• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

アイブロウで顔の印象は決まる!バランス良くメイクするポイント

Date:2013.10.21

アイブロウの形や色で、顔の印象が変わります

表情と同じくらいアイブロウで顔の印象は変わります。アイブロウがくっきり濃く上がっていると、強い人の印象が大きくなります。薄いアイブロウで下がっていれば・・優しい人の印象になります。

例えば、自分の顔がキツイ印象なのでもう少し柔らかくしたい・・という場合にはアイブロウでソフトに。自分の顔がふわふわ系なのでシャキっとキリっとさせたいということであればきっちりタイプのアイブロウに・・・というように、顔のイメージに大きく影響します。

アイブロウ専門のサロンも、アメリカから進出してきて定着しているところをみると・・メイクでの重要ポイントであることははっきりしています。

一般的にその人の顔に一番ナチュラルなアイブロウは?

まずは、一般的なアイブロウのポイントです。基本中の基本としてチェックしてみてください。

①眉山の一番高い部分を、目尻の真上あたりに設定します。

②そこから細く、あまり長くならないようにゆるいカーブで流しフェイドアウトさせます。

③眉頭は少しぼかします。眉頭がくっきりしてしまうと、「貼り付けた眉」感が高くなってしまいます。

④瞼の上からアイブロウまでの無駄な毛は毛抜きで抜くようにします。レザーを使っている方もいらっしゃるかもしれませんが、二日くらいでカット表面のぶつ切りの毛が生えてきてしまうので、抜いたほうが次に生えてくるにしても目立ちません。

⑤長すぎる部分はアイブロウ用のはさみでカットします。このポイントさえ、気にかけていれば・・・大きくハズしたアイブロウにはならないはずです。

もともと眉の薄い方は

アイブロウがとても薄い方・・大丈夫です。アイブロウ・ペンシルとブラシ付きアイブロウでナチュラルに仕上がります。

ただ、眉頭だけくっきり描かないように上手にぼかしながら・・どちらかといえばペンシルでくっきり描くよりブラシで流れをつくりながらやってゆくと、逆に眉毛がもともと濃い人より上品に仕上がります。

もともと眉の濃い方は

もともと眉の濃い方はラインより、はみ出した部分の毛を抜くかカットしてから、アイブロウを描いてください。

それから、レザーでカットした場合二日くらいでカットした部分から眉が生えてきますので、毛抜きで抜くよう心がけてください。カットした部分から生えた毛は濃くて目立ちます。

鼻の下同様、不必要な部分の生えてきた毛は、メイクの仕上がり以前の問題で残念すぎるポイントです。それから・・ふさふさ長すぎる眉毛も短めに流れるようにアイブロウ用のハサミでカットしてください。

アイブロウの色は・・

アイブロウの色は基本的に髪と同じ色がよいです。髪が極端に明るい色の人は、少しトーンを落としてください。

アイブロウ・スパイラルに注意

注意しなければならないのが・・・。不思議なもので、アイブロウは気にすれば気にするほど、形が決まらなくなって迷走してしまう・・というマジックがあります。

どうしても、左右が違ってしまって同じようにしようと・・手をかけているうちに自分の眉をほとんどなくしてしまったり。

自分の顔に本当に合っている、アイブロウの形を追求していくうちに・・細くなったり、少し太くなったり・・濃くなったり。結局、周りの人から最初のナチュラルな感じが一番よかった・・・などと言われてしまったり。

メイクは全体のバランスです。一つのことにこだわりすぎないで・・

アイブロウはあくまでアイブロウ。顔の印象を左右するのでとても重要とはいえ、アイメイクやスキンケアなどとミックスして顔全体としてとらえ、決してそこに固執したりアイブロウ模索ワールドにとりこまれてしまわないように。やはり、メイクもバランスですから・・。

この記事をシェアする

関連記事