• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

20代女子に教えたい!恋活・婚活の最強の武器になる2つのこと

Date:2013.07.31

「若いうちが有利よ~」なんてそんなこと、今さら人から言われなくても分かっている!と20代のお嬢さん方は憤るかもしれません。

20代のうちは恋愛に仕事に遊びに勉強に、と何かと忙しいから、「結婚」なんて面倒な課題は一旦引き出しの中に納めておいて、30代になってから引っ張り出してきて考えよう、と。そう思っているかもしれません。

でも、知っていてほしいのです。婚活するうえで唯一無二の武器になる2つのことを。

第一の武器、若さ

若さは、武器です。もちろん30代40代でも婚活をして、結婚をしている女性はたくさんいます。でも、そうした女性たちに話しを聞いたところ、「不利を感じることは少なくない」と言います。

例えば、対象年齢。「20代女性対象」「30代女性対象」「40代女性対象」の3つの婚活パーティがあるとしたら、間違いなく男性の参加人数は20代女性パーティに偏るそうです。

アラフォー婚活女性たちは「特に40代を越えると参加できるパーティすら限られてくる」とこぼします。「年齢制限にひっかかって参加できないことも多いし、40代になるとあからさまに参加費用が高くなる場合もある」と。

今は美しい40代女性も増えているのに、何故なのでしょうか?その答えは、美魔女ブームを見た男性がこぼした言葉の中にありました。

30歳に見える美しい45歳か、普通の30歳か

「30歳に見える45歳の美魔女が話題になっているけど、どっちか選べと言われたら普通の30歳がいい」

そう、“若く見える”“若い子に負けない美しさがある”というのは、婚活の場では武器にはならないのです。何故なら、プロフィールを見れば本当の年齢がすぐに分かってしまうから。

「私、よく30歳前に見られるんです」とアピールしても、「いや、あなたの本当の年齢は30歳+10でしょ」とバレバレです。男性は女性の年齢に対して、シビアです。

多くの男性は年齢にこだわり、結婚相手には若い女性を希望する傾向にあります。その傾向は、結婚相談所のノッツェが開催した「お嫁さんにしたい 旦那さんにしたい!総選挙2013」でも顕著にあらわれていました。

婚活中の男女を対象にしたこのコンテストは、エントリーした婚活男女の中から「結婚したい」と思う異性を選び、その異性に投票をするというもの。

このコンテストでたくさんの候補者の中から選ばれたファイナリストの女性たちは、20代が中心でした。候補者には30代後半の方も40代50代の方もたくさんいたのに。もちろん、30歳を越えてファイナリストに選ばれている方もいらっしゃいました。でも、その方たちは30代前半だったのです。

逆に男性は、ファイナリストに選ばれたのは34歳以上の方ばかり。

何故男性は年齢にこだわるのか?

男性が結婚相手の年齢にこだわる理由の1つに挙げられるのが、「子供」です。だって、男性が婚活を始めるきっかけのトップは「子供を欲しいと思った時」ですから。子供を望むから結婚したいと考えるようになった、という男性は多いのです。

でも晩婚化の昨今では、男性が「子供が欲しい!結婚したい!」と思う時期も遅くなってきています。

しかし男性の中では「自分は年齢を重ねていても相手が若ければ大丈夫」という神話が根付いているうえに、「女性は35歳を過ぎると卵子が劣化する」ということが広く知られているので、ますます20代の女性を求める傾向が強まるのです。

第2の武器、仕事

婚活をするうえで武器になるものの2つめは、仕事です。生涯学習のユーキャンが実施した「結婚・週産後の仕事に関する意識調査」によると、約6割の男性が結婚・出産の後も妻には働いて欲しいと思っているそうです。

婚活中や婚活経験のある男性によると、「無職の女性が婚活をしていると、『私は働きたくないので養ってください!!』と言われている気がして怖い」のだとか。将来に結婚を望むなら、これから婚活を始めようと思うなら、まずは仕事から。

それにきちんと仕事をして自立していれば、人生の選択肢が広がります。結婚のカタチについての選択肢も、もちろん拡がります。「働きたくないから」「養ってほしいから」という理由で相手を選ぶと、視野が狭まってしまいますから。

もう今や「仕事か結婚か」という時代ではなく、「ちゃんと仕事してこそ、結婚もちゃんとする」という時代になりつつあるのかもしれません。

婚活とは、人生や自分について考えること

もちろん結婚は、出会ってお互いに好意を持ち、縁があって、するものだと思います。

でも、その第1歩になる“出会い”が、年齢によって制限されてしまうとしたら?プロフィールだけで判断されてしまうとしたら?就活に例えると、履歴書だけで不合格を付きつけられる(または連絡すら来ない)ようなものなのではないでしょうか??

婚活も就活と同じで、武器があるうちに闘った方が物事が有利に運ぶことが多いのです。婚活は自分の人生計画や人生観を見直すことでもあります。「いい人がいたらそのうち」と避けていないで、若いうちから真剣に考えてみてはいかがでしょうか。過ぎ去った時間だけは、戻らないものなのですから。

この記事をシェアする

関連記事