• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

40代の女性が年下彼氏と上手くお付き合いするコツ

Date:2018.01.22

最近では女性が40代で彼氏が年下というカップルも見かけるようになりました。なぜなら近頃の40代女性は魅力的な人がとても多いから。

若くてキラキラした魅力とはまた違った、年齢を重ねた女性ならではの魅力に惹かれる若い男性が増えているのです。

しかしその年齢差ゆえに、

「そのうち若い彼女の方が良くなってしまうんじゃないか」
「考えが幼くて時々どのように接して良いか分からない」

と、年下彼氏を持つ40代女性はどこかで不安や不満を抱えている事も多いよう。

そこで今回は、40代の女性が年下の彼氏と上手くお付き合いするために、心掛けるべきコツについて紹介します。

年下男性のハートを射抜く程魅力的な女性なので、元々心得ている事ばかりかもしれません。改めて認識して自信にするためにも、どうぞ参考にしてみてください。


男性は女性が思っているよりも、年上好きな人が多い。自信を持とう!

いくら男性があなたの事が魅力的だと思っていたとしても、あなたが「自分は年上だから」「本当は若い子の方が良いんじゃないか」そんな風に不安に思いながら付き合っていると、それはいつかどこかで卑屈な態度になって表れてしまいます。

したがって年下彼氏と上手く付き合っていくためには、まずはそのように不安に思う事を止めましょう。

実際に、男性は女性が思っている以上に年上好きな人が多いのです。

女性からすると、若さの魅力には何をもっても敵わないと思いがち。女性の魅力=若さと限定してしまいがちですが、男性からすると、若さは女性の魅力の一部に過ぎないのです。

彼があなたを選んだのは、ただ若いだけの女性よりも、それに勝る魅力がたくさんあるから。自信を持ちましょう。

年下彼氏が夢中になる、40代女性の魅力とは?~外見編~

それでは実際に、40代ならではの魅力について外見・内面に分けて見て行きましょう。今後も彼の心を掴み続けるために、今身に付けているものはさらにそれを磨き、足りないものは身に付けられるようにチェックしてみてくださいね。まずは外見からです。

ファッションはシンプルでナチュラル、かつ清潔感が大切

若い頃は流行りや自分のしたいスタイルを選んでいれば、例えばそれが自分には似合っていなくても、その粗削りさが若さを際立たせてくれて結果オーライ、なんて事もよくあるものです。とにかく、他人からどう見られるかという事にあまり気を遣わなくても大丈夫でした。

しかし大人になると、他人へ不快感を与えないファッションをする事が大前提です。

つまらないと思う人もいるかもしれませんが、40代を過ぎたら、自分のしたいスタイルよりも、シンプルでナチュラル、そして清潔感があるスタイルを目指しましょう。それが大人の魅力を際立たせてくれます。

シンプルなデザインながらも質の良い素材や、自分のボディラインに似合う形を選びましょう。

毛玉や汚れの目立つ服は、40代過ぎるととてもだらしなく見えてしまうので注意して。しっかりしている・安心できるという印象を与えるためにも、清潔感は大切です。

肌・髪・爪・歯。ディティールのお手入れが行き届いている事が大切

肌や髪といった、ディティールをきれいに保つ事で大人の女性も魅力がぐんと増します。

  • 髪の毛

これらは、美しく保つ事で女性らしさが増す部分。しかし同時に、特に年齢が出やすい部分でもあります。

手をかければかけるだけ差が出てくるので、日々のお手入れを怠らないようにしましょう。

スタイル維持の努力は大切!怠ると色んな点に怠けたくなる

年齢を重ねると代謝が悪くなり、若い頃のように何もしなくてもスリムでいられる訳にはいかなくなるため、スタイル維持のための努力がとても大切になります。

女性らしいしなやかさが失われてしまうため、ストイックになる必要はありません。しかし、ストレッチや軽い運動を続けるなど、毎日コツコツと努力を重ねるようにしましょう。

これは体型維持に役立つだけでなく、毎日何かをコツコツ努力する姿勢も身に付きます。このような姿勢を身に付けている女性は、色んな面においても芯の強さや真摯さが垣間見え、男性の心を惹き付ける魅力になります。

一方で、体型維持のための毎日少しづつの努力をできない女性は、きっといろんな面においても怠け者という印象を与えてしまうでしょう。

年下彼氏が夢中になる、40代女性の魅力とは?~内面編~

それでは次に、年下彼氏が夢中になる40代女性の内面の魅力について見て行きましょう。

優しくて包容力がある

40代ともなると若い頃よりも、人の苦労や痛みも分かるようになります。したがって、彼の失敗に対しても寛容さがあったり、支えてあげようとする包容力もあるのです。

男性は基本頼りにされたい生き物ですが、時には女性に甘えたいと思う事も。そんな時に、このような寛容さや包容力をもってそっと甘えさせてあげるのは、若い女性には中々できる事ではありません。

