• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

20代1人暮らし。そんな私が実践、成功している節約術!

Date:2013.08.12

女子ってお金がかかりますよね。化粧品も安くないし、洋服だって毎日同じものを着るわけにはいきません。そこで、削るところは削る!見えないところで節約をしている節約女子も多いのではないかと思います。

今回は、私自身が実践している様々な節約術を伝えていきたいと思います。

基本中の基本、ペットボトル水筒

自分の飲み物をペットボトルに入れて持参している女子は、多いと思います。節約のつもりはなくても、ペットボトルは軽いし、手軽に落ち運べる、こぼれないなど、いいことずくめですね。

節約女子としてのお勧めは、お茶のペットボトルを買って、次からは自分で沸かしたお茶を入れるという、パッケージと中身の合わせ技です。これで、毎回買ってきているかのような気分を味わえます。

また、夏に冷たい飲み物が飲みたい場合、前の晩にペットボトルごと冷凍庫に入れ凍らせれば、次の日は一日キンキンに冷えた飲み物を飲むことができます。

顔も、体も、お風呂も、食器もこれ一つ

お風呂用洗剤も、食器用洗剤も、ボディーソープも、洗顔も、石鹸ひとつで補えることを知っていましたか?

石鹸で、お風呂を洗っても洗浄力に問題はない上、手荒れ、肌荒れの心配もありません。食器洗剤も、よっぽど強い油汚れでない限り、石鹸で充分な洗浄力は期待できます。また、ボディーも、顔も、石鹸さえあれば全て洗えてしまいます。

しかし、顔の肌が弱くてという方は、無添加せっけんをお勧めします。無添加せっけんは、香りも色もついておらず、無機質ですが、割と大きなサイズで二つ入り二百円台で購入することができます。

強い洗剤を使って、体にも、環境にも悪そうだな、と気になっていた方にもおすすめです。私自身、このすべてを石鹸で洗っていますが、刺激物の少ない石鹸で顔を洗うことになるため、気になるニキビもなくなりました。

香水よりも香りの持ちがいいボディークリーム

いい香りのする女性は素敵ですよね。だけど、売り場で香水の値段を見てびっくり、こんな値段するんだ!って事ありませんか?だからと言って、安い香水を使うと、安っぽい香りがするのもなんか嫌ですよね。

それに、香水って朝つけても、いつの間にか香りが消えてしまったりして・・・。そんな方におすすめなのが、香り付きボディークリームです。

香り付きボディークリームなら、ドラックストアで何百円単位で購入することができますし、朝、肌に塗りこむだけで、ずっと香りも長続きします。カサつく肌を保湿しながら、香りも楽しめてしまうのです。

新しい下着を買うならビキニの水着セットを

意外に新しいものを買うのに躊躇してしまう下着。なぜなら、普段は人に見えないものだし、ボロボロでもいいよね・・・。なんて気持ちでいたら、いつの間にか年季の入ったボロボロ下着だらけになっている事もありがちです。

でも、新しい下着を買うのももったいないなという人におすすめなのが、ビキニの購入です。今なら夏に向けてかわいいビキニセットがお店で買うことができますし、通販サイトなどでは安くかわいいビキニがたくさん売っています。

なぜ、ビキニのセットがおすすめかというと、水着にもなるし、下着にもなるからです。また、ホルターネックの水着はTシャツや、チュニックの下に着ればかわいい見せブラになります。

紐まで柄の入ったビキニを選べば、紐をティシャツからチラッと見せて、かわいいアクセントにもなります。

また、水着は通常の布でできている下着よりも強く、長持ちします。柄もかわいいものが多く、彼氏に見せても恥ずかしくありません。通常の下着より締め付け感が少なく、楽でいたい人にもおすすめです。

化粧落としはエキストラバージンオリーブオイルかごま油

クレンジング剤って高いですよね。だからと言って、安いクレンジング剤を使ってしまえば、肌に悪そうだし、オーガニックのクレンジング剤がいいのはわかるけど、あれって高いし・・・。

そんな人におすすめなのが、エキストラバージンオリーブオイルか、ごま油でのクレンジングです。気持ち悪―い!とひかないでください。

ごま油はセサミオイルとして、インドでは古くからマッサージに最適なオイルとして認知されています。香りの強い、色のついたごま油ではなく「白ゴマ油」がおすすめです。

香りもなく、こっくりと重いオイルになります。若返りのオイルとも呼ばれる程、アンエイチング効果があると言われています。

また、オリーブオイルは、よくクレンジング剤の原料となったりしています。こちらも、肌を潤わせるオイルとして、ヨーロッパでは古くから親しまれてきました。人工的に作られた、界面活性剤などは一切入っておらず、安心して使えるのではないかと感じます。

ちなみに、この二つのオイルは、日本古来から親しまれている、椿油のようなもので、髪の毛につけて髪をしっとりさせる効果も期待できます。

発汗する入浴剤の代わりに、塩

女性であれば、一度くらいは家のお風呂でダイエットやストレス発散に汗をかきたいと思った事があると思います。そんなとき、効率よく発汗したいですよね。だけど、そのたびに発汗作用のある入浴剤を入れるのも、もったいないし・・・。

そんなときには、塩がおすすめです。塩を一掴みくらいお湯に入れれば、一気に汗をかくことができます。また、塩に浄化作用があるため精神面、肉体面の両面からすっきりと毒素を出すことができます。

塩が邪気を払うのは、塩をまいたり、盛り塩をする事からもわかりますよね。心身ともにすっきりする事ができるので、おすすめです。

節約で、環境にも体にも優しく

いかがでしたか、もうすでに実践している事もあったかもしれません。かわいい女子でいるために、日々女性磨きにお金をかけている女子には節約が欠かせませんね。また、決められた金額以内でやりくりすることに、喜びを感じている女子もいる事でしょう。

節約をすると、売られていて便利なものを買って使うのが当たり前だったけど、別になければなくても大丈夫なものばかりだと気づかされます。本来必要なものは、全て身近にある物でまかなえるかもしれませんね。

また、身近にある物で賄えば、無駄に環境を汚染したり、刺激の強すぎる化学製品を体に着けずにすむような気もしてきます。

この記事をシェアする

関連記事