• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

【最新】キャベツのボロン効果…女性ホルモンで艶のある美肌に!

Date:2015.01.12

冬は何かとお酒や食事会の機会が増えます。

春先、冬太りに苦しまなくても良いように今のうちに軽くダイエットを始められる方も、おられるころではないでしょうか?

美味しいものが揃う季節にダイエットなんて酷な話はない…と思いながら、自制するのはつらいものです。

ですが、立て込む女子会や会社のお付き合いはカロリーコントロールしなければ確実に太ってしまいます。

個人個人で何らかの策があるかもしれませんが、ダイエットなどの制限をするときにうってつけの食材がキャベツではないでしょうか?

ダイエット中キャベツをよくたべる方も多いはず。実はキャベツには驚きの栄養素があるのです。それは…ボロン!

キャベツは食物繊維が豊富であることやビタミンCがあるので、お通じをよくしさらに食欲を落ち着かせることができるためダイエットに適していると言われています。

しかしキャベツには食物繊維やビタミンCだけでなく、ボロンが含まれています。このボロン女性にとてもうれしい働きがいっぱいなのです!

女性ホルモンを高めるサポートをするボロン! 

キャベツのボロンはホウ素の1つでミネラルを含んでいます。

ボロンのうれしい働きその1
エストロゲン分泌を高めるだけでなく濃度をあげる  
女性ホルモンであるエストロゲン分泌を高めるため、肌自身の自己再生力が高まる

女性にとってうれしいメリットの1つ目は、ホルモンに働きかけてくれる栄養である事!ボロンはバストアップのサプリメントでポピュラーな栄養素です。

サプリ通販サイトを覗いてみると口コミの多くがバストアップに成功した喜びの声となっています。

バストアップだけでなく、女性ホルモンが高まるように助けてくれるため、心身共に安定します。さらにエストロゲンが高まると美容に非常に良い理由があります。

女性は排卵期を迎えるとエストロゲンが高まるため、メイクのりの良いみずみずしく艶やかな肌になるものです。

このエストロゲンが高い状態になると皮膚は水分と油分のちょうど良いバランス状態にし、肌自身が保護膜を作り出します。

つまり天然のワックスが肌を覆うため艶やかな皮膚となるのです。

そして自己再生力も上がるので、何らかのダメージで出来た炎症や外傷を自ら癒してくれます。

ですから潤いのある艶やかな肌には女性ホルモンが欠かせないのです。

そして女性ホルモンのバランスを保つエストロゲンを高めるためにボロンの働きは不可欠な栄養素なのです。

ボロンが肌免疫をあげる?!

ボロンのうれしい働きその2
ビタミンDを活性化させるミネラルでもあるため、免疫をあげる
インフルエンザなどの感染症や肌の炎症の原因もひろいにくくなる

さらにボロンはビタミンDを活性化させます。活性させることにより体自身が免疫を上げ感染しにくくなります。

免疫が下がり抵抗する力がないと、肌が赤く腫れたり湿疹が出てしまいます。

肌にとって免疫が上がるという事はとても良いことです。肌免疫という言葉をお聞きになったことがあるでしょうか?

免疫が高いと風邪などをひきにくく、がんにもなりにくいと言われています。つまり高い免疫力は健康維持には欠かせません。

同様に美容に関しても同じことが言えます。

免疫が上がると肌がうけるダメージにも強くなり、肌トラブルのきっかけを作りにくくなります。

免疫が上がるとダメージに強い肌になるほかの理由として…肌が十分潤いを保つことができるからです。

肌の表面の表皮には角質があります。その角質は保湿状態では、きめが揃い皮膚の中の細胞をしっかりガードしてくれます。

しかし保湿が出来ず乾燥が進むと角質がめくれあがり、細胞内にダメージを与えてしまいます。

保湿状態を維持するためにビタミンDによる免疫向上は必要なのです。

とはいえ、ダイエットをしているとき、肌の事を思い免疫を高くしようと考える余裕などないものです。

ですが、ダイエット向きのキャベツは免疫を高める栄養素も含まれているのです!

ダイエットが原因でホルモンバランスが崩れる話はよく聞きますが、キャベツのボロンのおかげで、 ダイエットをしながらホルモンバランスを整えるとともに、肌の調子も整えていけるのです!

 キャベツは必ず生で食べましょう! 

ただひとつ難点があります。ボロンはとても火に弱い栄養素などです。

ですから炒めたりするなど 熱を加えると効果が失われてしまいます。

ですから、キャベツは生でいただく必要があります。とはいえで体を冷やす生野菜はダイエット向きではないとされています。

とはいえ中でなければボロンは効果を発揮できませんので、キャベツは生で摂るようにし、ほかの野菜を徹底して温野菜で摂るようにしてみましょう。

またキャベツを生で食べる時、良質なオイルをかけて食べると体に必要な油分をとれます。

生のキャベツは意外と固めの食感があり、特に固いキャベツの芯などは独特の臭みがありますから、取り除いてダイエット中飽きがこないようにしましょう。

ダイエットにより肌に栄養がいかず、肌がトーンダウンしてしまったり、しわが出来たりするものです。

このような症状を防いでくれるキャベツのボロンを積極的に食事にとりいれて健康的なつや肌にしていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事