• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

シャンプーの二度洗いはする?しない?どちらがいいかを徹底解明!

Date:2016.10.27

shutterstock_361594466普段、あなたはどんな風にシャンプーをしていますか?

ただ単に「髪の毛を洗う」と言っても、その洗い方によって髪の毛や頭皮の質が格段に変わってきます。

中でもシャンプーの二度洗いは、肯定する意見と否定する意見に分かれて今も議論が絶えません。

この記事では、シャンプーの二度洗いについてのメリットやデメリットについてご説明します。


シャンプーの二度洗いは何故する?美容院と家での違い

普段お風呂でシャンプーをするときは、二度洗いをする人としない人に分かれます。しかし、美容院などに行ったときは必ずと言って良いほどシャンプーは二度洗いをされますよね?

中には「プロの美容師さんがやってるから自分もやってる」といった理由でシャンプーの二度洗いをしている人もいますが、美容院でやるシャンプーと普段自分でやるシャンプーは目的が違います。

まずは美容院と自宅でのシャンプーの違いを知っておいてください。

美容院でのシャンプー二度洗いの理由

美容院の本来の目的は、髪の毛を洗うことではなく髪の毛をおしゃれに仕上げることです。

  • カラー・パーマをする土台作りで頭皮の汚れを落とすため
  • 頭皮をマッサージしてお客様をリラックスさせるため
  • 髪の毛についている癖をリセットするため

といった理由があります。

お金を払って受け取るサービスの一種なので、自宅で自分でシャンプーをするときとはまったく違った理由で二度洗いをしているのです。

普段のシャンプー二度洗いの理由

美容院だけではなく、普段から自分でもシャンプーを二度洗いするのにはこんな理由があります。

  • 髪の毛や頭皮についた汚れをしっかり洗い落とすため
  • 汗をたくさんかいた日などに、汗・皮脂を頭皮に残さないため
  • 1回目と2回目で洗う場所を分けているため(例:1回目は頭皮、2回目は髪の毛…など)
  • スプレーなど、ヘアアレンジに使ったスタイリング剤を落とすため
  • コンディショナーを染み込ませやすくして髪の毛の調子を整えるため

また、シャンプーのときに泡が立たないと洗った気がしないと言って何度もシャンプーをする人もいるようです。

普段するシャンプーの二度洗いには、日常生活で常に清潔な頭髪を保つためのヘアケアの役割があります。

シャンプーの二度洗いに向いている人は?二度洗いのメリットとデメリット

シャンプーの二度洗いには、メリットもデメリットもあります。二度洗い派の主張は次の通りです。

二度洗いをするメリット

シャンプーを二度洗いすることは、次のようなメリットがあります。

汚れを落として頭皮を清潔に保つ
頭皮には汗や皮脂、外のホコリなどが付着していて自分が思っている以上に汚れが溜まっています。シャンプーをする前にお湯で洗い流しても、油っぽい汚れはシャンプーを使わないとなかなか落ちません。

頭皮の汚れをしっかり落とすことで、フケや頭皮ニキビの予防にもなります。

洗い残しを防ぐ
1度のシャンプーだと、無意識の内に洗い忘れていて洗い残してしまった部分というのが結構あります。シャンプーの二度洗いをすることで、そういった洗い残しの部分をなくしてまんべんなく頭皮を洗うことができます。
スタイリング剤でのトラブルを防ぐ
頑固な寝癖を直したり、好みのヘアスタイルを保つためにスタイリング剤は女性にとって欠かせない存在です。しかしスタイリング剤には多くの薬品や添加物が使われているため、長時間頭髪に付けておくことで刺激を与えてトラブルを招いてしまいます。

具体的にはかゆみや皮脂の異常分泌、頭皮ニキビなどに繋がります。しっかり洗い落とすことでそういったトラブルを防ぐことが出来ます。

二度洗いをするデメリット

逆に、シャンプーの二度洗いにはこんなデメリットがあります。

余分な皮脂まで落として頭皮が乾燥する
頭皮の皮脂は多すぎると不潔になってしまいますが、もともとは地肌の潤いを保ったり外部の汚れから皮膚を守るために分泌されるものです。

シャンプーの二度洗いでは、そういった頭皮に必要な最低限の皮脂さえも落としてしまいかねません。本来必要な皮脂が失われることで乾燥する頭皮は、今まで以上に皮脂を分泌して過剰分泌を招きます。

