• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女友達と遊ぶのをやめてくれない彼氏にはどういう釘刺しが一番?

Date:2014.12.28

貴女には彼氏がいますか?もしいるとしたらその彼氏は女友達が多いですか?

彼氏が女友達と遊ぶことをやめてくれなくて悩んでいる女性ってけっこう多いんです。

でも、彼氏に「私以外の女性と遊ばないでよ」と言っても「ただの友達だから心配するなよ」と言われてしまうのが関の山。

ここではそんな男性にどんな釘刺しをしたら効果的なのか、見ていきたいと思います。

理屈で責めても無駄

女友達といつで経っても縁が切れなくて、彼女を悲しませている男性って結構多いんですよね。

女性からすれば女友達と遊ばれたり飲みに行かれたりするのは気分があまりよくありませんよね。

問いただしてみても「ただの友達だから心配するようなことはない」って身もふたもないような返事が返ってくるばかり。

そうなんです。彼らに「女友達と会うのをやめて」と言っても、無駄なのです。意味がないことなのです。

なぜなら彼らは本当に悪気がない状態で、本当に何もやましいことがない状態で女友達と会っているわけですから、「彼女に心配されてもどうすることもできない…」という感じになってしまうのです。

でもだからといって、彼女が嫌がることを平然と続けていていいのか、というとそういうわけにもいきませんよね。

彼女には彼に言うことを聞いてもらう権利があります。

ただ、こういうふうに、女友達と遊ぶ男性に、正当な理屈で責めても効果はありません。

何を言ったところで「それはわかっているんだけど」で終わりにされてしまいます。では、どうしたらいいのでしょうか。

「私も同行するよ」と言う

もし彼が女友達と遊ぶのをやめてくれない場合には、「私も同行するよ」と言ってみましょう。

彼が女友達と遊ぶタイミングを見計らってそう言ってみるのです。

やましいことがなければ「一度くらい一緒に来てみる?」と言ってくれるかもしれません。

やましいことがなくても彼女が同行するのは監視されているようで嫌という男性もいるかもしれませんが、そんなときこそちょっとわがままを言って同行させてもらいましょう。

同行を申し出るときのポイントですが、けっして感情的にならないように気を付けてください。

泣きそうになったり、ダダをこねるような形になってしまうと、彼氏からウンザリされてしまうことがあります。

あくまでもカラッと、さりげなく「一緒に行ってもいい? ダメならいいけど」と聞いてみることです。断れてもむくれず、「あ、そう」と流しましょう。

同行できたら、彼と女友達の様子を間近でうかがうことができるわけですし、ラッキーですよね。

「誤解されても知らないよ」と言う

もし彼がどんなに頼んでも女友達と会うのをやめてくれない場合、こう言ってみてはいかがでしょうか。

「彼女でもない人と遊んで、誤解されても知らないよ」と。

もちろん嫌味のような言い方になってしまわないよう、注意する必要があります。

女友達と言えども、どんな気持ちで貴女の彼と会っているのかわかったものではありません。

もしかしたら貴女の彼のことを好きで、狙っているのかもしれません。女友達のふりしてチャンスを狙っている可能性だってあります。

そしてそういう可能性を彼はまったく考えていない、もしくはそうなることを期待してその女友達と会っているわけですから、ここは釘刺しが必要です。

「そんなにその子と会っていたら、好きになられちゃうんじゃないのかな」と言ってあげるのも愛情です。

その言葉に対して変に反抗してきたり、とぼけたりしたら、怪しいと思っていいでしょう。

彼がその女友達を本当はどう思っているのか、試せる言葉でもありますね。

「私も男友達と遊ぶからね」は効果なし

彼氏が女友達と遊ぶからといって、貴女も同じ作戦に出るのは、効果があまりありません。

同じ作戦、つまり「私も男友達と遊ぶからね」という作戦です。

これは彼からしたら「あ、そう」の一言だけで終わってしまいます。もしくは「君にもそういう友達がいてよかったよ」とまで言い出しそうです。

彼の中で「女友達と一緒に飲みに行く、ご飯に行く」という行為が自然な行為である限り、有効的な作戦とは言えません。

女友達に言えて、貴女に言えないことがあるのでは?

