• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

これであなたも大丈夫!40代女性に多い3つの悩みはこれで解決

Date:2015.01.08

女性は40代に入る頃から女性ホルモンの関係もあり肌の調子や体の悩みというものがいろいろと出てきます。

今までに起こらなかったことが40代に入った頃から急に出てきたり、今までに感じたことのなかった体の違和感というものも出てきます。

特に多くの40代女性が抱えている3つの悩み、これはポイントを抑えることで解決することができます。

悩みその1.ケアをしているのに皮脂分泌が変わってきた

若い時と同じようにスキンケアをしているのに急に皮脂分泌が増えたり肌が乾燥したり女性の肌はホルモンバランスに敏感に反応します。

特に女性が悩んでいる問題の解決ポイントはどこにあるのでしょうか。

皮脂分泌でメイクが!その原因は意外なところにあった

皮脂の分泌が増えるとメイクが崩れやすくなります。

そのために皮脂を取り除くことばかりしている人がいますが、実は皮脂分泌が増える理由の1つとして言われているのが水分不足です。

肌の水分が不足すると肌を潤さないといけないと感じ皮脂がどんどん分泌されていきます。

歳をとると毎日スキンケアをしていても肌の奥まで潤っていないことがあります。その潤いのなさが皮脂に繋がっているのです。

顔にパタパタと化粧水をつけるだけでは肌は潤いません。

肌にたっぷりと水分を与えたい場合はシャバシャバとたっぷりと使えるものを選び、念入りに化粧水で肌を潤してあげましょう。

皮脂分泌が増えるのは「取りすぎ」が原因だった

皮脂の分泌が増えると化粧崩れやベタつきが気になり皮脂を取り除くスキンケアをしているという人も多いと思います。

そういう人はメイクをした後も少し皮脂が出るだけですぐに脂取り紙で皮脂を取っているのではないでしょうか。

実は皮脂、肌には必要であまり取りすぎると「皮脂が足りない」と肌が命令を出し、さらに皮脂が分泌されます。

特に年齢を重ねるとホルモンバランスの乱れで皮脂が必要以上に出ることがあるので、取れば取るほど皮脂が分泌されてしまいます。

皮脂はティッシュなどで軽く押さえて本当に余分なものだけを取り除くようにするだけで皮脂分泌の量も抑えることができます。

ホルモンのせい?急に混合肌になってケア方法が分からない

40代にホルモンバランスのせいか、肌質が変わるという女性が多いと言われています。その中でも特に多いのが混合肌になる人です。

乾燥肌だったのに急にある部分だけ皮脂が多く分泌されたり、その反対で急にある部分だけ肌が乾燥し始めるという肌の変化が表れます。

よく混合肌でも1つのケアで終わらせている人が多いですが、実は混合肌の場合は乾燥している部分と皮脂が出やすい部分ではケア方法を変えてあげる必要があります。

ケア方法を変えてあげることで余分な皮脂の分泌を抑えることもできます。

まず顔全体のケアを行います。その時は「皮脂の出ていない箇所」に合わせたスキンケアを行います。

そして皮脂が出やすい場所はその後にコットンパックを行います。

化粧水を浸したコットンを皮脂が出やすい部分に貼り付け水分をしっかりと補給してあげるというケアをしてあげるだけで混合肌が気にならなくなります。

洗顔も顔全体をまず洗い、皮脂がでやすい箇所だけ再度スクラブ洗顔をしてあげると皮脂が気にならなくなります。

悩みその2.40代になってニオイが気になり始めた

今まであまり気にならなかったけど40代に入った頃から体などのニオイが気になるという女性が増えるそうです。

これはホルモンバランスが1番の原因とされています。でもやはりニオイは今すぐどうにかしたい!と思いますよね。

不快なニオイもちょっとしたポイントを抑えるだけで解消することができます。

ケアを見直そう、ニオイは意外なところから出ていた

体のニオイってどこから出ていると思いますか?多くの人は脇・首・耳の後ろと思っていると思います。

脇や耳の後ろからニオイが出ているのは正解ですが、それ以外にも意外な部分からニオイを発していると言われています。それが胸(乳首)です。

あの独特なニオイ、汗が臭っていると思われていますが汗ではなく、肌にある常在菌に汗を分解された時に発するニオイなんだそうです。

その汗の中でも「アポクリン腺」という汗腺から出たものは特にニオイがするらしく、そのアポクリン腺が多くあるのが脇・耳の後ろ・胸なんだそうです。

汗のニオイが気になるという人は脇や耳の後ろばかりではなく胸の汗ケアをしてあげるとニオイが軽減するので下着などに気を使ってみるのもいいと思います。

女性にも加齢臭が!40代になって急に体臭が出ることもある

「40代に入って汗もかいていないのになぜかニオイがする」という女性いませんか?