シャンプーのすすぎ残しが出る
シャンプーのすすぎ残しは常に懸念すべき深刻な問題です。シャンプーには合成界面活性剤やアルコールなどの化学薬品が多く使われていて、それが全てすすがれず頭皮や髪に残ることで頭皮トラブルを招きます。

ただでさえ多くの人がやってしまうシャンプーのすすぎ残しは、二度洗いでシャンプーを通常の倍使うことで更に危険性が高まります。

洗浄成分が強すぎて抜け毛が増える
シャンプーは、通常1度洗いで汚れや皮脂が落ちるように計算して製造されています。ですから、シャンプーの二度洗いをすることで洗浄効果が必要以上に強くなり、頭皮や髪にダメージを与えてしまいます。

ダメージが与えられることで髪の毛に必要な栄養素が行き渡りにくくなり、髪の毛と毛根が弱ることで抜け毛が多くなります。

擦りすぎて頭皮が傷つく
シャンプーをするときは、必ず頭皮を指で擦りますよね?シャンプーの二度洗いをすることで、通常よりも倍の時間頭皮を擦ることになります。

適度に擦ればマッサージになって血行も良くなりますが、度を越して強く擦りすぎることで頭皮が傷つき、皮膚が剥がれてバリア機能が落ち頭皮トラブルを招きやすくなります。

シャンプーの二度洗いに向いている人

シャンプーの二度洗いには、以上のようなメリットとデメリットが存在しています。

そのメリット・デメリットを踏まえた上で、シャンプーの二度洗いには向いている人とそうでない人がいることがわかります。

シャンプーの二度洗いが向いている人は次の通りです。

  • たくさん汗をかいた人
  • 髪の毛にスタイリング剤を使った人
  • 髪の毛の量が多い人
  • 洗浄効果の弱いシャンプーを使っている人(洗浄成分がアミノ酸系統のもの)

逆に、以上の条件に当てはまらない人はシャンプーの二度洗いをすることで逆に頭髪を傷めてしまう可能性があるので注意して下さい。

シャンプーは一度洗いでOK?一度洗いのメリットとデメリット・向いている人

シャンプーの二度洗いを勧める人がいるように、二度洗いを勧めない人だってもちろんいます。

「シャンプーは一度洗いの方が良い!」と言う人の主張は次の通りです。

二度洗いをしないメリット

シャンプーの二度洗いでは、主にシャンプーの洗浄成分が強く作用しすぎるために頭皮や髪の毛が弱ってしまうことがデメリットとして挙げられていました。

逆に二度洗いをしないことで、こんなメリットが生まれます。

髪の毛や頭皮に余計なダメージを与えない
シャンプーの洗浄効果は人が思っているよりも強めです。そのため「まだ汚れが落ちてないかも」と自分で思っていても、実はもう十分落とすべき汚れが落ちていることが多くあります。

「シャンプーは一度洗い」とあらかじめ決めておくことで、洗いすぎによるダメージを防ぐことができます。

抜け毛が減る
シャンプーは使いすぎると頭皮や髪の毛に刺激を与えすぎて抜け毛の原因になってしまいます。

「最近抜け毛が多い」と思っている人は、シャンプーの二度洗いを習慣化していませんか?二度洗い派の人が一度洗いに変えてみることで抜け毛が減ることも少なくはありません。

シャンプー・お湯の節約になる
シャンプーの一度洗いは、当然ですが二度洗いと違ってシャンプーとお湯を使う量が減ります。

本来シャンプーは一度洗いで必要な分の汚れを落とせるようにできていますから、使う量も一回に留めておけば余計にシャンプー・お湯を消費することはなくなります。

二度洗いをしないデメリット

逆に、シャンプーを一度洗いで済ませることによって次のデメリットが生まれます。

洗い残す部分が出る
一度のシャンプーで頭髪の全部分を洗うのはなかなか難しく、多くの人がシャンプーの洗い残しをしてしまいがちです。

シャンプーの二度洗いをする人は二度目でそういった洗い残しの部分をある程度なくすことができますが、一度洗い派の人は洗い残しの部分をそのままにしてしまいがちです。洗い残しの部分が清潔さを失ってしまい、臭いやフケなどの原因になります。

スタイリング剤がしっかり落ちない
ヘアスタイルのキープ目的に製造されているスタイリング剤は、大体が落ちにくいように出来ています。ですから落とす時もしっかり洗わなくてはなかなか落ちません。

また、一度のシャンプーでスタイリング剤を落とすことができても、スタイリング剤とは別に元からある頭皮や髪の毛の汚れまではなかなか落とすことはできません。

頭皮の血行が悪くなって髪の毛が栄養不足になりがち
シャンプーは頭髪の汚れを落とすと共に、頭皮をマッサージする役割も持っています。頭皮をマッサージすることで血行が良くなり、髪の毛に十分な栄養が行き渡りやすい環境を作ります。

シャンプーの一度洗いではそういった頭皮のマッサージが不十分なため、髪の毛が栄養不足でツヤやハリが失い、切れ毛や枝毛になりやすくなってしまいます。

シャンプーは一度洗いでOKな人

シャンプーの二度洗いにはメリット・デメリットがありますが、それは一度洗いも同じこと。

シャンプーの一度洗いに向いているのは次の人です。

  • あまり汗をかいていなかったり、頭髪に落とすべき汚れが溜まっていない人
  • 髪の毛にスタイリング剤を使っていない人
  • 髪の毛の量が少ないor少なさが気になっている人
  • 洗浄効果の強いシャンプーを使っている人

もしもその日に激しい運動をして汗をかいたり、汚れた場所を掃除して埃をかぶったりしているのならシャンプーは一度洗いではなく二度洗いをしてください。

傷ませない&汚さない!正しいシャンプーの一度洗い・二度洗いのやり方

シャンプーには二度洗いにも一度洗いにもそれぞれメリット・デメリットがあることがわかりました。

しかし、どちらの選抜方法を選ぶにしても出来る限りデメリットはなくしておきたいですよね?

そこで、シャンプーの二度洗い・一度洗いの正しいやり方をご紹介します!

正しい二度洗いのやり方

シャンプーの二度洗いによるデメリットは、主に洗いすぎによる頭皮・髪の毛へのダメージです。

ですから、シャンプーの二度洗いをする人は次のことに気を付けてください。

シャンプーの二度洗いのやり方

  1. お湯で髪の毛・頭皮をしっかり流す
  2. 濡れた髪の毛にブラシを通す
  3. 少量のシャンプーで髪の毛全体を軽く洗う
  4. お湯でシャンプーを洗い流す
  5. 一度目よりも若干多め(決して使いすぎない!)のシャンプーで頭皮をマッサージするようによく洗う
  6. しっかりお湯でシャンプーを洗い流す

また、二度洗いに使うシャンプーはアミノ酸系統の洗浄成分が使われたシャンプーを選ぶようにしましょう。

アミノ酸シャンプーは洗浄効果が強すぎないため、二度洗いに使っても頭皮や髪の毛へのダメージを最小限にとどめておけます。

ちなみに頭髪への刺激が少ないことから石鹸をシャンプーに使うと言う意見もありますが、石鹸は泡立ちにくく、固形であるため頭皮にくっついたまますすぎ残しにもなりがちです。

使いこなすのが難しいので、慣れない内はシャンプーを使った方が無難です。

正しい一度洗いのやり方

シャンプーの一度洗いによるデメリットは、主に洗浄やマッサージが不十分になってしまうことです。

このデメリットを防ぐためには、次のことに気を付けてください。

シャンプーの一度洗いのやり方

  1. お湯をかける前に髪の毛をしっかりブラッシングする
  2. お湯をたっぷりかけて頭皮・髪の毛をしっかり濡らす
  3. お湯だけをかけた状態でシャンプーを使わずに頭皮・髪の毛を予備洗いする
  4. シャンプーを手に取り、指の腹で入念に頭皮をマッサージしながらしっかり髪の毛全体を洗う
  5. お湯でしっかりシャンプーを洗い流す

一度洗いで重要なのは、シャンプーをつける前に頭皮や髪の毛をしっかり濡らして泡が立ちやすい環境をつくることです。そのためにはお湯だけで予備洗いをする過程がとても重要になるので忘れないようにしましょう。

一度洗いも二度洗いも一長一短!時と場合を考えて自分にあったヘアケアを

よほどのルーチンワークでない限りは、人はいつも違う行動を取って毎日を過ごしています。

その日によって髪型も溜まる汚れの量も変わりますから、シャンプーのやり方だって臨機応変に考えていく必要があります。

つまり、シャンプーの二度洗いが正しい日もあれば正しくない日もあるということ。「どちらが正解」という明確なものはないのです!

例えば「汗をかいているかorいないか」など、自分の髪の毛と向き合って考えながらその日に合ったシャンプーの方法を選んでください。

この記事をシェアする

関連記事