• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「うぶ眉」「ゆるふわ眉」って何?ちょっとしたアイブロウテクでイマドキ眉に

Date:2013.10.07

うぶ眉?ゆるふわ眉?

今の旬は、愛されメイクですが、愛されメイクにマストなのが、『うぶ眉』『ゆるふわ眉』です。やさしいほんわかとした雰囲気を作るのが、ちょっとしたアイブロウテクニックで手に入ります。

必要なテクニックは難しい事はないので、ちょっとしたコツを使って、愛され顔を手に入れてみませんか?

『ゆるふわ眉』は、ナチュラルな雰囲気で、太めで、全体的に柔らかいラインを描きます。と言っても、ナチュラルなままでは、ぼさぼさした眉なら野暮ったい感じになりますよね?当然、ブラシでラインを整えて、余分な部分はハサミや毛抜きで整えます。

それから、明らかに不足している部分があれば、アイブロウペンシルで書き足します。全体をアイブロウパウダーで眉頭から、眉尻にかけて、柔らかいラインを描いていきます。

最後にぜひ使ってもらいたいのが、アイブロウマスカラです。まつ毛につけるマスカラではないですよ?眉に使うマスカラです。髪に近い色を選ぶと良いでしょう。最後に、アイブロウマスカラで毛流を整えながら、、淡い色を付けていきます。

これで、ふわっとしていて、優しいラインの眉が描けます。しかも、アイブロウマスカラのおかげで、アイブロウ全体が、色落ちしにくく、汗をかくような暑い日も、寝る時まで綺麗な眉が維持できます。優しい眉を手に入れて、愛され顔をゲットしてください。

最近の眉メイクアイテム

眉メイクというと、最初に思いつくのは、アイブロウペンシルかもしれません。使いやすくて、誰でもポーチに一本は入っている事でしょう。しかし、最近のアイブロウペンシルは、今までのものと少し違うタイプのものが増えています。

化粧品口コミサイトで人気No.1のアイブロウペンシルは、KITEの極細タイプです。それ以外にも、ここ数年、幅広タイプの人気が出てきています。

極細タイプは、毛を一本一本書き足すように使うのに便利で、繊細なラインを書くことができます。書き足すライン一本で、眉は全然違う印象になってしまいますから、どれだけ繊細なラインが書けるかは、メイクする女性なら、実感としてよくわかると思います。

そして、最近人気の、幅広タイプは、厚みが薄く、幅が広くなっているアイブロウペンシルです。

これは、幅の広い方で、淡い幅の広いラインが描きやすく、また角度を変えて幅の狭い方で描けば、極細タイプと同じように、繊細なラインを描くことができ、二つのタイプの良いところが一本で使い分けることができるため、使いやすいと評判です。

アイブロウパウダーって便利なの?

そして、次に、アイブロウパウダーについてです。

ペンだけで眉を描くと、ラインがしっかり描けてしまう分、はっきりしたキツイ顔に仕上がってしまいますが、今人気の柔らかいラインを描くためには、アイブロウパウダーを使って、柔らかいラインを作るのが、イマドキメイクのマストテクニックです。

最初は使いにくいかもしれませんが、ぜひ持ってない方は手に入れてみて、アイブロウを描くときに使ってみてください。

ふわりとしたパウダーのラインで、ふとめだけど、やわらかい、ナチュラルで優しい雰囲気の眉に仕上げてくれるのに、力を発揮してくれますよ。

そして、仕上げに、アイブロウマスカラを!

さて、アイブロウペンシル、アイブロウパウダーで作り上げた眉を、最後整えて、あか抜け眉にしてくれるのに、とっても便利なアイテムが、アイブロウマスカラです。

全体を作り込んだナチュラルな眉の毛流を最後に整え、髪をカラーリングしている人にとっては、髪の毛の色と、眉の色をあわせる効果があります。使ってみるとわかりますが、最後のこのひと手間で、眉の仕上がりが全然違ってきます。

イマドキ眉を目指すのであれば、外すことの出来ないアイテムなので、ぜひぜひ使ってみて、その実力を体感してみてください。

眉は顔の額縁と言っても過言ではありません。眉の描き方一つで、あか抜けメイクにも、ダサメイクにもなります。新しいアイテムで、『ふわゆる眉』をゲットしませんか?

この記事をシェアする

関連記事