• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

若白髪が増えている5つの原因と対策。若い女性にも急増中!

Date:2016.01.06

shutterstock_112029110

白髪といえば老化現象の一つ。だから若いうちは関係ないと思っていませんか?ところがまだ白髪の悩みを持たなそうな若い年代に白髪が生えるという事例が、近頃増えているのです。

髪の毛は自分の目でチェックしにくい部分ですから、白髪が生えていることに自分よりも先に他人が気が付いてしまうことがよくあります。

残念ながら白髪があると、とても老けた印象を与えてしまいます。ある程度の年齢に達して来たら白髪が生えてくるのは避けられませんが、若白髪の場合見つけた時のショックはかなり大きいと考えられます。

若い人に発生する若白髪の原因は、主に生活習慣や体質が大きく関係しています。若白髪できる原因とその対策について詳しく見てみましょう。

黒かった髪が白くなるのはなぜ?白髪ができるメカニズム

昔は白髪なんてなかったのに、年齢とともに増えてくる白髪。なぜ白髪が生えてきてしまうのでしょうか?

まずは白髪が起こるメカニズムについて理解しておきましょう。

髪の毛の色を作っているメラニン色素が作られなくなる

メラニン色素といえば、シミやそばかすの原因となる成分ですから美肌にとっては大敵。しかし、髪の毛に色をつけてくれているのは、このメラニン色素。髪の毛の若々しさを保つためには欠かせない成分なのです。

実はもともと髪の毛が作られた段階では髪の毛に色がついていない、つまり白髪の状態のわけです。それにメラニン色素が色を付けてくれるので、黒色の髪の毛が生えてくるのです。

ところがこのメラニン色素が何らかの原因で作られなくなると、髪の毛の色が付かない状態で生えてきます。これが白髪の生えるメカニズムです。

メラニンの発生にかかわる酵素の減少

メラニン色素が何らかの原因で作られなくなることで白髪が発生するのですが、それにはチロシナーゼという酵素が影響しています。

メラニン色素を作るときにこのチロシナーゼが欠かせない存在であり、これが不足すると十分なメラニン色素が作られなくなってしまうのです。ちなみに酸化つまり老化によりこのチロシナーゼも不足してきますので、白髪が生えやすくなるのです。

1.無理なダイエットや食生活の乱れが引き起こす栄養不足

shutterstock_268839479
若い方なら老化はまだそれほど深刻ではなく、チロシナーゼの働きも十分活発であるはずなのに、なぜ白髪が生えてきてしまうのでしょうか。それには他の原因が関係しているからです。

その一つが栄養不足。健康な髪の毛が生えてくるためには栄養が必要です。美肌を作るためには食べ物にも気をつかった方がいいと言われていますよね。髪の毛も同じで、健康な髪の毛を保ち、生やすためには

  • ビタミン
  • ミネラル
  • アミノ酸

が必須です。

特にミネラルはメラニン色素を作るチロシナーゼが正常に働くために欠かせない栄養素なのです。ところが食生活が偏っていたり、無理なダイエットをすると栄養が不足します。

栄養が不足していると、まずは生命を維持するための臓器に優先的に栄養が回されることになり、生命維持と関係のない髪の毛やお肌には栄養は後回し。

その影響で髪の毛に

  • ハリ、つやがなくなる
  • 薄毛になる
  • 白髪が生える

といった症状が出てきてしまいます。

若い人は体型にも人一倍気を使いますので、無理なダイエットをしがちです。それが原因で髪や肌の健康を損なってしまってはせっかくの若々しさが失われてしまうのです。

食生活の改善で白髪も減少

栄養不足が原因で白髪が生えてきてしまった場合、栄養バランスのとれた食生活に改善することで白髪が改善されていきます。痩せることも大切かもしれませんが、それで髪の毛の健康や若々しさが失われるのは残念ですよね。

短期集中でダイエットをしようとすると食事を極端に減らして無理が生じやすいので、運動中心のダイエットに切り替えて、必要な栄養はしっかりと摂るように心がけましょう。

白髪対策になる食品はまだ研究中の段階とのことですが、下記の食品は髪を健康にする効果があるとされています。

  • ごま
  • 海苔
  • 山椒

基本的にはコンビニや外食の頻度を減らすなど、まずは栄養バランスを意識した食事をすることを心掛けましょう。

2.現代人が避けられないストレスはやはり美容の敵です!

ストレスは美容と健康の大敵。ストレスもまた若白髪の発生をすすめる原因となっています。ストレスは髪の毛に師らが以外の多大な悪影響を及ぼします。円形脱毛症という病気、ご存知ですよね。

それは髪の毛の一部がごっそりと抜けてしまう病気ですが、その原因もストレスなのです。ストレスが白髪の発生や髪の毛、頭皮のトラブルをすすめてしまうのは、自律神経の働きを乱してしまうからです。

自律神経は

  • ホルモンバランスをコントロール
  • 内臓、血管の働きを調整

など私たちの意志とは関係なく、体を調整してくれいているとても重要な役割を果たしています。ところがストレスがこの自律神経の働きを乱してしまうのです。

その結果血流が悪くなり、十分な栄養が頭皮に届かなくなります。また代謝も鈍るようになってしまうため、頭皮の健康状態も悪化。それが白髪を発生させやすくしてしまうのです。

ストレスで白髪を増やさない、改善するための対策

現代人とはきってもきれないストレス。白髪だけでなく肌や健康状態にも悪影響があるので、上手く対処するように努めましょう。

ストレス緩和におすすめの対策は下記の通りです。

規則正しい生活をする
生活リズムが乱れると自律神経が乱れやすくなると言われています。また無理なダイエットや栄養不足も自律神経の働きを乱し、ストレスをためる原因になるので行わないようにするのがベターです。
適度な運動をする
適度な運動は健康やダイエットに役立つだけでなく、ストレス解消にも大変効果的。毎日ではなくてもいいので週の半分は軽いウォーキングやストレッチを行いましょう。
深呼吸をする
ストレスを感じると自然と呼吸が浅くなります。そうなると十分な酸素が取りこめず、酸素不足や自律神経の乱れを引き起こします。深呼吸をすることでリラックス効果が得られて、ストレス緩和効果が期待できます。

3.両親の特徴は遺伝するから若白髪も遺伝が原因?

