• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

2014年秋冬メイクのポイントは唇、リップの色を極めて唇美人

Date:2014.10.14

ファッションやメイクにはその年の流行というものがあります。

やはりオシャレな女性と思われるためには流行を抑えておきたいところです。特にメイクは誰でも簡単に流行を取り入れることができます。

2014年の秋冬メイク、特に抑えておきたいのがリップです。

アイメイクなどに流行色を取り入れるのが難しいという人もリップを流行色に変えるだけでトレンドメイクに早変わりします。

リップは色選びを覚えると面白い

リップを選んで実際につけてみると「印象と違う」「似合わない」といったことありませんか。実はメイクの中でリップ選びほど難しいものはないそうです。

でも自分に似合う色選びを覚えるともっと使える色の幅も広がっていろんなメイクを楽しむこともできます。

自分に似合うリップを選ぶには2つのポイントを抑えると簡単に選ぶことができます。

同じ色でも肌の色で微妙に似合う色は違う

リップを選ぶ時、どういう選び方をしていますか?流行色があればその色を選ぶなんて人も多いと思います。

でもその流行色、本当に自分に似合っているか不安になりますよね。
実はどのブランドも流行色といっても微妙に色合いが違うものを数種類販売しています。それは肌の色で似合う色が違うからです。

同じ色でも肌が色白の人は淡い色、色黒の人は濃い目の色といったように肌の微妙な色合いで似合う色が違います。

リップを選ぶときに手の甲につけて選んでいる人がいますが手の甲と顔の肌の色は違うので必ずリップは顔の肌色に合わせて購入するようにしましょう。

それだけでリップの色選びを失敗することはありません。

唇の厚さ・口の大きさでリップの色を選んでみよう

そしてもう1つリップ選びで覚えておきたいのが口の大きさと唇の厚さです。

唇の厚さや口の大きさってあまり関係ないと思っている人もいるかもしれませんが、唇によってリップの印象も変わってしまいます。

例えば唇が薄い人が淡い色の口紅を塗るとインパクトが弱く、口元の華やかさというものが出ません。

そういう時はリップライナーなどでオーバーラインに輪郭を描くなどしなくてはいけません。

反対に口が大きい人が真っ赤なリップなどを塗ると口元のインパクトが強くなり、メイクがそこだけ目立ってしまうということもあります。

同じ色でも唇の厚さや口の大きさを考えて色選びをすることで自分に似合う色を見つけることができます。

2014年秋冬のトレンドリップを選ぶ2つのポイント

トレンドリップを選ぶ時、色を重視してしまいますが、その他にもつけ心地などもポイントになります。

特に今年はリップのテクスチャーが秋冬リップを選ぶ際に大事になっているようです。

春夏と違ってクリア色ではなくくすみ色が流行る

今年の春夏リップはジューシーカラーといって明るめの色がトレンドだったのですが、秋冬はそれとは違って「くすみ色」というものが流行るそうです。

くすみ色というとなんだかどんよりとしたイメージですが、そういうくすみではなく原色ではなく抑えられた色というイメージです。

この抑えられた色というのが秋冬の洋服などにもマッチするようです。

くすみ色の場合、それだけではちょっと地味に感じるかもしれませんがアイメイクと合わせやすいので初心者でも使いやすい色になっています。

みずみずしさよりもマット感がポイント

春夏リップはジューシーカラーがポイントだったので塗った時にツヤが出る、みずみずしさを感じるものが多かったのですが、秋冬リップはみずみずしさではなくマット感があるものを選ぶのがポイントです。

マット感の出すために秋冬リップの中にはリップバームタイプのものやペンシルタイプのものなどもあります。

せっかくのマットな仕上がりなのでグロスなどは使わずに仕上げるのがポイントです。

マット系が苦手という人はテクスチャーの柔らかいリキッドルージュがおすすめ。

こちらはリキッドですがグロス特有のツヤというのはないのでマットに近い仕上がりになります。

2014年秋冬はこの色をおさえよう

毎年、秋冬はだいたい同じような色がトレンド色になっているので今年も同じと思っている人もいるかもしれませんが、今年は少しだけニュアンスが違うようです。

では2014年秋冬に抑えておきたいリップの色とはどういうものがあるのでしょうか。

赤より深い色で使いやすい、バーガンディ

今年の春夏で赤色リップが人気でしたが、秋冬やこの赤色リップにくすみ色を混ぜたようなバーガンディが人気のようです。

2014年の秋冬は衣類もこのバーガンディがトレンドとされているそうです。

バーガンディというと少し派手で使いにくいというイメージですが、赤色よりも肌なじみもいいですし、マット感の強いリップはツヤが抑えられているので派手さもありません。

つける時のポイントは少量の口紅を唇につけ、指などで唇全体にぼかしていくとさらに肌なじみもよくなるので普段使いもできます。

定番色で使い勝手のいい、ローズ

今年の春夏のトレンドに入っていたピンクと赤色、その中間色がローズです。

ローズは毎年定番色としていろんなブランドが売り出していますが2014年のローズリップは少し青みのあるローズがトレンドのようです。

青みのあるローズ色はデニムなどラフなスタイルの洋服に合わせやすい色になっています。

つける時のポイントは唇の色を活かすために「透け感」を演出すること。べったりと口紅をつけるのではなく、薄く唇につけるのがポイントです。

紅筆などでつける場合は輪郭をしっかりと描き、その中はその輪郭を描いたリップを全体にぼかしていくと唇の色を活かした透け感も作ることができます。

明るめよりくすみの入った、スモーキーピンク

2014年秋冬で普段使いが一番できる色がスモーキーピンクです。

春夏のピンク色にくすみ色を加えたスモーキーピンク、ベージュピンクと少し色が似ているのですが、それよりもピンクが強い色になっています。

スモーキーピンクは色が淡いのでしっかり唇の輪郭を描いて塗るのがポイントです。

春夏のピンク色に比べて色合いが落ち着いているので年齢関係なく使えるのも嬉しい色になっています。

ただ1つ気をつけたいのが淡い色なので肌色に合わないと唇が白浮きしたような状態になるのでしっかりと自分の肌色に合ったものを選ぶのがポイントです。

終わりに

リップは手軽に流行を取り入れることのできるアイテムです。

しっかりと自分に似合う色を見つけ、メイクやオシャレを楽しんでみましょう。

この記事をシェアする

関連記事