• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

人気店が続々日本上陸!コーヒー党女子注目の最新海外発カフェ

Date:2015.05.08

shutterstock_156723653

2015年は海外発のカフェチェーンが次々に日本へ上陸する、コーヒーファンはワクワクする一年になる予感です。

一体どんな美味しいコーヒーが飲めるのでしょうか。上陸を予定するカフェチェーンの、それぞれの特色を調べてみました。

好みはどれ?注目のカフェチェーン

既に上陸済みで出店を増やしているブランドから、今年オープンする予定のものまで、注目のコーヒーショップを集めてみました。

ブルーボトルコーヒー

bluebottlecoffee

2015年2月、海外出店の1店舗目として清澄白河にオープンしたアメリカ・サンフランシスコ発の「ブルーボトルコーヒー」。

名物は、注文を受けてから一杯一杯、丁寧にスタッフがいれてくれるドリップコーヒー。

創業者のジェームズ・フリードマン氏は、なんとスターバックス嫌い。マニュアルでいれられたコーヒーを出したくないという思いから、時間がかかっても丁寧なドリップにこだわっているのだとか。

しかも、日本の喫茶店文化が大のお気に入り。ブルーボトルコーヒーの経営にも、たくさんのインスピレーションを得たと言います。

筆者が表参道店を訪れた時にも、スタッフが丁寧にドリップしているところをライブで見ることができました。そう言えば、日本の喫茶店ではマスターがコーヒーをドリップしているのを見ることができますね。

メニューは豆の違うドリップコーヒー数種と、エスプレッソもあります。コーヒーにマッチするオープンサンドやペストリーなどの軽食もおすすめです。

表参道店は2015年3月にオープン、2015年5月には代官山店オープンを予定しています。

ゴリラコーヒー

gorillacoffee

ニューヨーク・ブルックリンからインパクトのある名前のコーヒーショップが、2015年1月、渋谷に上陸しました。

デイリー紙で「NYで飲める美味しいコーヒーベスト5」に選ばれる など、コーヒーにうるさいアメリカ人のお墨付きをもらっているゴリラコーヒー。名物はアメリカと同じレシピで作られる“水出しコーヒー”だとか。

その味は、ゴリラの看板に恥じない、パワフルな風味が特徴的です。また、カフェチェーンと言うとお上品な量の軽食しか食べられないという印象ですが、ゴリラコーヒーのフードメニューはやはりインパクト大。

ステーキをゴージャスにはさんだサンドウィッチや、大きなウィンナーをサンドしたホットドッグなど、大食漢の男性とのデートでも使えるラインナップです。

ゴリラコーヒーは現在、ブルックリンに2店舗、渋谷に1店舗のみ。今後の展開が気になるところですね。

フォーバレルコーヒー

fourbarrelcoffee

コーヒー豆の品質や農家への配慮、コーヒーのサーブの仕方など、ただ飲めれば良いのではなく、総合的な質の良さを求めているのがコーヒーの“サードウェーブ”と言われています。

そんなサードウェーブコーヒーを代表する4つのカフェチェーンのうちのひとつが、この「フォーバレルコーヒー」です。

4つの樽、という意味の店名は、産地が異なれば味も違うワインのように、豆の違いを楽しんで欲しいことから名づけられたそうです。産地の違う4種類の豆から好みのコーヒーを選ぶことができます。

この4種のコーヒー豆は、創業者のジェレミー・トゥッカー氏が直接交渉したこだわりのもの。コーヒーのほかエスプレッソも絶品だと評判です。

こちらは3月現在の時点で日本1号店がいつオープンなのか明らかにされていませんが、2015年中という噂。どんなお店になるのか、今から楽しみです。

コーヒービーン&ティーリーフ

coffeebean

2015年5月に日本橋にオープンを予定しているのが、アメリカ・ロサンゼルス発のカフェチェーン「コーヒービーン&ティーリーフ」です。

こちらは創業がなんと1963年。アメリカではもっとも歴史のあるカフェチェーンとして知られ、世界25か国で展開しています。老舗の味をようやく日本でも楽しめる、とコーヒーファンが胸を躍らせるブランドのひとつです。

コーヒー豆へのこだわりも強く、産地と直接取引している最高級アラビカ種を使用しているのだとか。

メニューは20種類のコーヒーと、紅茶も同じ数だけメニューがあり、紅茶派の人からも注目を集めています。価格は300円~500円程度と、案外低い設定なのが嬉しいところです。

創業者のハーバート・ハイマン氏は、“アメリカのスペシャルティコーヒーの師匠”と言われる人。 これは味にもかなり期待できそうですね。

コーヒーの選択肢が広がる年!

今までは、海外のカフェチェーンと言えばスタバ、という意識でしたが、2015年は一気に選択肢が広がりそうです。

それも、今まではスピーディーにコーヒーを出してくれるカフェが主流でしたが、最近はサードウェーブと呼ばれる、より美味しいコーヒーを提供してくれるカフェが増えているのが、コーヒー党の女性にとっては嬉しいポイントです。

ぜひ、お気に入りのコーヒーショップを探しに行ってみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント