• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

嫌なベトベト髪から卒業しよう!脂性の髪の毛のためのケアと対策法

Date:2014.11.26

脂性の髪の毛の方は、1年のうちでも梅雨や夏の間は特に憂鬱に感じるのではないでしょうか。気温が上がり、放っておいても汗が出てくるような季節に、追い打ちをかけるかのように髪の毛がオイルでベトベトしてしまうと、ストレスのほかの何でもありませんよね。

今は色々なヘアケアプロダクトも発売されていて、オイリーな髪質用のものもいくつもあります。それを試すのも勿論なのですが、色々あってよくわからない…そう思われる方、オイリー肌にあったケアを家で簡単に試したり、どんなものが有効なのかお勉強してみませんか?

1. シャンプーをしっかりと

髪の毛がベタベタするということは、頭皮からオイルが過剰に分泌されているということです。それをケアするにはやはりシャンプーです。頭皮を清潔に保つためにも、毎日シャンプーをしてあげましょう。

ただ、そのシャンプーもどのシャンプーでもOKというわけではありません。「すっきりしたいから」という理由で洗浄力の高いものを使うと、逆に必要な皮脂まで洗い流してしまい、更に皮脂を分泌させてしまって髪の毛がベトベトになってしまいかねないのです。

そこで、お勧めなのが石鹸シャンプーです。また、一般的なシャンプーはシリコンシャンプーなのですが、頭皮をコーティングしてしまわない、ノンシリコンのものをお勧めします。刺激が少なく優しく洗い上げるアミノ酸系の物であれば更に良いでしょう。

また、必ずシャンプーは丁寧に行い、すすぎ残しがないようにぬるま湯でよく洗い流しましょう。シャンプーが頭皮に残ると、頭皮の毛穴が詰まったりしてしまいます。

2. レモン汁

レモン汁はベトベト髪によく効きます。

1.まず水をカップ一杯に対しにレモン一個分のレモン汁を入れ、これで髪の毛をすすぎます。

2.そしてそのまま少し置いたら、髪の毛をぬるま湯で洗い流しましょう。

頭皮がさっぱりするのがわかるはずです。

3. リンゴ酢

美容に良いと人気のリンゴ酢ですが、オイリーな髪の毛にも良いのです。

1.シンクや洗面器に水を貯め、そこにリンゴ酢をカップ4分の1ほど入れます。

2.そこで髪の毛をすすぎ、少しそのままつけておいてみてください。

3.その後ぬるま湯で洗い流してみましょう。

4. ビール

髪の毛にビールというと脱色というイメージがある方も多いかと思いますが、実はビールのリンスは髪の毛に良く、健康な髪の毛を作ってくれます。また、髪の毛のオイルにも良いのです。

5. アロマオイル

色々と健康効果、美容効果があるアロマオイルですが、これは髪の毛に関しても同じです。

おすすめは…

・ユーカリ
・サイプレス
・クラリセージ
・シダーウッド
・ナツメグ
・イランイラン
・ゼラニウム
・レモングラス

などです。

これらは主に皮脂の分泌を抑えてくれたり、爽快感を与えてくれたり、肌を清潔にしてくれるなどの効果があります。

シャンプーやコンディショナーに数滴混ぜたり、水に数滴たらしたもので髪をすすいだり、薄めたものをヘアトニック代わりに使うなど、色々な方法で髪の毛に使うことができます。

6. 食生活を見直す

実は髪の毛が脂性の方は、肌も脂性だったりします。それは食生活が原因になることもあるのです。

油こってりのファーストフードや揚げ物を食べたり、砂糖たっぷりのスウィートを食べたりする機会が多いと、髪も頭皮もべたつきがちになります。バランスの取れた食生活を送るようにしましょう。

7. ストレスを溜め込まない

ストレスは万病の元と言います。これは髪の毛に関しても同様です。ストレスでホルモンバランスが崩れ、頭皮に皮脂を過剰に分泌させてしまうということもあります。「体質だから…」などと諦めず、自分にストレスがないか見直してみましょう。

自分がストレスを強く受けていると分かったら、適度にエクササイズをしたり、リラックスする時間を作る、睡眠時間を多くとるなど心掛け、少しでもストレスを解消できるように努力しましょう。

この記事をシェアする

関連記事