経験値が高く、先回りが得意

年齢を重ねた分だけ、様々な状況に対する経験値も高いのが40代女性の特徴。年下彼氏にとっては初めての状況でも、先回りしてサポートする事ができます。

彼が自分よりも経験値が浅い事が分かっているので、それをこれ見よがしにする事はありません。彼のプライドを守りつつ、あくまでさりげなくサポートする事ができるのです。

自分の意見を優先してくれる

若い女性はどちらかというと、デートでは自分のしたい事や食べたい物を彼に叶えてもらいたい。そんな態度を取る事が多いではないでしょうか。

それに対して40代女性は、「2人で一緒にいる時間」に重きを置くために、自分の希望よりも彼の希望を優先する事が多いのです。
「〇〇君は何が食べたい?」
「あそこのお店、〇〇君の好きなブランドの服も置いてるよ」

このように自分の好きなものを優先して考えてくれる姿に、優しさや包容力を感じるようです。

感情的にならない・セルフコントロールができる

女性は基本的に感情的になりやすい生き物。そしてそれは若ければ尚更です。ちょっとした事で感情の波をぶつけてくる若い女性よりも、いつも穏やかで落ち着いてリラックスしている大人の女性は、男性に安心感を与える事ができます。

40代ともなれば、自分の感情をコントロールできる女性が増えます。

しかし一方で、社旗的・家庭的に責任のある立場になる事が多く、抱えるストレスが増える事から、若い頃よりも余計に感情的になってしまう場合もあるので気を付けましょう。

男性を立てて尊敬してくれる

年下で彼氏の経験値の方が低いにも関わらず、彼を立てて尊敬する姿勢を見せる事ができる40代女性は愛されます。

どんな男性も、次の3つの感情を刺激されると心地良く感じるからです。

  • 認められたい(ありのままの自分を受け入れて欲しい)
  • 存在意義を感じたい(自分は必要とされる男だと感じたい)
  • ステイタスを感じたい(自分が特別であると感じたい)

40代女性からすると、年下という事で少し頼りなさを感じてしまう事もあるかもしれません。しかしそれを態度に出さずに、

「〇〇君はいつも頑張っていてえらいね」
「仕事で色んな事を任されるようになったんだね、すごいね」
「〇〇君がいるから私も頑張れるんだ」

といったように、彼を認めて褒めてあげる事が大切です。

最初は頼りない彼だったとしても褒め続ける事で、彼女のために頑張ろうとモチベーションが高まって、嬉しい成長を見せてくれる場合もあるでしょう。

知識が豊富で一緒にいると楽しい・成長を感じられる

経験値の高さに比例して、知識が豊富であるのも40代女性の特徴。話題も豊富でウィットに富んでいて、話していると楽しいと感じる男性が多いようです。

マナーや常識にも詳しいので立ち振る舞いもスマート。そんな姿から刺激を受けて、自分も成長できる事に喜びを感じる彼が多いのです。

素直で可愛い。時には甘えるのも上手

ここまで紹介してきた魅力だけを総括すると、完璧すぎて近寄り難い印象を与えてしまう場合もあります。そこで、これらの魅力の中に女性らしい可愛らしさや隙が残っていること。これが彼に愛される上でとても大切な要素になってきます。

  • 人のアドバイスや意見を素直に聞ける
  • 少し天然(普段はしっかりしているけど、たまに抜けている)
  • 嬉しい時や楽しい時は感情を露わにしてはしゃぐ
このように、「もしかしたら自分にも守ってあげられるかも」と思える隙を作る事で、単にしっかりしている大人の女性と一緒にいる心地よさを感じるだけでなく、より能動的に「愛しい」「一緒にいたい」と思わせる事ができるのです。

年下男性と付き合う上で、やってしまいがちなNG行動

次に、年下男性と付き合う上でついやってしまいがちなNG行動について紹介します。

外見編NGはこれ!露出・若作り・厚塗りメイク

彼が若いから、自分もできるだけ若く見せたい。そんな気持ちから、ついやってしまいがちな外見における失敗はこれ。

  • 露出多め
  • 明らかに似合っていない若作りの服
  • 厚塗りメイク

これらは、見ている方が不快だったり、どう反応して良いか分からなかったり、時にはあなたが人間としてだらしないなと思われてしまう原因になります。

特に40代過ぎの露出は、色気よりも品の無さが際立ってしまうのでNGです。若作りにしても、実際に若い子との差が際立つだけです。ファッションで攻めるのは止めた方が良いでしょう。

