• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

寝ても回復しない女性の問題はコレ!睡眠以外で疲れを取る方法

Date:2014.12.29

ハードな仕事や人間関係などで疲れている時は、とりあえず沢山寝て体力を回復させているという女性は多いのではないでしょうか。

睡眠不足だけが疲れの原因の場合は、寝ることで回復するでしょう。

しかし、いくら寝ても心も体も回復しない場合は、睡眠以外の部分に問題があるかもしれません。

今回は、寝ても体調がすぐれない女性のために睡眠以外で疲れを取る方法を5つご紹介します

1 夢中になれる趣味を見つけて楽しむ

疲れが溜まっている時は、家に籠ってしまう方も居るでしょう。そんな時には、家で楽しめる趣味を見つけましょう

粘土で食べられないお菓子を作るスイーツデコ、ネイルチップや爪を飾るネイルアート、スワロフスキーでスマホや化粧品を飾るデコアートなど、自宅で楽しめる趣味は豊富にあります。

「作業したらもっと疲れない?」と思われるかもしれませんが、楽しんでいる時には疲れを感じないものです。

ご自身が楽しめる時間を増やすことが疲れから解放される近道ではないでしょうか。

また、人にプレゼントする、資格取得を目指すなど目標ができれば気持ちも前向きになるでしょう。

2 リラクゼーションの音楽をかけて瞑想する

疲れている時には、瞑想もお勧めです。瞑想と聞くと何だか難しそうと感じるかもしれませんが、横になって足を肩幅に開き、両掌を上に向けるだけです。

ヨガのクールダウンで使われるこのポーズは、深呼吸しながら大地と自分が一体化することをイメージするだけです。

リラクゼーションの音楽をかけながら瞑想すれば、平穏な日々や周りにいる人たちへ感謝することができるでしょう。

心を無にして呼吸に集中すればリラックス状態になるので瞑想時間を増やすほど精神が安定していくでしょう

3 誰かに恋をして気分を上げる

疲れている時は恋をする気にはなれないかもしれませんが、恋をするとドーパミンの分泌量が増えるので疲れ知らずの元気な体を手に入れることができると言われています。

疲れを感じる暇がないほど、彼を追いかけていれば女性ホルモンの分泌も活性化するので、肌にハリや潤いが生まれてアンチエイジング効果も期待できるでしょう

また、疲れると食欲が増すという方にも恋はお勧めです。

恋をすれば好きな人を想う時間が増えるので、体内のホルモンも変化し、食欲を抑制することができます。

疲れを取り除くだけではなく、ダイエット効果も期待できますので、「仕事が終わったらすぐ家に帰る」という生活パターンをまず見直しましょう。

そして、飲み会や合コンを断らず積極的に外へ出て男性との出会いの機会を増やして恋を楽しみましょう。

4 エステや整体院で体をほぐす

疲れている時には、エステで顔や体をほぐす、整体院で骨盤や顔の矯正をするなどもお勧めです。

エステでは、施術後に肌の潤いや体の引き締め効果などを感じられて、「新しい服やメイクアイテムを買おうかな」と前向きな気分になれるでしょう。

整体院では、体全体のバランスをみてもらい、歪んでいる部分を矯正してもらうことができます

疲れの原因が肩こりや腰痛などの痛みからきている場合は、整体院に通院することで徐々に改善されていくでしょう。

顔や体のマッサージや整体などを受けたことが無い方は、インターネットの口コミを参考にして気になる店舗を一度訪れてみてはいかがでしょうか。

5 食生活を見直し規則正しい生活を送る

疲れが取れない時には、食生活の乱れも考えられます。眠気覚ましで飲むコーヒーにはカフェインが含まれており、飲み過ぎは禁断症状へ繋がって疲れを助長させます。

疲れている時に食べたくなる、チョコやクッキーなどのお菓子類は一時的に気分を高ぶらせ元気を取り戻しますが、血糖値が下がる時に疲れや体のだるさ、頭痛を引き起こすこともあります。

また、脂っこい、カロリーが高いなど美味しいと評判のジャンクフードやカップ麺を食べ続けていると、栄養バランスが悪くなります。

ビタミンやカルシウムなど必要最低限の栄養素が不足することで精神が不安定になることもあります。

日本人には昔から食されている日本食が一番体に合っていると言われていますので、自然のサプリメントと言われている雑穀米や玄米などを食べ、魚や肉だけではなく根菜類や海藻類も摂取しましょう

そして、起きる時間と寝る時間を決めて規則正しい生活も送りましょう

続けるうちに、体重減少や肌質改善、風邪を引きにくくなる、疲れにくくなるなど嬉しい効果を実感できるでしょう。

回復の兆しが見えない場合は精神面やホルモン異常の可能性もあり!

睡眠時間が確保されしっかり寝ているつもりでも回復しない場合には、精神的な問題が関係していることもあります。

日常生活のストレスやイライラ、不安などは寝ても解決せず、人に話すことや精神を安定させる薬を服用するなど治療が必要なケースもありますので、心療内科や精神科を訪れることもお勧めです。

また、女性ホルモンの乱れが影響していることもありますので婦人科もお勧めです。

最近では、婦人科でも睡眠導入剤や精神安定剤を処方してくれる医院もありますので、体調不良が続いている場合は専門医に相談してみるということも一つの方法ではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事