩せやすい体質になれるのです。

生大根ダイエットを実践してみよう!生大根ダイエットのやり方

生大根ダイエットは、生大根を食べるだけというとてもシンプルなダイエット方法。しかしやり方を誤ってしまうと失敗することもあります。

実際に生大根ダイエットの実践者の成否について調べてみると、失敗した、痩せなかったと言う意見も見つかるのです。

毎日続けることが大前提。生の大根を食べる

生大根ダイエットで守るべきことは、生の大根を毎日食べることです。いろいろと制約の多い他のダイエット方法と比べると、とても簡単なダイエット方法だと思いませんか。

そして一日あたりに食べる量は生大根300gです。

大根の大きさにもよりますが、目安で6cmくらいの厚さになります。一日のうちに食べる量を守りさえすれば特に制約はありません。

一度で300gを食べてもいいですし、一回で食べきれない場合は何度かに分けて食べてもいいのです。とにかく毎日300gしっかりと食べること、これが生大根ダイエットを成功に導く基本ルールです。

食べるタイミングは「食前」か「食後」!

生大根ダイエットは生の大根を食べるダイエット方法ですが、いつそれを食べてもいいわけではありません。

ベストなタイミングは、食前もしくは食間です。

食べ物を食べるとそれを消化するために酵素を必要としますので、生大根を一緒に食べることで消化を助けて代謝を高める効果が期待できるからです。

また食前、食間に食べることによって大根による満腹感が得られます。そのおかげで食べすぎを防ぐことができるのです。

生大根ダイエットでは制限しなくてはいけないものは基本的にありません。だからといって好きな物を好きなだけ食べているとカロリーオーバーとなり、ダイエット効果が表れにくくなります。

ダイエット効果をあげたいなら、適度な運動を!

生大根ダイエットは生の大根を食べる以外は特別な制限はありません。しかし効果をあげたいなら適度な運動は行うべきです。

テレビで女性芸人が10kg以上のダイエットに成功したと述べましたが、適度な運動を行っていたからこそあれだけ大きな結果を残せたのです。

生大根には脂肪をつきにくくする効果は期待できますが、既についてしまっている脂肪を燃焼させる効果は少ないのです。

運動の習慣がない方がいきなり運動をするのは大変でしょう。しかし日常動作を少しでも増やすことで運動効果を高めることは十分可能です。

  • なるべく階段を使う
  • 一駅分多く歩く
  • 家電にできるだけ頼らない
  • できるだけ車に乗らず徒歩か自転車で移動する

とにかく意識して体をこまめに動かすこと。これだけでも運動量を増やすことができますよ。

食事はバランスよく食べることが基本!

大根はそれなりに栄養のある野菜ですが、大根に含まれている栄養素だけでは不十分です。体に必要な栄養がしっかりと摂れないと、体は栄養をためこもうとします。

そうすると代謝が鈍って痩せにくくなるのです。またせっかく体重が落ちてもリバウンドしやすくなってしまいます。

  • 大根以外の野菜
  • エネルギーの基になる主食
  • 体を作るたんぱく質

生大根だけに偏るのではなく、何でもバランスよく食べるように心がけてください。

生大根ダイエットを成功させる!そのために注意するべきこと

話題性も高かったことから、生大根ダイエットの実践者が続出しました。しかし中には思ったような効果が得られなかったという意見も聞かれます。

生大根ダイエットにてきちんと効果を上げるための注意点を紹介していきます。

生でそのまま食べるよりも、大根おろしがベター

生大根ダイエットがダイエット効果を高めてくれるのは、大根に含まれているアミラーゼという消化酵素の働きによるものです。

酵素は熱に弱いため、ダイエット効果を上げるためには生で食べる必要があるのです。

さらにダイエット効果を高めるなら生でそのまま食べるよりも、大根おろしにするのがおすすめ。

それは大根をすりおろした時に発生するイソチオシアネートを摂取するためです。

イソチオシアネートは脂肪の吸収を抑えてくれたり、活性酸素の働きを抑えてくれる効果もありますので、さらなる相乗効果が期待できるのです。

また大根おろしにした場合ですが、その汁まできっちりと飲み干すのが重要ポイント!この汁にイソチオシアネートがたっぷりと含まれているからです。

大根おろしの辛みや汁が苦手という方は、レモン汁やリンゴ酢をプラスすると食べやすくなりますよ。

辛味成分は下の方に集中!大根を購入するときの注意点

大根が旬を迎える時期は、かなり太くて大きな大根がお店に並びますよね。

しかし一人暮らしの場合、一人でそんなに大量の大根を食べるのが難しい、冷蔵庫が小さくで保管できなかったりしますよね。その際は半分にカットされた大根を購入すると思います。

カットされた大根を購入するときは上の部分ではなく下の部分を選んで購入するようにしてください。大根は部位によって甘味に違いがあります。上の方に行くほど甘味が強くなり、下の方に行くほど辛みが強くなります。

大根おろしを作るときは、辛みが少ない方がいいので上の部位を選んで大根おろしに使うことがよくあります。

しかしダイエット効果を高めたいなら絶対に下の方を選んでください。それは大根の辛み成分であるイソチオシアネートが下の部分に多く含まれているからです。

野菜、果物は皮に栄養がたっぷり!皮ごと食べるのがベター

野菜や果物にはその皮に栄養が豊富に詰まっているのです。それなので大根に関しても皮ごと食べるのがベターです。

ダイエットに効果的な成分であるイソチオシアネートやその他の栄養成分が皮に多く含まれているからです。

ただし皮ごと大根おろしにしたり、皮ごと生のままで食べると食感や辛みが苦手という方もいます。無理する必要はありませんが、できるだけ皮も一緒に食べる努力をしてみてください。

大根は食べる直前にすりおろす!作り置きはNG

大根おろしを手作業で作ると手がけっこう痛くなって疲れますよね。だからといって作り置きはNGですよ。

それは大根おろしにしてから時間の経過とともに、ダイエットに有効な成分がどんどん少なくなっていくからです。

大根おろしにして食べるときは食べる直前に下ろすのがベスト!どうしてもすりおろすのが面倒なときは、食べる直前に切った大根を食べるようにしてください。

生野菜は体を冷やすため代謝が落ちる原因に!

生の野菜は体を冷やす特性を持っています。生大根も同じで食べると体を冷やしてしまいます。体が冷えると血の巡りや代謝の鈍りがちになります。冷え性の方が生大根を食べるとさらに冷えを悪化させることにもなりかねません。

だからといって熱して食べてしまうと効果が半減してしまいます。それなので生大根を食べるときは温め食材とともにたべるのがおすすめです。すりおろした生姜などと混ぜて食べると冷えを軽減できます。

正しいやり方で今年こそダイエットに成功しよう!

生大根ダイエットは生で大根を食べるだけというとてもシンプルで簡単なダイエット方法です。

もちろん食事の内容に気を付けたり適度な運動をしたほうが効果が上がりやすくなります。

体の中から美しく痩せられますので、リバウンドも起こしにくいのです。

生大根ダイエットに以前失敗したと言う方、やり方が間違っていたのかもしれませんよ。

今度こそ生大根ダイエットを実践して理想の体型を手に入れましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント