• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

幸せ物質・セロトニンで美人になる!たくさん増やす方法あれこれ

Date:2015.01.13

セロトニンという名前を聞いたことがある人も多いでしょう。

セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれているもので、セロトニンが不足すると、不眠症になったり、不安を感じたりしやすくなると言われています。

セロトニンは現代人では不足している人が多いそうです。精神的に落ち込むことが多かったり、情緒が不安定だったりする人はセロトニンが減っているのかも。

人間の精神面に大きく影響を当たるセロトニン。セロトニンがたくさん分泌されれば、幸せな気持ちでいられるということです。

セロトニンは意識して増やすことができるもの。いつも幸せな女性でいられるように、セロトニンを増やしましょう。

セロトニンはどんな物質?

セロトニンについて

セロトニンはノルアドレナリンやドーパミンが増えすぎるのを抑え、心のバランスを保つ働きがあります。

セロトニンが不足すると、うつ病を発症しやすくなったり、キレやすくなったりすることがあるそうです。

うつ病にかかる人や、ストレスを抱える人が多い現代では、精神の安定を保つセロトニンの働きが見直されているのです。

セロトニンは動植物に含まれるもので、トリプトファンという物質から生合成されてできます。

人体の中には約10mg程度存在していて、そのうちの約90%は小腸の粘膜にある細胞内にあります。

残りの約10%のうち8%は、血液の中に含まれ、体内を巡回しています。

血液中のセロトニンには、血液を凝固させる止血小や、血管の収縮作用などがあります。

後の約2%が脳内の中枢神経に存在し、精神面に影響を与えていると考えられています。

セロトニンの働き

セロトニンには次のような働きがあると言われています。

・整腸作用
蠕動運動に働きかけ、消化を促す働きがあります。

・止血作用
血液を凝固させる止血作用、血管の収縮作用があります。

・精神を安定させる作用
体内時計を調整し、活動的に動ける状態を作ります。気持ちのコントロール作用を高め、衝動的な行動を回避させる働きもあります。

さらに、記憶力や学習能力を高めるとも言われています。

セロトニンが不足すると?

精神面に影響を及ぼすセロトニンが不足すると、さまざまな症状が現れます。

個人差はありますが、イライラする、短気になる、落ち込みやすくなる、ストレスが溜まりやすくなる、といった症状を起こしやすくなり、悪化するとうつ病に進行することも。

疲れやすくなったり、集中力が低下したり、やる気が起きなかったり、食欲がなくなる、不眠になる、といった症状を起こす場合もあります。

セロトニンを増やす方法

セロトニンが不足する原因

・朝食を抜いている
セロトニンの材料となるトリプトファンの合成においても栄養素が必要です。

朝食を抜いたり、ダイエットをしたりしていると必要な栄養素が摂取できません。

・日光浴の不足
セロトニン神経への刺激が少ないと、セロトニンの分泌が妨げられます。刺激となるのは太陽の光や運動などです。

運動不足や家の中ばかりにいると、セロトニンは減っていきます。

・ストレスが溜まっている
ストレスを受けていると、脳は緊張状態になります。脳の緊張状態が続くと、セロトニンが減少する原因となります。

・加齢
年とともにセロトニンの分泌も減っていきます。意識してセロトニンを摂ることが大事です。

セロトニンを増やすには?

・太陽の光を浴びる
太陽の光を浴びると、セロトニンの分泌が増えると言われています。朝、目が覚めたらカーテンを開け太陽の光を浴びましょう。

・早寝早起きをする
セロトニンは昼間に分泌されやすく、夜は分泌が少なくなるという性質を持っています。

太陽の出ている時間には起きて、夜には寝る、という基本的な生活をしましょう。

・リズミカルな運動をする
一定のリズムを刻む運動を行うと、セロトニンの分泌が増えるそうです。フラダンスやサイクリング、ウォーキング、またヨガや太極拳などもオススメです。

・よく噛んで食事をする
食事のときに食べ物をよく噛むことは、リズミカルな運動にもつながります。ガムを噛むのも効果的です。

・トリプトファンを摂取する
セロトニンを作り出す材料として必要なトリプトファンを摂取することも必要です。

トリプトファンを多く含むのは、バナナや豆乳、牛乳、ヨーグルト、プロセスチーズ、アーモンド、赤味魚、肉類などです。これらを積極的に摂るようにしましょう。

セロトニンは自然と分泌されるものです。しかし、不規則な生活や運動不足、ストレスなどが溜まるとセロトニンの分泌は減少してしまいます。

その結果、イライラしたり、すぐに落ち込んだり、短気を起こしやすくなってしまいます。

そんな気持ちでいては、素敵な笑顔も作れませんし、肌も荒れていくばかり。

幸せホルモンであるセロトニンを増やして、常に安定した気持ちでいたいものです。

規則正しい生活をしていれば、セロトニンが極端に減ってしまうことはありません。

自分の生活を振り返り、セロトニンを増やす生活に切り替えていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事