• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

デトックス効果絶大!「1週間スープ生活」で太りやすい生活習慣をリセット

Date:2013.03.13

ダイエットを成功させる秘訣は、運動と食事制限。食べる量を腹6分~8分にとどめて、脂肪燃焼のためのトレーニングを。ダイエットには近道なんてなくて地道な(以下省略)。

頭で分かっていても、なかなかやり遂げられない、成功しない、それがダイエット道。

では、ダイエットが成功しない理由はどこにあるのでしょうか?それには色々と個人的な理由がそれぞれにあると思いますが、成功しない原因の1つは「太りやすい生活習慣がリセットされていないから」なのではないでしょうか??

太りやすい生活習慣とは、便秘・早食い・大食・夜遅くの食事など。そうした生活習慣や体質を変えてくれるのが、この記事で紹介する「1週間スープ生活」です。デトックス効果を期待して、スープ生活してみませんか?

1週間スープ生活のルール

1週間スープ生活では、野菜スープを食生活の中心とします。野菜スープに入れる野菜は何でもOK。ピーマンやたまねぎ、セロリやキャベツ、白菜やトマトや生姜など、美容に効く野菜や繊維質たっぷりの野菜を多く使用するようにすると、さらにデトックス効果がUPします。

そうして作った野菜スープを、朝昼晩の3食食べるようにします。野菜スープのみの生活だと栄養が偏りすぎてしまうので、朝食または昼食のどちらかを野菜スープ+炭水化物+たんぱく質というメニューにします。これを7日間毎日続けます。

食べる炭水化物は、白米よりも玄米や雑穀枚を選びましょう。たんぱく質には、魚や豆腐、または脂身の少ない肉をチョイス。鶏肉を使用する場合は、皮をとってくださいね。

ルールをまとめると、こんな感じです。

  • 朝昼晩に野菜スープを食べる。野菜スープは好きなだけ食べてOK
  • 朝食または昼食のどちらか一食を、野菜スープ+炭水化物+たんぱく質というメニューにする
  • 炭水化物には、玄米や雑穀枚を。パンやパスタなど小麦粉を使用した食品はNG
  • 糖分や油分はなるべく摂取しない
  • 肉や魚を調理する際は、蒸し料理にする
  • アルコールは脂肪の排出を邪魔するので、禁酒する
  • 飲み物は水・お茶・コーヒーなどのノンカロリーのもののみとする
  • 夜9時以降は何も食べないで、なるべく早く就寝する

デトックス効果抜群の野菜スープの作り方

上の章でも書きましたが、野菜スープに入れる野菜に制限はありません。きのこや根菜など、好きな野菜を食べやすい大きさに切って、水を入れた鍋でコトコト煮込みます。

調味料には、和風だしやチキンコンソメなどを使用しましょう。スープの味つけについても、制限はありません。

作り置きのスープに飽きたら、醤油を入れるなどして味を変えるのもいいですね。1週間飽きないように工夫して作ってくださいね。野菜が柔らかくなったら出来上がり、です。

気をつけること

始めるタイミングは、体調がよい時にしてください。生理中や風邪気味の時には、絶対にやめましょう。生理が終わった2~3日目の痩せ期にスタートすると、効果を実感しやすいかもしれませんね。

スタート時は体調がよくても、途中で体調が悪くなったりすることもあります。そうした場合は、必ずスープ生活を中止して、身体の声に耳を傾けてくださいね。

憶えておいていただきたいことは、「1週間スープ生活」はダイエットというより、身体の内側をキレイにする体質改善のためのリセット生活だということです。だから、思ったように体重が減らなかったとしても、落ち込まないでくださいね。

この生活を経験したことによって、身体は着実に変わっていることでしょう。もしもスープ生活で体重が落ちなかったとしても、「痩せやすい身体」になっているはず。ダイエット法を変えて、ぜひ次のステップに進んでくださいね。

この記事をシェアする

関連記事