• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエットの強い味方にもなる!栄養たっぷりアボカドとカロリーについて

Date:2012.12.06

アボカドは色々な料理に使うことができますよね。わさび醤油でそのまま頂いても美味しいですし、サラダやパスタなどにも入れても美味しいですよね。そんなアボカドは、実は脂肪分が大変高く、アボカドひとつあたり31g程度、果実全体の約16パーセントほど含まれています。

やはり、そのためにカロリーはひとつ当たり220キロカロリーほどはあるようです。そう考えると、ダイエットの敵ではないかと心配してしまうのではないでしょうか。でも、待ってください!アボカドは実はとても栄養価に優れた、健康食品でもあるのです。

そしてダイエットに効果的な成分もたっぷり入っています。ここではそんなアボカドの魅力とアボカドをダイエットに利用できる栄養素とその効果について触れていきたいと思います。

アボカドの不飽和脂肪

アボカドは脂肪分が多いのですが、実はその脂肪分は良性なのです。この脂肪は不飽和脂肪と呼ばれ、コレステロールが低い脂肪となります。そのため、おなかに脂肪がつきにくいのです。

つまり、アボカドをを食べることで、必然的にコレステロール値を下げることとなり、おなかの脂肪を減らし、ストレスホルモンであるコルチゾールを身体の中で過剰に作り出すのを避けてくれるのです。そう聞くと摂取しても悪くない脂だと分かってもらえるかと思います。

豊富なカリウム

アボカドはカリウムが豊富です。通常サイズのカリフォルニア産アボカド1個当たり、約880ミリグラムのカリウムを含んでいます。カリウムは水太りを防ぎ、体脂肪を減らす助けをしてくれます。

また、カリウムは食べ物をエネルギーに変え、筋肉の成長を促すので、体重を落とすのに有効的なのです。

一般的に、成人は一日に1600ミリグラムから3500ミリグラム程度のカリウム摂取が推奨されています。他の食べ物とあわせてアボカドを摂取して、効果的にカリウムを摂取できたら理想的ですよね。

L-カルニチンの宝庫

アボカドはメタボリズムを解消するのに欠かせないL-カルニチンを沢山含んでいます。L-カルニチンは人間の体内に自然に作られるアミノ酸です。このアミノ酸は身体の脂肪の新陳代謝を助け、脂肪の減少を促します。

そして、筋肉細胞にエネルギーを作りだすのを増強させ、脳内の血のめぐりを良くする働きもあります。

また、L-カルチニンは中性脂肪を減らし、心臓を保護してくれる良性のコレステロールを増やしてくれるのです。脳内での脂肪酸化を防ぐことで、パーキンソン病やアルツハイマーにも効果があるといわれています。

ストレスを減らすビタミンB

ストレスレベルが高いと、食べ過ぎたり、体重が増えすぎてしまったりする結果に陥るという研究結果も出ています。これを避けるにはストレスレベルをコントロールするしかありません。このストレスコントロールが成功するダイエットの鍵を握っているのです。

そこで、アボカドの出番です。アボカドにはビタミンBが含まれており、これはストレスを早く減少させてくれる効果を有しているのです。この作用こそ健康的な神経と脳細胞を保つために身体が必要としているのです。

食事にビタミンBを加えることで、ストレスを減らすホルモンが分泌され、欝の危険性も低くなるという効果まで期待できます。

食物繊維

アボカドを摂取することはダイエットに必要な食物繊維を食生活に取り入れる、一番よい方法のひとつと言えます。アボカド1カップ分は10グラムの食物繊維を含んでおり、それは一日の食物繊維の必要量の40%にも値します。

そして、食物繊維が豊富な食べ物は繊維で中身が詰まっているため、身体がその食べ物を消化するためにより一生懸命働かなくてはいけないという特徴があります。そして、身体が食べ物を消化させようと働けば働くほど、体内のカロリーは消費されるということになるのです。

また、食物繊維を多く含むアボカドを食生活に取り入れることで自動的に食べる量が減り、おなかが減るまで時間がかかるという利点もあります。

更に、アボカドの食物繊維10グラム中、7.5グラムが不溶解性の食物繊維となっており、このタイプの食物繊維は大腸に水を継続的に流し、消化のプロセスを簡単にするのです。食べ物の流通が早ければ早いほど、腸の動きが規則的になり、体重の減少に役立つわけです。

アボカドの消費をコントロールしよう

ここでは沢山のアボカドの栄養やダイエットへの利点を紹介してきましたが、それでも摂取カロリーをオーバーしすぎないようにアボカドの摂取をコントロールすることが重要となってきます。ご存知のように、余分なカロリーは消費されないと蓄積されて脂肪となってしまいます。

そこで、アボカドをより沢山摂取しても体重を増やさないための一番の方法は肉や乳製品をアボカドに代用するという方法があります。アボカドは森のバターと呼ばれており、バターの代わりに料理に用いることもできます。

ダイエット中でもバターを使いたい、という場合はアボカドに切り替えてみてはいかがでしょうか?

例えば、ケーキを焼くとしても、ビーガンこと完全菜食主義者がよく利用するように、アボカドを通常のバターの代わりに用いることで、余分な油分とカロリーをセーブすることができるのです。是非アボカドを上手く利用して、ダイエットや健康管理に役立てていってください。

この記事をシェアする

関連記事