• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「失恋」は恋愛に失敗しちゃっただけ!失敗を糧に魅力的な女性に

Date:2014.12.28

「失恋」は恋を失うと書きますが、「失った」感が強いとなかなか未練を断ち切れないものです。

ここは考え方を変えてみませんか?恋を「失敗」した、そんな風に考えることはできないでしょうか。

別れが来ない恋愛(=結婚)が恋愛の成功の形だとしたら、結婚に結び付かずに別れを迎えてしまった恋は失敗ということ。

今回の恋は、そういう意味で失敗に終わったのだと、そう考えてみてはどうでしょうか。

失恋 ~この恋は失敗~

「失恋」は、ただ、ひとつの恋を失敗してしまっただけ。そう考えてみましょう。

長い人生、いくつもの恋を繰り返すのです。そのうちのひとつを失敗してしまっただけ。

失くしたとは考えない

恋を失う、彼を失う、そう考えると、とてつもない喪失感に囚われてしまいます。

失くしたものは取り返したくなり、ぽっかり空いた穴を何かで埋めたくなり、でも、取り返せない、埋まらない…と失意のどん底へ落ちて行きます。

失くす以前に、そもそもが得ていないと考えてみてはどうでしょう。

元々、自分の物ではなかったのです。恋を得る、そのこと自体にすでに失敗していたのだと考えてみてください。

失恋の「きっかけ」を「原因」と考えない

別れのきっかけと別れの原因は違います。例えば付き合っていた彼氏にある時振られたとします。

「喧嘩」→「意地の張り合い」→「彼からの別れ」という流れがあった場合、彼との別れを受け入れられない女性の多くは、「どうしてあの時喧嘩などしたのだろう」「喧嘩の後すぐに謝っていれば」「意地を張らなければ」と考えてしまいがちですが、その喧嘩はおそらくただの「きっかけ」であり、直接的な別れの「原因」ではないのです。

長く結婚生活を共にした夫婦が離婚するときも同じです。離婚の原因はと聞かれても答えに困ります。

きっかけは明確にあっても、原因はひとつのことではないからです。積もり積もったものだからです。

そしてその元をただせば、結局は相性が合わなかったということなのです。一生を共にできる相手ではなかったのです。

相手選びを失敗したと考える

そもそもが、相手選びを間違っていたのだと、そこまで立ち返ってみてください

最初から間違いだったのです。恋を得る、彼との幸せを得ることは最初から叶わなかったのです。

だから、失ってなどいないのです。ただ、今回の恋は失敗だった、それだけなのです。

失敗は怖くない

「失敗」も人によってはネガティブな言葉です。

失敗があってこその学びがそこにあり、何度か失敗するうちに、強く賢くなっていくのですが、「失敗した自分」に失望し、前向きになれない人もいるようです。

でも、失敗の数は人の評価を下げません。大切なのは、「潔く失敗したと認めること」「失敗の経験をこの先にどう生かすか」それだけです。

失敗したのは誰のせい?犯人捜しをしない!

まず、してはならないこと。この失敗は誰のせい、誰が悪い、と犯人捜しをすることです。

すべての物事に責任の所在をはっきりさせないと気が済まない人をたまに見かけますが、問題なのは「誰が」ではなく、「どうして」そうなったかなのです。

責める相手がいる方が気持ちは楽になるのかもしれませんが、失敗は責めるべきことではありません。

成功に結び付くことができなかった「経験」それだけです。

原因はしっかり探す

大切なのは、「どうして」そうなったか。そこは客観的に見つめるべきところです。

ここを疎かにすると、人は何度でも同じ失敗を繰り返してしまいます

【相手選びを失敗した理由を考える】

  • 自分が好きになるタイプと気が合うタイプにズレはないか
  • 自分が好きになるタイプの男性の好みのタイプと自分は一致するか など

【直すべきポイントを考える】

  • 好きになる男性のタイプを変える?
  • 相手に合わせて自分の性格を変える?
  • 今のままの自分を好きになってくれる男性を好きになる?
  • 相手好みの女性になる?

頭で考えた通りにならないのが恋ではありますが、自分の恋の傾向を知る上でも、しっかりと考えてみてください。

自分にプラスになるような変化は進んで受け入れてください。素敵な女性に近づくための努力なら、惜しまずにしてください。

同じことを繰り返さない!と思いすぎない

何度も同じ失敗を繰り返すのは良くないのですが、「同じ過ちを繰り返さない」と強く思いすぎると、逆暗示にかかってしまうことがあるのです。

遠ざけようとすればするほど、無意識に同じ道に進み、結果、同じことの繰り返しに陥ってしまうのです。

忘れようとすれば忘れられないように、繰り返してはいけないと思えば繰り返してしまう、ひねくれたところが人の脳にはあるようです。

この際、深く考えないでください。失敗から学び成長するために努力すべきポイントを確認したら、あとは放置!

どのみちなかなか忘れられないのです。「放置!」くらいの勢いでちょうど良いでしょう。

失敗は成功のもと。さあ、次の恋に向かって準備を始めてください!人生において、恋愛に無我夢中になれる時間は限られていますよ。

この記事をシェアする

関連記事