• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

白髪染めカラーでダメージを受けた髪はオイルパックケアで艶髪に

Date:2015.01.11

少しずつ白髪が出てくると、全体をカラーした方が良いか、それとも部分的なカラーだけで良いのか?またサロンでカラーをするか、自宅でするか?迷うものです。

白髪はなくすことができないので、染めるしか方法はありません。

少しの白髪なら全体を染める事はあまりおすすめできません。理由はやはりカラーによるダメージがあるため。

しかも、頭皮と髪の両方にダメージが出ます。ですから白髪のカラーリングは1日でも遅い方が良いのです。

カラーリングをすると乾燥がすすみ、髪の光沢がなくなったりまとまりがなくなってしまうものです。

そのような時はしっかり保湿パックを続ければ、髪本来の光沢が戻ってきます。保湿パックの前に見直したい点…それは洗髪です。

きしむなら…髪に合っていないかも!?

例えば、髪のダメージを取り上げると、シャンプー時にきしんですすぎがうまくできず切れ毛や枝毛の原因になってしまったり、パサパサに乾燥してしまいます。

シャンプー時に髪がきしんで指が入らないというのをきいた事がおありかもしれません。

きしんでしまうとすすぎがままならず頭皮についた染料が落ちず色が取れなかったり、頭皮を傷つけてしまう事になります。

カラーリングした時は洗面台でしっかり色が落ちているか確認しながら洗い落とす必要があります。

すすいでいる時の水を見ると2回程度のすすぎでは染料が濃く出ます。

3、4回すすいだ頃にようやくすこし水に透明度が出てくるものです。

ですからしっかりすすぐために入浴時ではなく洗面で確認しながら洗う必要があります。

*髪のダメージ
切れ毛、枝毛
乾燥により光沢がなくなる

*対処法
染料がしっかりと落ちるまですすぎをしましょう

先ほどもふれましたが、髪がきしむとしっかり洗髪をすることができません。きしむという事は髪質に染料があっていないと考えられます。

髪がきしむようであればメーカーを変える必要があるかもしれません。

または白髪染料にはクリームタイプ、泡タイプ、乳液タイプがあります。

サロンで白髪のカラーリングするときはクリームタイプですが、染料にもトリートメントが含まれているため白髪染めをしても光沢が出るものです。

ですがホームケアの場合、クリームタイプは注意が必要です。なぜなら…ほかのタイプよりも粘着力があるためシャンプー時に落ちにくい特徴があります。

またクリームタイプの中でも時短で染めるタイプは染料も強くなっているためしっかり染まる一方髪質や頭皮にダメージを与えやすいのです。

とはいえ、クリーム系の扱いやすく、しっかり染まる特徴を好まれる方も多いはずです。

であれば、染めた後のケア…オイルパックをして髪の光沢を取り戻しましょう。

オイルパックは染めた翌日に!

オイルパックに使用するのは、お好みで選ぶ事ができますが、頭皮マッサージにもなるため化学香料が含まれていないものを選ぶと良いでしょう。

オリーブオイルやアボカドオイルなどがありますが、人の皮膚の組織に浸透しやすいのがホホバオイルです。

オイルには黄色っぽいタイプと透明タイプがあります。

黄色っぽい色のオイルは絞られたそのままの色、そして透明なオイルは精製してあるものです。どちらを使っても問題ありません。

①まず適量手のひらにだし、手のぬくもりでオイルを温めます。
②温まったころにこめかみからゆっくり頭上中心に向かってマッサージしていきます。
③全体をマッサージしたところで、髪全体にオイルをつけていきます。
④タオルで巻いて15分から20分おいたら、シャンプーしていきます。

オイルパックをするタイミングですが、染めたすぐあとではなく1日おいてからパックしましょう。そうすることで色落ちを防ぎます。

頭皮のマッサージの際、染料を付けた部分や頭上の髪の分け目を重点的にすると、薄毛の防止にもなります。

しかしあくまでも優しくゆっくりマッサージしましょう。

頭全体をマッサージし終えた事になるとオイルが手に残っていませんので、もう一度オイルと手に両手で取り温めてから髪全体に馴染ませます。

この時…くちゃくちゃにもんだりしないようにしましょう。もんでしまうと髪が折れダメージの原因になってしまいます。

この保湿パックを入浴時にするとさらに効果的です。体を洗ってすぐにシャンプーされる方も多いと思いますが、体を洗ったら一度バスタブで体を温めましょう。

バスルームに入る前にオイルパックをしておけば、バスタブに入るころには5分程度たっているものです。

体を温め少し汗がかいてくると髪の毛だけでなく、頭皮の毛穴も開くためオイルが浸透しやすくなります。

カラーリングは計画的に…

このようにオイルパックを数日続けていただくと…しっとりとした髪に戻ります。ここでさらにポイント!

髪を乾かす時…しっかり髪の先まで乾かしましょう。ストレートヘアの方であれば、ブラシを使い髪を伸ばすように丁寧に乾かして下さい。

パーマをかけておられる方も手ぐしで構いませんから丁寧に乾かしましょう。

しっかりドライヤーをあてる事で髪に残っているオイルをさらにしみこませ、光沢を出すのです。

疲れている時はこのようなひと手間が面倒かもしれませんので、毛染め自体をなるべく忙しくない…ゆとりがある時に前もって計画的に行うとよいかもしれません。

ケアしなければ保てません。髪は肌よりもすぐに反応しお手入れした分だけ答えてくれます。ぜひオイルパックをして艶々の髪を取り戻しましょう。

この記事をシェアする

関連記事