顔や体型の形、髪の毛の量なども両親の遺伝による影響を受けています。両親もまた若白髪だった場合、若白髪になりやすい遺伝子を受け継いでいます。

同じ年代の方でも白髪の発生量に違いがあるのは、遺伝的要素も大きく影響しています。白髪の生えやすい遺伝的要素を持っている方は、白髪が生えやすく量も増えやすいのです。

遺伝的要素が影響している場合の対処法

もちろん両親が若白髪だからといって、必ずしもその子供も若白髪が発生するとは限りません。両親に白髪が多い場合ですが、遺伝だけでなく生活習慣も白髪の量に影響していると考えられます。

同じ環境で生活をしている両親とは生活習慣も似てしまいます。それが白髪の発生をすすめる原因にもなります。

下記を重点的に見直して、白髪の生えにくい生活習慣に変えていきましょう。

  • 規則正しい生活
  • 栄養バランス
  • 頭皮のケア
遺伝が原因と考えられる若白髪ですが、生活習慣の改善である程度白髪の症状を緩和することが可能になります。

4.女性に多い貧血、低血圧も白髪を引き起こす

女性は毎月生理があるので男性と比べて血液の量が不足しがち。血液の量が不足すると貧血症状が出やすくなります。また低血圧は高血圧と比べると病気に直結する原因とならないため問題視されませんが、髪の毛には問題アリなのです。

貧血も低血圧も血の巡りを悪くしてしまいます。

その結果髪の毛や頭皮に十分な栄養が届かなくなってしまい、健康な髪の毛が生えにくくなり、薄毛や白髪が発生してしまうのです。貧血も低血圧も女性に多い症状なので、女性の若白髪で低血圧や貧血を原因としている事例も少なくありません。

生活習慣の改善と食事で低血圧、貧血を改善

低血圧や貧血は、若白髪だけでなく

  • めまい、息切れ
  • 不整脈
  • 疲れやすい

といった症状が出やすくなります。日常生活にも支障がでるので、改善に努めましょう。

貧血を改善する方法としては、血液のもととなる鉄分を多く摂るように心がけましょう。また低血圧の方はできる限り夜の10時から2時に睡眠をとって、成長ホルモンの分泌量を増やすと低血圧の改善に働きかけてくれますよ。

5.美髪やオシャレのためのヘアカラーが白髪の原因に

shutterstock_135208958
イマドキの若者は髪色を変えてオシャレを楽しんでいますよね。美容院や自宅でも手軽にヘアカラーを行って髪色を変えられますが、この時に使用するヘアカラー剤が若白髪を発生させる原因になっています。

一般的に使用されているヘアカラーは、1剤と2剤を混ぜ合わせてヘアカラー剤を作りますが、この時に起こる化学反応を利用して髪に色をつけていきます。

実はこれが髪と頭皮に多大なダメージを与えていきます。当然頻繁に行えば頭皮と髪の老化を加速してしまい、それが白髪を発生させる原因になっているのです。

髪に優しいヘアカラーを選ぶ、カラー後のケアを徹底

ヘアカラーが若白髪の原因となるとわかっていても、髪色のオシャレは楽しみたいですよね。ヘアカラーを楽しみつつ、頭皮の老化を遅らせるコツは、

ダメージの少ないヘアカラー剤を選ぶ
ヘアカラーを行えば髪と頭皮がダメージを受けます。髪と頭皮に優しい処方のヘアカラー剤を選ぶことで、ダメージを軽減できます。
美容院で染める
自分で染めると染め残しが起こったりと頭皮と髪のトラブルが拡大しやすくなります。美容院なら痛みが少ないようにしっかりとケアしてくれますので、時々は美容院で染めてもらうのもおすすめです。
カラー後のケアを入念に
ヘアカラーの後、髪と頭皮は強いダメージを受けています。そんな髪と頭皮のダメージを早く回復できるように、髪や頭皮にトリートメントなどで栄養をたっぷりと与えてあげましょう。

もう若白髪で悩まない!原因を理解すれば白髪は改善できる!

shutterstock_233276950
若いのに白髪を見つけるとそのショックは計り知れないことでしょう。白髪が一度生えてくるともう元の黒い髪の毛に戻らないと思っている方も多いかもしれませんが、そんなことはありません。

一度白髪が生えた髪の毛でも、努力次第で黒い髪の毛を生やすことは可能なんです!若くして白髪ができてしまった方は、まずは何が原因なのかをよく考えてみましょう。そしてそれに合わせた改善策を実施してみましょう。

生活習慣などを見直すのは大変かもしれませんが、白髪が生えにくい習慣を身に着けておくと、白髪が生えてくる年齢になってからも白髪の発生量を抑えられ若々しい髪の毛を維持できますよ!

この記事をシェアする

関連記事