• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

妊娠がわかったら、夫婦で話しておくべきこと

Date:2013.10.10

妊娠がわかった夫婦は、どんな名前にしようか、どこに連れて行ってあげようかと、楽しい会話で盛り上がるものです。

しかし、まず話し合っておいてもらいたいのが、妊娠初期のママの状態。パートナーの助けは必要不可欠ですから、あらかじめ起こり得るトラブルや、その時にどう助けてもらうのかということを話し合っておきましょう。

産後は精神的に不安定になることを知ってもらう

出産後は急激にホルモンバランスが変わるため、ちょっとしたことで不安になったり、涙がでたり、腹が立ったりするものです。それはマタニティブルーと呼ばれ、少しも珍しいことではありません。

しかし、そんな時にパートナーが非協力的であったり、否定されたりすると、どんどんと追い込まれていってしまうので、パートナーにはそんな時期があるものなのだと、しっかり教えておく必要があります。

例えば産後によくおっぱいがでなかったりすると、母親はひどく落ち込んだりするものですが、追い打ちをかけるように夫や姑などから「ミルクなんて可哀そうだ。母乳が一番」などといわれると、精神的に耐えられません。

また、夜泣きによってまとめて寝ることができないので、体力も低下して、余計に色んなことが辛く感じてきます。また、慣れない授乳で首、肩、背中、腰はパンパンに張ってくるのです。

そんな時期は、子供が寝たら自分も一緒に寝るようにして、体を休めることがとても大切。出産後、子宮などの傷が癒え、また、元の大きさに戻るまでにも1カ月程度はかかります。

ですから1カ月は育児に関わること以外ではやらずに、体を休めておくようにしてください。

里帰り出産をするのであれば、1カ月程度は家事は家の人にやってもらい、自分は育児に専念することもできますが、帰宅後や、里帰りしない人にとっては家事と育児の両立はとても大変。

しかし、パートナーにはそのような辛さはなかなか分かってもらえず、孤独感を感じることもあります。さらに生真面目な人だと家事もしっかりこなそうとするため、ますます追いつめられて産後うつに進行してしまうこともあるのです。

産後うつにまでなってしまうと、育児もままならなくなり、さらに回復にも時間がかかってしまいますから、精神的なゆとりがもてるようにパートナーの協力は不可欠。

そういったことを産前に話しておかないと、出産後は気持ちも高ぶっているため、けんか腰になってしまったりしてうまく伝えることができません。出産前にあらかじめ、パートナーはどのような協力ができるのかということをぜひ話し合ってみてください。

パートナーには強制的に育児に関わらせる

また、出産後、新生児は検診など必要最低限以外は外に出さない方がよいため、自分も必然的に外に出られなくなります。話すこともなく、外にも出られない生活は意外とストレスがたまります。

パートナーには帰宅後、なるべく一緒に会話できる時間をとってもらったり、休日には赤ちゃんを見ていてもらい、マッサージに行ったり、1人でゆっくりできる時間を作ってもらいましょう。

大変な育児期間に、パートナーに言われた心ない言葉や、非協力的な態度はなかなか忘れることができず、夫婦関係にひびを入れることがあります。また、育児が大変なのは赤ちゃんの時期だけではありません。

夜眠れないといった辛さはなくなっていきますが、大変さの内容が変わるだけでずっと続いていくのです。ですから赤ちゃんの時期からしっかり育児に関わってもらうということを覚えてもらうことがとても大切。

男性にとって育児は“お手伝い”の範囲をなかなか越えられません。それを証拠に“イクメン”などという言葉がありますが、育児をするのが当たり前な女性は“イクウーメン”などとは呼ばれません。

お腹の中で子供を育てていく女性と違い、男性はパパになるという自覚は少しずつ育っていくといわれますが、待っていても勝手に育つものではありませんから、強制的に関わらせていくようにしていきましょう。

産後のセックスについても話しておく

もうひとつ出産前に話しておきたいのが、産後のセックスのことです。出産後は膣周辺も傷ついていますし、ホルモンバランスの変化や疲れで、女性にとってはしばらくその気になれないこともあります。

女性にとっては子供が一番になりますが、男性は口では言わなくてもやはり自分を一番に思って欲しいという感覚があるようです。ですから子供が生まれてあまりかまってもらえず、さらにセックスまで拒否されると、すねてしまうことも。

ですから、あらかじめしばらくはその気になれない時期があるかもしれないけど、それも出産後は自然なことだというのは伝えておいたほうがよいでしょう。

この記事をシェアする

関連記事