• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

万年メイクにさようなら!パステルカラーが映える30代からのメイク術

Date:2012.05.30

あなたの周りにいつも同じメイクばかりしている人はいませんか?一年中同じメイクをしている人は季節感がなくどこか古臭い印象を持たれてしまいます。

春には春のメイクをすることでファッションも引き立ち、周囲からの好感度もぐんとアップします。この春のトレンドメイクを勉強してまもなく色づき始める街に出かけましょう。

2012の春メイク

今年のメイクのトレンドは「ヌーディー」と「ナチュラル」です。ブラウンやブラックが主流の秋冬メイクから一転、春らしいパステルカラーを引き立てるにはより素肌感を演出することです。

特に今年の春はシャーベットカラーがファッションのトレンドですから、それに似合うように透明感のあるメイクをすることで、ふんわりとしたピュアな印象に仕上がります。

ヌーディーメイクは肌が基本

ファンデーションを重ねている肌はそれだけで野暮ったい印象を与えてしまいます。ファンデーションを塗っていないような自然な肌に仕上げるには化粧下地が肝心です。

肌をトーンアップして透明感を出しつつ毛穴をしっかりカバーする補正力の強い下地を選んでください。マキアージュやポール&ジョーの下地はその点ではおすすめです。

下地がしっかりしているとファンデーションはほんの少量ですみますし、ファンデーションなしでパウダーだけ上からブラシで重ねてもいいぐらいです。

ファンデーションはマット感のあるものよりツヤが残るようなより自然なものを選びます。何と言っても薄付きが基本。今年の春はシミやソバカスが少し見えてしまうぐらいのほうがナチュラルでかわいらしい印象になります。

チークカラーもほんのり上気したような雰囲気に仕上げましょう。

アイメイクはポイント使いで

今年のファッションショーのランウェイではアイメイクもナチュラルです。しかし私たち日本人の目元は、外国人のように濃くはっきりとしているわけではありませんので、同じようなメイクをしては逆効果です。

つけまつげやアイラインは去年よりも控えめに目尻だけに置き、極細のブラックを使用するかよりヌーディーな印象のブラウン系のカラーを使用しましょう。下まつ毛用のつけまつげは思いきってはずす方がより可愛さがアップします。

アイシャドウも少しパールの入ったベージュ系がこの春はマストです。ファッショントレンドのシャーベットカラーをメイクにも取り入れようとするとマッチしすぎで逆にダサくなってしまいます。

メイクには敢えてヌケ感を持たせることがこの春のポイントです。その分眉毛はきりっとしっかりめに描きフェイス全体のメリハリをつけましょう。

ナチュラルな少女ツヤリップ

今年はベージュ系のツヤ効果の高いリップが飛ぶように売れています。今年はリップもよりヌーディーな印象のものが主流なので、顔全体のバランスがのっぺりしてしまわないようにツヤのあるものや立体感を演出するものがリップ選びのカギとなります。

また、ピンクベージュなどの色味の入ったカラーを使用することで少女のような可愛らしさを引き立て、作為的でないより自然なメイクを表現することができます。

いずれにしてもリップはアイメイクとのバランスが第一です。アイメイクにポイントを置いた場合はリップを控えめに、リップにカラーを取り入れるならアイメイクはよりナチュラルを心がけましょう。

ファッションアイテムと同時に春のトレンドメイクもいち早く取り入れ、桜の季節を満喫しましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント