• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

もったいない!顔が貧相に見えてしまうメイクと髪型とは

Date:2014.12.31

せっかくメイクにも髪型にもこだわっているのに、たまに貧相な印象に見えてしまう女性っていますよね。

たとえばマスカラをせっかくつけているのにボロボロになったままだったり…アイシャドーの色が何となくくすんでいたり…。

こういうのって本当にもったいないことです。みずみずしい印象を保つために、どういう部分に気を使えばいいのか、さっそくチェックしていきましょう。

貧相に見える顔とは…

貧相に見えてしまう顔とはいったいどのような顔なのでしょうか。それには以下の特徴が挙げられると思います。

  • メイクをちゃんとしているのに髪がボサボサ・パサパサ
  • メイクの仕方が古い
  • メイク用品やヘアアクセサリーを正しく使いこなせていない

これらの要素が貴女の顔や全体の印象を「貧相」にしている可能性があるのです。

髪は人目につきます…

髪の毛がボサボサのままの女性というのはなかなかいないと思います。それなりに手入れをして、ブラシを通し、きれいにしているとは思います。

ですが、よく鏡を見てください。前髪が伸びっぱなしになっていませんか?

その前髪が目の中に入って前がよく見えないなんてことはありませんか? 

たかが前髪、されど前髪です。

前髪が目に入るような長さだと、周りにもうっとうしい印象を与えますし、その前髪をいちいちよけて物を見る姿が、なんとなく貧相に見えてしまうものです。

また、髪質はどうですか?パサパサではないですか?

どれだけトリートメントしてもまとまりがないと感じられるようであれば、三か月に一回くらいは美容室でケアをしてもらうのも悪くはないかもしれません。

髪の毛がパサパサというのは、見た目にも貧相な印象を与えてしまいますし、手入れを怠っているような印象を与えてしまいます。

髪の毛が傷んでいる、傷んでいない、の基準というのはいったいどこにあるのでしょうか。

  • シャンプーの泡立ちが悪い
  • 髪ゴムがするっと抜けてしまう
  • 洗い立ての髪だとなかなかまとまらず、一日の終わりくらいになるとまとまる

これらを基準にしてください。これらに当てはまると、貴女の髪は傷んでいるということになります。

同時に、周りに「貧相」な印象を与えているということになります。

とくに髪ゴムを結んでもするっと抜けてしまう、というのはかなり髪の毛がダメージを受けている証拠です。

コシやハリが失われていることになります。時間を見つけて、美容室のお世話になることをおすすめします。

メイク方法はどんどん古くなります…

女性の顔を貧相に見せてしまう原因の一つとして、同じメイク方法を長いこと実践してしまうことによる「顔の古さ」が挙げられます。

貴女が今しているメイクは何年前に覚えたものですか?

たとえば雑誌を見て覚えたメイク方法をずっと使っているとして、それが5年前に見たものであれば、貴女の顔は5年前からずっと同じ、つまり更新されていないということになります。

基本的なベースメイクなどはそのままでもいいかもしれませんが、アイラインのひき方や、アイメイクなどは日々新しい商品が発売され、メイク法もどんどん変化していきます。

一番大きく変化をするのは、なんといっても、眉毛です。眉毛は一番流行を表すと言っても過言ではないでしょう。

細い眉毛が流行るときもあれば、太い眉毛が流行るときもあるでしょう。

今の時代は、太い眉毛、ふさふさの眉毛が流行っていると言えます。

ですがそれを知らずに細い眉毛のまま過ごしてしまうと、せっかくほかの部分のメイクを頑張ったとしても顔は貧相に見えてしまいます。

細い眉毛というのはそれだけで顔の印象をマイナスに変えてしまうことがあるのです。

細く毛の少ない眉毛ではなく、ふさふさの、毛の量の多い眉毛を演出してみるのも悪くないかもしれません。

眉毛のみならず、顔に生えている毛というのはとても大切です。

とくに、まつ毛。まつ毛が少ないのと多いのでは、どちらが貧相に見えてしまうか明らかだと思います。

まつ毛の量を多く見せたり少しでも長く見せたりするために女性はマスカラやビューラーを使いますね。

ですがそのマスカラやビューラーの使い過ぎで、まつ毛が日に日に減っていってしまっている…という女性も少なくないのです。

今、ちょっとまつ毛に触れてみましょう。ちゃんと生えそろってますか? こういった日々のセルフチェックも大事だったりします。

たかがまつ毛、されどまつ毛です。まつ毛の量が少なければ顔は貧相に見えてしまいますし、ふさふさであれば健康的で若々しいイメージを保つことが可能です。

唇がガサガサになっているのにケアしない…

これも顔を貧相に見せてしまう要因になっています。唇を今すぐにチェックしてみてください。ガサガサに荒れていませんか? 

唇のガサガサは、いくら髪をケアしていても、きれいにメイクしていても、可愛い服を着ていても、絶対にごまかせません。

ほかの部分をきちんとケアしていても、絶対に他人は唇のガサガサを見逃してはくれません。

唇だけを見て、「この人…手入れしてない人なのかな…」と判断される場合もあります。

第一、アイメイクも完璧、髪もサラサラ、なのに唇だけ手入れをしていないなんて、本当に「貧相」としか言いようがありません。

常にリップクリームを持ち歩くように心がけましょう。

ただし、気を付けなければならないことがあります。使っているリップクリームがそもそも貴女の体質に合っているのかどうか、ということ。

これは重要です。荒れるのを防ぐために使っているリップクリームが実は唇をガサガサにしている原因だった…というのはよくあることです。

果汁が入ったものだったり、刺激の強いものは、貴女の唇を知らず知らずのうちに「貧相」な印象にしている可能性もありますので要注意です。

意外な落とし穴・ヘアアクセサリーで貧相に

ヘアアクセサリーが貴女の印象を貧相にしてしまっているかもしれないということ、知っていましたか? これは意外な落とし穴だと思います。

ヘアアクセサリーと一言で言っても、カチューシャ、バレッタ、リボン、ヘアピンなど様々あると思いますが、共通して言えることは、正しい使い方をしていないと貧相な印象になってしまうということ。

たとえばヘアピン一つにしても今にも髪から落ちそうになっていたり、カチューシャもなんとなく位置がずれていたり、バレッタに髪の毛が絡まっていたり…。

こういう何気ないことからマイナスな印象はついてしまうものです。正しくアイテムを使うことを心掛けましょう。

「なんとなく貧相」という印象は挽回が難しい

「なんとなく貧相だな…」と思われてしまったあとというのは、その印象を覆すのは至難の業です。

一度そういう印象がついてしまったら、よほどの努力をしないとダメだということです。

きれいでいることに神経を使う女性は多いとは思いますが、「貧相、貧相じゃない」に目を向ける女性というのはなかなか少ないようです。

マイナスな印象を抱かれないためにも少しだけ意識してみることをおすすめします。

この記事をシェアする

関連記事