さて、彼氏が女友達と遊ぶことで一番心配なことは、もちろん浮気だと思います。

でも、それ以上に、心配なことがあることを貴女は知っていましたか?

それは、女友達には言えて、貴女には言えないことがある。ということ。

彼は、貴女には言えなくて女友達には言える話、愚痴を抱えている可能性があります。

さりげなく彼に聞いてみるのがいいかもしれません。「私には言えない悩みがあるの?」とそっと寄り添ってみましょう。

「恋人には見せられない姿があるのかな」と考えるようにする

上に書いたことと少し似ていますが、こちらの可能性もあります。彼が「恋人には見せられない姿を持っている」ということ。

これは、特別な秘密でもなんでもありません。だから安心してください。誰だって、彼女の前では多少のかっこはつけたいものです。

ですが、女友達の前だと気負わず、べらべらと何でもしゃべれる…という男性ってけっこう多いらしいのです。

彼女に嫌われたくないからこそ、女友達を呼んで発散するということですね。

基本は自由に、でも事後報告は許さない

では、どうしたら彼にとっての釘刺しになるのでしょうか。

基本的には女友達と遊ぶことに楽しさを見出している彼にきつい言葉を言っても無駄に終わってしまいます。

だからと言って何もしないのはしゃくにさわりますよね。こうしてみてはいかがでしょうか。

基本は彼の自由にさせる。でも、事後報告は許さない。

こんなシンプルな方法では何も変わらないと思っていませんか? ですがこれが意外と効果的なのです。

まず、男性を自由にさせること。束縛などを嫌う男性は多いですから、これはとても大切なことです。

そして、女友達と会うのなら、必ず事前に報告してもらうこと。どこに誰と何人で行くのか。このくらいまでなら教えてもらって問題ないでしょう。

そしてこれが一番大事。事後報告だけはやめてもらう。

あとからさりげなく伝えて、なんとなくごまかせるだろう…と思う男性がいるようですが、これはよくありません。第一貴女をとても傷つけて、心配させているわけですから。

彼との約束事の一つとして、これを加えてみてください。

貴女の安心感も高まりますし、彼の中で「いちいち報告するんだったら最初から女友達とはご飯行かなくてもいいか」ということになるかもしれません。

堂々と、それを合言葉に

彼が女友達と遊ぶことが好きなのであれば、貴女がどんなに禁止しても、どんなに焼きもちを焼いても、今後もそれをやめることはないでしょう。

残念ですが、こういう男性って、とても頑固だったりするんですよね。

そのことを責めると、変にこちらが悪者にされてしまったり…。そんな理不尽なことになる可能性もあります。

「堂々と」。彼との間では、これを合言葉にしてみてはいかがでしょうか。

たとえやましい気持ちがなくても、女友達と遊ぶことを貴女に隠したり、こそこそと会ったりしているようでは、貴女に対しても失礼です。

「堂々と」できないのならば、そもそも会うのをやめるべきです。

そのくらい強気になる権利が貴女にはあります。ただし気をつけてほしいのは、以下の三つの点です。

  • 女友達と遊ぶことに対して、嫌味っぽくならないようにする
  • 「その友情がいつ恋に発展するかわからない」ときちんと忠告する
  • 堂々とできないようなら、やましいことがあるとみなすと宣言する

これらを決して嫌味っぽくならず伝えることができるかどうか、です。

伝え方によっては彼の反省を促したり、罪悪感を刺激することができるかもしれません。

ですが、間違った伝え方をしてしまうと、彼の機嫌が悪くなってしまったり、喧嘩になってしまうこともあります。

伝え方次第で関係性がよくも悪くもなるということですね。

以上の点に気をつけて、しっかりと釘刺ししてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事