• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

爪のトラブルは乾燥が原因!健康な爪をつくるための対策とは

Date:2015.01.04

秋冬は肌が乾燥する季節。スキンケアでも保湿に特に丁寧に行っていることと思います。

乾燥しているのはお肌だけではありませんよ!爪だって同じように乾燥しているのです。

肌が渇くとつっぱった感じがしますよね。それが乾燥のサインです。

そしてスキンケアで潤いを補充します。ところが爪が乾燥しているのに気が付かないことが多いのです。

今抱えている爪のトラブルは、乾燥が原因かもしれませんよ。

乾燥によって起こるトラブルとは?

爪が乾燥するとどんなトラブルが起こるのか、まずはそれを知っておきましょう。

まず爪が割れやすくなります。爪の主成分はたんぱく質です。

丈夫な爪を作るためにたんぱく質を意識してとっている女性も多いでしょう。

爪が乾燥しているとせっかくたんぱく質をとってもヒビが入ったり、爪が割れやすくなってしまうのです。

爪の先端が割れて二段になる現象を二枚爪といいます。これもまた乾燥が原因で起こりやすくなるのです。

このような爪ではネイルもできませんね。無理にネイルを塗ってもアートをしてもきれいに見えません。

美しく健康な爪を保つためにも乾燥対策はとても重要なのです。

爪が乾燥する原因

なぜ爪が乾燥してしまうのでしょうか。原因を知ることが有効な対策につながりますね。

洗いすぎ

世の中空前の除菌ブーム。大型ビルやショッピングセンターの入り口や至ところには塗るタイプの消毒液が置かれていますよね。

感染症予防のためにハンドソープや石鹸で手をきれいに洗うのが習慣になっています。

加えて女性は家事で洗剤を使い機会も多いのです。それらが手と爪の乾燥を加速させてしまいます。

塗るタイプの消毒剤も同じです。洗剤を使わなくてもあれだけで爪や手を乾燥させます。

爪のオシャレ

毎日きれいに爪にネイルやアートを施している方、増えましたよね。

それもまた爪の乾燥をすすめてしまう原因なのです。爪だって呼吸をしています。

ネイルを塗るとその呼吸が妨げられてしまいます。それでは健康な爪が育ちにくくなってしまうのです。

ネイルが剥げてきた、新しいネイルを塗りたいときはリムーバーにてネイルをとりますよね。

リムーバーを使用すると爪の潤いも奪ってしまいます。

紫外線

強い紫外線を浴びると、爪もダメージを受けて乾燥しやすくなります。

栄養不足

無理なダイエットを続けていたら、爪がもろくなったという経験がありませんか?

爪が栄養不足を起こすと乾燥しやすくなります。爪は人間の末端部分にあたります。

また生命維持活動には直接影響のないパーツです。

ダイエットや不規則な生活で栄養が不足すると、まず体は命を維持する部分に集中して栄養を届けるのです。

その結果爪や髪の毛といった部分には栄養が届かなくなってしまうのです。

爪の乾燥対策

爪が乾燥しないための対策を紹介していきます。

保湿しよう

乾燥対策には保湿が一番。手の乾燥対策として、ハンドクリームを使っていますよね。

それで爪もケアすれば、乾燥対策に十分だと思っていませんか?実はそれだけではちょっと潤い不足なのです。

ハンドクリームにプラスして、ネイルオイルを使用するのがおすすめです。

それはネイル用品を扱っているお店ならほとんど置いてあるでしょう。

一見透明なマニキュアのような形状をしています。それを爪の生え際と甘皮部分に塗ってあげるのです。

なぜハンドクリームだけでは不十分なのかというと浸透力です。ハンドクリームは手の潤いを補給するのに適しています。

しかし爪の潤い補給まではそれだけで十分にカバーできないのです。ネイルオイルは爪への浸透力が抜群。爪の奥にまで潤いが届けられるのです。

マッサージで血行促進

ハンドクリームを塗ってから、オイルを塗ってから、爪一本一本をマッサージすると効果てきめん。

マッサージによりクリームとオイルの有効成分の巡りがよくなります。

また爪や指先が温まると血行もよくなります。栄養成分が爪にも行きわたりやすくなります。

乾燥からガード

洗剤ができる限り手に触れないように注意します。家事の時はゴム手袋をつけて洗剤から爪と手をガードしましょう。

外出するときの対策も忘れずに。手袋をはめて紫外線と乾いた空気から爪を保護します。

爪の乾燥は努力次第で防げます。乾燥する季節だからこそ対策をしっかりととり、爪の潤いをキープしましょう!

この記事をシェアする

関連記事