• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

30代のキッチリ女子にゆる~いスキをつくって恋愛ニートを脱出するススメ

Date:2012.06.26

独身30代女子の7割に彼氏がいないという現代。「彼氏なんて時間もお金も無駄」「仕事は私を裏切らない」「しっかり稼いでマンション買って優雅な老後」これって、遠吠えしていませんか?彼氏がいないよりいた方が楽しいに決まっているじゃないですか!

30代に多い恋愛ニート

オーバー30の女子なら誰しも「結婚」を意識しお付き合いを経験したのではないでしょうか?そこで何かでくじけ、あるは、苦肉の選択をして恋愛にニートになるケースが多数です。

30代だから、新たな恋愛に消極的になったり、彼氏のいる生活と今の生活とを秤にかけてしまったり、ともかく守りを固くし過ぎていませんか?

恋愛は「体質」です。繰り返しているうちに、恋をしやすい心と体になります。それは逆に恋愛ニートを続けるならば、恋ができない心と体になってしまいます。

恋愛は楽しい

過去の悲劇を繰り返したくないあまり、恋愛から遠のくなんてナンセンスです。苦しい恋も恋。叶わない恋も恋。身の切れるような切なさ・・・それも、いいと思いませんか?

誰かを好きになると女性の体は正直に反応します。女性ホルモンの働きで、お肌もツヤツヤ、バストやヒップにもメリハリが生まれます。そんなふうに変わった自分をもう一度鏡に映しましょう。

恋愛は楽しいのです。その渦中で経験する苦しさも切なさも全部受け入れる余裕をもって、恋愛をしましょう、経験を積んだオーバー30ならできるはず。

キッチリとスキのバランス

恋愛ニートの女子をみると、いわゆる負け美女です。仕事もキッチリやって、メイクもキッチリ、教養もあって礼儀も知っている。どうしてあの人に彼氏がいないの?と周囲が不思議がるような女子。このタイプ、実は男子に敬遠されてしまいがち。

「出来過ぎの彼女には引く」「いつも緊張しそうでつらい」「癒されない」キッチリ女子には、そんな男子の評価があります。

しかし、30代になって「キッチリ」は見方を変えれば当然です。それなりの社会経験、人生経験を積んでいるわけですから、キッチリしていない方がかえってだらしなく、魅力がない。

要はバランスです。キッチリのなかに「スキ」を意図的につくること、これが恋をつかむ秘訣。

スキとは?

「仕事のできる女性が、ときおり見せるヤンチャなしぐさにドキっとする」こう語る男子がいます。普段はキッチリ系の女子が、時折見せる「あっ!やっちゃった」的な失敗に男子はちょっと魅かれます。その失敗こそが「スキ」。

しかし、正直言って、ちゃんとしている女子には失敗することが難しい。では、意図的でいいのです。かわいい失敗をしてみましょう。

「今朝、出掛けに携帯がどこにあるかわからなくて、探しちゃった。私けっこう、いい加減なのよね」この言葉に「あれ?そういう面もあるんだ」と意中の彼に思わせれば、恋への扉は軽くなります。

キッチリとスキを使い分けて

仕事ではキッチリと、普段はゆる~くスキをつくって。そうイメージは「ホタルノヒカリ」の綾瀬はるか。干物女になるほどスキをつくると、二重人格の疑いを持たれますが、彼の前では、ちょっとだけリラックス。

その方が、女子からしても肩の力を抜いて恋愛できるはず。キッチリとスキは使いわけが大切です。

結婚を意識するならキッチリ多め

恋愛対体質になるためには、ゆる~いスキはかかせませんが、結婚はまた別。キッチリした女子の方が奥様には向いている、と男子は思っています。

家計を預けて、やがては子育てをするかもしれないのですから、そこは当然。お付き合いが深くなるほど、本来のキッチリ面をアピールするもの、脱シングルを望むならおすすめです。

でも、適度なスキは男子はホッコリさせるもの。結婚生活でもお忘れなく。

素敵な恋愛ニートの30代のみなさん、恋愛にはプライドを持ち込まず、ゆる~いスキをつくりましょう。意中の彼が、突きやすいスキを上手につくって、恋愛を謳歌してください。

この記事をシェアする

関連記事

コメント