• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

30過ぎの彼氏が必ず喜んでくれる魔法の言葉5選!

Date:2013.04.22

1.「仕事できるね」

アラサー男子は仕事ができてなんぼだと強く思っています。これがアラフォー男子になれば、社会の構造やら自分の向き不向きがわかってきて、オリジナリティーを追求して「我が道を歩む」ようになります。

テレビでときどき放送されますが、都会のサラリーマンを辞めて田舎に引っ越して自給自足で生きていく決意をするのも、たいてい40代以上の世代です。

30代はどうしても、一定の社会のなかでの上位争いをします。その争いに勝っても負けてもいいのですが、争いをしている男子には「仕事できるね」と言ってあげましょう。たとえできない男であっても「できるね」と言うだけで、男はがんばれるものです。

2.「そんなに無理しなくていいよ」

がんばっている男に「なんで、これだけ残業して、こんなお給料なの?」と言えば彼はがっかりします。「なんで」という理由は男が一番よく知っています。

自分に能力がないからであり、まだ、自分の能力を活かせる場所を知らないからです。がんばっている彼には「そんなに無理しなくていいよ」といってあげましょう。どれだけ彼が癒されることか。

3.「エッチしよ」

女性から「エッチしよ」と誘われたら、アラサー男子はうれしいものです。たとえ疲れていて勃起しないとしても、誘われたという事実がうれしいのです。

自分を必要としてくれているよろこびと、自分を男として認めてくれている喜びと、その2つが男を襲います。明日もがんばって仕事をしようと男は思うのです。

4.「かっこいいね」

定番ですよね。かっこいい男として仕事がバリバリできる。こういう理想の自分像をアラサー男子は持っています。1でも書きましたが、40代になって独自の道を見い出すまで、これはずっと男の真実として存在します。

5.「したいようにすればいいよ。応援しているから」

人はまるごとを受け止めてあげるとすごくうれしいものです。彼がいきなり会社を辞めると言い出した。で?来年私たち結婚するのに、あとの生活はどうするの?結婚資金はどうするの?そういうこと、あなたが聞かなくても彼はすごく考えています。

なにがあっても、「したいようにすればいいよ。応援しているから」と彼に言えば、彼はどんな困難をも乗り越えて、あなたを幸せにしてくれます。多少時間がかかるかもしれませんが、彼が立派になるまでずっと「したいようにすればいいよ。応援しているから」といって見守ってあげましょう。

この記事をシェアする

関連記事