肌のアラを隠したり顔色を良くしたり、40代も過ぎるとメイクに頼りたい部分も多くなります。もう少し、もう少しとメイクを重ねるうちに、実はかなりの厚塗りになってしまっている40代女性も多いもの。

40代でナチュラルメイクが映える女性は、品が際立ちます。ナチュラルメイクで済むようにも、普段から肌のお手入れをしっかりしましょう。

どうせ若い子には敵わないからと、卑屈な態度を取ってしまう

「どうせ若い子には敵わない」などという発言や態度を取ってしまうのはルール違反。

何か喧嘩になった際に思わず言ってしまう事が多いと思うのですが、彼からしてみればそもそも「そこじゃないだろう」的な発言です。

問題をそこに置き換えるのは的外れな上に、年齢を見て付き合っている訳ではない彼に対して失礼になってしまいます。

さらに彼も、あなたがそれを気にしているのを実は分かっている場合がほとんど。そしてそれをあなたが気にしないように、色々と工夫して接してくれている場合も多いのです。

それを踏みにじるような発言となるので、「つい」でも言わないように気を付けて。

結婚や未来の話をしてしまう

女性も40代となると、結婚を強く意識する場合が多いでしょう。しかし年下彼氏の場合はまだ若く、結婚を意識していない場合も多いもの。

そんな彼に結婚や未来の話をしてしまうと、強いプレッシャーとなってしまう可能性が高いです。

結婚は、お互いが理想の存在に近づき、この先のずっと一緒にいたいと思えるようになった先に自然と待っているもの。口に出す事はせずに、彼の理想の相手であり続けるように努力を重ね、彼を信じ続けましょう。

考えや行動の未熟さから、つい見下してしまう事

自分の経験値の高さゆえ、彼の考えや行動の未熟さが色々と目に付いてしまう事もあるでしょう。

そんな時に彼の奮起を期待したり、ただ自分の感情を発散したいがために、つい見下してしまう態度を取らないように気を付けましょう。

成熟して大人の彼女を前にして、自分の未熟さを最も痛感しているのは彼自身。追い打ちをかけるような態度は彼を傷つけて嫌な気分にさせるだけです。

彼を育てようと前のめりになる事

未熟な彼を自分が育てようと積極的になる事も、実は逆効果。彼女のそのような態度に触れる度に、「自分はやっぱり未熟なんだ」と感じる事となるだけです。

若いからと諦めて、甘やかしてしまう事

若いから仕方ないと諦めたり、未熟さや我儘さが単に可愛くて仕方ないと感じて、無条件に甘やかしてしまってはいけません。

男性にとって無条件に甘えさせてくれる存在は、後々都合の良い存在にしかならない事の方がほとんど。この先の彼の成長を阻んでしまう事にもなります。

未熟な彼を育てるためには、自分自身で成長していけるように促す事が大切!

育てようとしてはいけない、諦めてはいけない。それでは未熟な年下彼氏を成長させるにはどうしたら良いのでしょうか?

結論から言うと、自分自身で成長していけるように促していく事。彼が頑張れるようにモチベーションとなれる事。これが大切です。

男性は、女性に過度に期待される事なくそれでいて愛情を注がれ続ける事で、やる気のエネルギーが醸成されてくるもの。

女性からの愛情は、

  • 理解
  • 共感
  • 受け入れて褒めてくれる

これらの事で感じる事ができます。

彼の良い所を見つけて認め、褒め、辛い時には理解を示す。頑張る事ができていない時にもありのままの彼を受け入れる。

彼を信じてこのように接し続ける事で、彼も愛するあなたの気持ちに応えたい・喜ばせたい、もっと成長したいと思う彼の原動力になる事ができるのです。

40代女性と年下男性。実はお互いが理想の存在になりやすいベストカップル!?

ここまで40代女性が年下彼氏と上手く付き合っていくコツについて紹介してきました。

年下彼氏にとって40代ならではの理想の女性像を確認したり、一方で年下彼氏の未熟な部分にどう対応するかについて紹介しました。

若さを失いつつある40代女性からしてみると、彼にとって自分は魅力不足なのではないかと不安になる事もあったかもしれませんが、そんな事はありませんでしたよね。

考えてみれば初恋が幼稚園の先生だったり、成長しても自分の母親に似た女性を好きになったりと、男性は元々自分を受け入れてくれる包容力を持った女性に惹かれる傾向があります。

つまり、年上女性の持ち合わせる魅力を理想としている男性がはからずとも多いのです。

そして40代女性の経験値と寛容さがあれば、年下彼氏の未熟な部分を上手に育てる事も可能です。

40代女性と年下彼氏。つまり、お互いが理想の相手になれる可能性を秘めている組み合わせとも言えるのです。

年齢だけの価値観に縛られていては勿体ないですよね。堂々と年下彼氏と恋愛を楽しみましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント