• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ママでもキレイでいたい!子供のケアと同時にできる時短美容法

Date:2014.12.27

世の中のママたちは常に時間に追われ、家事・炊事に育児も加わると自分のことは2の次に……。

近年ではワーキングママも増えていることから、キレイでいたい!というママたちの声をたくさん耳にします。

そんなキレイでいたいママたちのために、子供のケアと同時にできる時短美容法をご紹介します。

1.乳児を持つママ向け!時短美容法

一緒に保湿

ママたちが1日の中で1番慌ただしいのは、お風呂上がりです。入浴時は子供も裸にして、自分も裸になっていますから風邪をひかないためにも時間との勝負なのです。

そんなときには子供に保湿のボディケアをする際に、ママも一緒にケアをしてしまいましょう。

この時点でママのスキンケアを完璧に終わらせるのは、不可能です。

あくまでも「とりあえず」のケアで、少し手が空いたときにしっかりと追加のケアをすると考えましょう。

例えば、子供と一緒に使えるような乳液でも構いません。子供の顔や体に塗った乳液を、そのままママの顔に塗ってしまうのもOKです。

お風呂上がり前に済ます

実は、バスルームの中で簡単に「とりあえず保湿」を済ませてしまう方法があるのです。

体に水気が残っている状態で、ボディオイルを顔に数滴なじませます。

皮膚に水気が残っている状態でオイルをつけると、水分を蒸発させずにオイルでフタをすることができるのです。

ですから、そのまま子供と自分の体をタオルで拭いて子供のケアをしている間の時間は大丈夫なのです。

手が空いてから、しっかりとケアをすれば完璧です。

2.幼児を持つママ必見!時短美容法

先手必勝のアイテム

幼児期というのは、子供も歩き回ったり何かと目が離せません。しかし、ママの肌の乾燥も待ってはくれません。

そんなときは、先手必勝。脱衣所に用意しておくのは、シートパック。既に顔型になっているシートに化粧水がしみこませてあるものです。

お風呂上がりに、ヨーイドン!の合図でシートパックを顔に貼って子供のケアにあたりましょう。

シートパックは長い時間貼っていればいるほど、効果があがるものではありません。
ある程度時間が経つと今度は少しずつシートが乾燥するのと共に、肌の水分ももっていってしまうのです。

ですから、シートパックも数分というタイムリミットがありますのでご注意を。

コットンも有効活用

スキンケアで使用するコットンをこういった時短美容にも取り入れることが可能です。
シートパックではコスパが気になるという方は必見!

普段お使いの化粧水をコットンにしみこませて、ラップの上に置いておきます。

なぜラップの上に置くのかというと、直に洗面台やその他あらゆる場所に置いてしまうと雑菌が付着してしまい、それを肌に直接のせることによって肌トラブルの原因になってしまいます。

スキンケアは清潔第一なのです。

そのコットンを額・頬・アゴなど、数カ所に貼りつけてそのまま子供のケアなどを行います。

こちらもシートパックと同様、時間が経つと共に、徐々に乾燥してくるのであくまでも手が空くまでのつなぎとして利用しましょう。

3.時短美容法に欠かせないマストアイテム

ママに限らず、女性の皆様の時短美容法に欠かせないマストアイテムはなんといっても、「オールインワンゲル」です。

化粧水・美容液・乳液・クリームなど、様々な効果を1つで得ることができます。

ちょっとした合間に、このオールインワンゲルを肌に馴染ませておくだけで一通りの効果を得ることができます。

これ1つではどうしても不安…という方は、ひとまずオールインワンゲルでケアをしておいて、おやすみ前に入念なケアを取り入れても良いでしょう。

4.おわりに

いかがでしたでしょうか。どうしても子供のことが優先になるので、自分のケアは2の次になってしまいがちですが、あらゆる工夫でママの美を保つ秘訣があったのです。

忙しい時間は時短美容法で手短にケアをして、少し時間がとれたときにはスペシャルケアで忙しいママの肌にご褒美をあげても良いかもしれませんね!

この記事をシェアする

関連記事