• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏が「君との会話疲れるなあ…」と感じるのはどんなとき?

Date:2014.12.28

男性って怖い! 男性って、女性が楽しくおしゃべりしているときに、顔は笑っていても心の中では、「この子との会話疲れるなあ…」と思っているときがあるのです。

ショックですよね。ここでは、男性が女性との会話でどんなときに疲れを感じているか、退屈を感じているのか、チェックしていきたいと思います。

二人の将来の話

これは二人が交際している場合の会話です。男性は、女性が話す「将来」の話から目を背ける傾向にあります。

それが「同棲」、「結婚」などの話題だと特にその傾向が強まるようです。

その手の話題は男性にとってそれほどプレッシャーを与えてしまうものなのですね。それに気づかず、だらだらと話してしまうと、男性は途端に疲れてしまいます。

「将来は子供が何人で、教育方針はこうで、旦那さんにはこうしてほしくて…」などと話したところで、彼は何とも思ってない場合のほうが多いのです。これってすごく残念なことですよね。

でも女性はそのことになかなか気づかないことが多いのです!

今度その話をしているときにそっと彼の顔を見てみてください。きっと彼は別のことを考えながら貴女の話を聞いているはずですよ。

彼に変なプレッシャーを与えるような将来の話はNGですね。

動物の話

これもよく女性が可愛いと思って話題にしてしまいがち。「動物の話」です。

たとえば、猫が可愛い、犬が可愛い、近々何を飼いたい、などの話。

一見、ほほえましい会話に見えますが男性からすれば、よほど好きな女性相手でなければ動物の話などには興味が沸かないといったところでしょうか。

もし彼から「動物では何が好き?」などと聞いてきた場合には素直に答えていいかもしれませんが、自ら動物好きを言ってしまうと、「動物好きアピール」にとらえられてしまう可能性もあるので要注意です。

動物の話は相手から振られたときにだけするようにしましょう。

友達の子供が可愛いという話

これも男性からすればプレッシャーでしかありません。

女性はよく「友人の子供が可愛い」という話題を持ち出しますが、男性からしたらどう答えていいかわからないことがよくあるようです。

もちろん子供が可愛いのは事実です。ですが、男性からすると、変なアピールをされているような居心地の悪さを感じるみたいなのです。

子供が可愛いという話は女性同士のときにしましょう。

習い事の話

習い事の話はふつうにする分には問題ないと思います。むしろ話題が増えて、相手も楽しいと思います。

相手も自分の趣味などを話してくれるきっかけになるでしょう。

ですが、ここで要注意。あまりにマニアックな話に突入してしまうと、相手は疲れてしまいます。なにごともほどよく、が大切です。

習い事の深い部分の話、通っているスクールでの人間関係など、彼からしたらどうでもいいことを話してしまうことのないよう気をつけなければなりません。

仕事の愚痴ばかり…

これは男女関係のみならず、友人関係でもうんざりしてしまうところでしょう。口を開けば仕事の愚痴、仕事場での人間関係の文句ばかり…。

これは聞かされるほうとしてもつらいものがあります。彼も愚痴ばかりを聞かされたら疲れてしまいます。

どうしても仕事場での話をしたいのなら、「こんなときあなたならどうするか教えて」と相談を持ちかけるようにすれば問題ありません。

そうであれば彼も頼られ悪い気はしませんし、愚痴ばかりを聞かされ続けるわけではありませんから、「この子との会話、疲れるな…」と思うこともありません。

家族、親類関係の愚痴ばかり…

これは最強に疲れます。聞かされたほうとしてはアドバイスのしようがありません。

しかも、家族の話、親類の話というのは他人が突っ込んでいいのかどうか微妙なラインでもありますので、彼としても反応に困ります。

なるべくなら明るい話題を選択して…

さて、いろいろ書いてきましたが、こんなにNG話題があったら何を話したらいいかわからなくなっちゃう! という人も出てくると思います。

そこで男性と話すときに「この子と話すの疲れるなァ…」と思われないようにするためのポイントを挙げたいと思います。

  • 暗い話題よりは明るい話題を選ぶようにする。
  • 彼に関係ない人間関係の話などは避けるようにする。
  • 無邪気アピールは極力しないようにする。

これが男性をつかれさせないようにするためのポイントです。暗い話題より明るい話題がいいのは言うまでもありません。

困ったときには明るい話題を選択するように心がけましょう。

また、彼には関係のない、彼が知るすべもない職場での人間関係などの話題は極力避けるようにしたほうがいいでしょう。

職場での人間関係を話す場合、たいていは愚痴になります。それを一方的に聞かされたら、誰だって疲れてしまいますもんね。

そしてさきほども書きましたが、動物好き、子供好きをアピールしているととらえられるような話題は避けるようにしたほうがいいでしょう。

男性に「この子と話すとなんだかどっと疲れちゃうんだよな…」と思われたら、その感想を回復させるのは至難の業です。

今度男性とじっくり話す機会があったら、ぜひ上のポイントを心掛けてみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事