実は女性にも加齢臭があります。加齢臭というと男性、それもおじさんにしか関係ないと思っている女性が多いようですが、女性も40代に入り更年期が近くなると加齢臭を発するそうです。

この加齢臭、特にニオイが気になるのが頭皮なんだそうです。

頭皮の毛穴に皮脂が詰まり、それが加齢臭になるケースが多いようです。それを防ぐためには毛穴のケアをしてあげる必要があります。

週1~2回、プレシャンプーといった毛穴ケアを行い頭皮を綺麗にしてあげるだけで加齢臭も軽減されます。

若い頃はなかったが40代になって月経中のニオイが気になる

月経中のニオイ、若い頃はあまり気にしていなかったけれど40代に入って気になるようになったという女性が意外に多いそうです。

その理由の1つはオリモノです。40代に入るとオリモノの量は減ってくるのですが、減る分ニオイが強くなるという女性がいるようです。

オリモノが出ることでパンティライナーを使いますが、それで蒸れを起こしさらにニオイが出てしまうということもあります。

最近はこのニオイを軽減させるためにパンティライナー自体に消臭効果・芳香効果のあるものが販売されています。

こういうものを使い、蒸れないようにこまめに取り替えるだけでニオイは軽減できます。

その他に月経時と同じようなケアをしてあげるとさらにニオイを抑えることもできます。

悩みその3.髪の毛のボリュームがなくなり薄毛に近づいてきた

髪の毛のセットをしても時間が経つとペシャンコなんてことありませんか?

髪の量も急に減った感じがして分け目が目立つと悩んでいる女性も多いと思います。

薄毛には本当の薄毛と薄毛に見えるというものもあるようです。

髪のボリュームがなくなったせいか薄毛に見える

歳を重ねると髪にボリュームがなくなり、ブローをしても髪がペッタンコになってしまうという女性がいます。

髪の毛は肌と同じで年齢と比例してコシとハリがなくなってしまい、髪の毛の量は変わらなくてもボリュームが落ちたことで薄毛に見えることがあります。

実は髪のボリュームは毎日のケアで取り戻すことができます。

シャンプーやコンディショナーでハリ・コシを出してくれるものを選んで使うだけでも髪の立ち上がりが変わってきますし、シャンプー後にハリ・コシアップの洗い流さないトリートメントをするだけでしっかりとしたハリ・コシを取り戻すことができます。

髪の毛を乾かす時に根元から乾かすだけでも立ち上がりがよくなるので正しい髪の乾かし方を覚えておきましょう。

髪を洗いすぎるのが薄毛の原因になっている

上記にもありますが、40代に入ると女性も加齢臭が出てきます。そのこともあり、特に臭いや皮脂が気になる頭皮は清潔にしなくてはと毎日シャンプーをしているという人が多いと思います。

しかしこの頭皮・髪の汚れはお湯だけで8割程度落ちるので、毎日シャンプーをしなくても大丈夫なんだそうです。

「清潔に」と思い毎日行っているシャンプー、これが頭皮を傷めてしまい髪の毛の抜けやすい状態にしてしまっているようです。

シャンプーは1日置きにし、シャンプーをしない日はお湯洗いで頭皮と髪の汚れを落とすだけにします。

頭皮には必要な皮脂があります。毎日シャンプーをすることで必要な皮脂まで落としてしまうと髪のボリュームがなくなってしまうので注意しましょう。

薄毛も同じで毎日洗浄力の強いシャンプーで洗うのではなく、シャンプーとお湯洗いを交互に行い、2週間に1度スカルプケアをしてあげるだけで毛穴の汚れも落とすことができるので頭皮状態も良くなります。

頭皮の状態が良くなると髪が育ちやすくなるので薄毛予防にも繋がります。

終わりに

女性はいくつになっても美容や体のことで悩みがつきません。

40代になったからと諦めるのではなく、悩みは解決するようにしていきましょう。

そしていつまでも素敵な女性でいるようにしたいですね。

この記事をシェアする

関連記事