• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ゴルフ初心者の女性でも出来る!アイアンで飛距離を伸ばすコツ

Date:2012.12.10

アイアンの基本

アイアンはドライバーよりもボールの芯をとらえやすく設計されているものです。では、なぜアイアンで飛距離が出ないのか?ボールをすくい打ちしているからです。アイアンのヘッドは傾斜角度がそれぞれの番手ごとにつけられています。

9番アイアンやピッチングになると、ほとんどボールをすくって打ってもいいのではないかと思えるくらいの角度になっています。その角度に救いを求めて、ボールを下からすくって打つから、アイアンの飛距離は伸びないのです。土を掘り返してボールは飛ばないというダサい結果になります。

ドライバーであろうとアイアンであろうと、クラブヘッドはボールの右上をしっかりと打つものです。振り上げたアイアンを、素直にボールの右上に当て降ろすという意識でアイアンを扱いましょう。そうするとアイアンに設定された飛距離はちゃんと出ます。

傾斜のある場所でのアイアンの扱い方

傾斜がある場所で、どのようにアイアンを扱うべきか?これは「ゴルフがうまいおっさん」でも、なかなか練習していないことです。そもそも、ゴルフの打ちっぱなしに傾斜のある場所などありません。平らな場所からボールを打つのみです。

傾斜のある場所でアイアンを打つのは、ハッキリ言って勘です。勘を育てるのは、これまた身も蓋もない意見ですが、練習がものを言います。左足下がりの傾斜、つま先あがりの傾斜……いろんな場所があります。

打ちっぱなしで漫然とボールを打つのではなく、たとえば9番アイアンを少し短く持ったら、私の打ったボールはどこに向かって飛んでいるのか?そういうことを練習中にしっかりと見ておく必要があります。

「中学時代、バスケットボールをやっていた」とか「バレボールを今でもやっている」という女性は、この勘が優れています。男子が見ていてもほれぼれする小技を使ってきます。

勘はセンスみたいなものですが、運動神経がなくとも勘を働かせようと思えば、練習場で自分のアイアンスイングとボールの行方をしっかりと見ておきましょう。

この記事をシェアする

関連記事