• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

アヒル口に自撮り、可愛い仕草を真似していいのか何歳までか

Date:2012.09.19

女性であれば、いつも若々しく、可愛らしくいたいもの。その為、自分の年齢相応のものだけでなく、若い女の子の真似をしたくなることだってありますよね。ファッションや仕草、行動すべてが若い女性はキラキラとしているようで、楽しんでいて、本当に戻れるものなら戻りたいものです。

しかし、それ、本当に真似していいことですか?自分だけがよくても、周りの人から見たら「イタイ人」になっているかも…。真似していいいこと、してはいけないこと、どんなものがあるのでしょう。

「イタイ」=痛々しい!痛々しいのは年齢相応じゃないから

「イタイ」とは「痛々しい」の略語です。女性が周りの人から痛々しいという印象を受けるのは大体、「服装が年齢に合っていない」「変に若作りをしている」という時です。

ファッションではやはり20代に合う服、30代に似合う服と自分の年齢に合った服を着ることが大事です。特に20代では明るい色使い、アシンメトリーな形、ポップな柄、露出度の高い服など、自由に様々なファッション要素を取り込むことが出来ます。

もちろん30代以上でも着てはいけない訳ではありません。しかし30代以降になると既婚の人も増えます。既婚の女性が奇抜なファッション、露出度の高い洋服はどうでしょうか。似合う似合わないではなく、女性に節操を求める男性は少なくありません。

セクシーなデザインと思って着ていても、男性から節操がないと思われては本末転倒。大胆セクシーだけがアピール方法ではありません。隠しつつも見せる、大人セクシーを取り入れましょう。

自意識過剰は「イタイ」アヒル口、自撮りに注意

つい先日、ある離婚歴のある女性タレントがブログに掲載した写真がネットで話題になっていました。胸元を大きく強調したワンピースにアヒル口、自分で撮影したと思われる写真には「セクシー」「可愛い」などのコメントが寄せられていますが、他のネット掲示板などでは「子持ちなのにこんなに露出して…」「アヒル口が必死でイタイ」などの辛辣なコメントが寄せられています。

彼女の場合は子どもがいる母親であるという点でバッシングの対象になっていますが、ポイントは「過度な露出」「アヒル口」「自撮り」の三点です。露出については前述していますが、「アヒル口」「自撮り」の二点についてはどうでしょうか。

まずアヒル口。若い女性タレントやモデルを中心に男性にも人気があるしぐさのようです。しかしやはり若い女性のモテしぐさとして流行っているものでもありますし、年齢層が上の人にはあまり受けないという指摘もあります。その為、アヒル口をやっている本人の年齢によっては「イタイ」しぐさになってしまうようです。

次に「自撮り」は携帯やスマホを使って簡単に出来るかつ、芸能人のブログのようにTwitterやフェイスブックのようにアップする環境があるので誰でも取り組みやすいものです。女性芸能人のブログには当然のように載っている写真なので、身近な女性が真似していたら「芸能人気取りか」と、あまりウケはよくありません。

ファッションと違って年齢には関係のない行動ですが、芸能人とは違いますから「自意識過剰」ととられてしまいます。SNSに掲載するのなら、誰かに撮ってもらった写真や被写体だけを掲載した方がよいと言えるでしょう。

最後に

女性が周りから見て「イタイ」と思われるのは、年齢に合っていない行動や服装をしている時です。それから、節操のないと思われるような仕草や行動です。特に既婚者は未婚者に比べると周囲の人からの視線が強くなるものです。

とはいえ、若い女性のポイントを自分に取り入れて若々しく過ごす気持ちは大切なので年齢にあった服装、節度のある行動を心がければいつまでも若々しくいることが出来ます。

この記事をシェアする

関連記事

コメント