• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

アイドル好きの彼氏には嫉妬はご無用と思っている方、要注意です!

Date:2014.05.02

アイドル好きの男性って最近多いですよね。ネット、ライブなどで好きなアイドルを見てはしゃぐのは悪いことではありません。むしろ微笑ましい行動です。

しかし、もし自分の彼氏があなたのことを二の次にするくらいアイドル好きだったとしたらどうですか?

なるほど、「アイドルは現実の世界とは違うから、アイドルと直接知り合えるわけでもないし、私はべつに心配していないし嫉妬もしていない」と思う人もいるかもしれません。でも、ここが要注意ポイントなのです。

アイドル好きの彼氏に嫉妬はご無用と思っている女性は意外と多いようですが、アイドル好きの彼氏だからこそ、彼女であるあなたが気をつけなければいけないことがたくさんあるのです。

つらいのは、「アイドルばっかり夢中になって、どうして私のことは心配してくれないの」と責めてしまうと、あなたが悪者になってしまうということです。

そしてアイドル好きの彼というのはあなたに責められれば責められるほど、夢の世界に夢中になる可能性もあります。ここではそんなアイドル好きの彼氏に関して気をつけなければならない点を挙げていきたいと思います。

「アイドルは苦労しているのにお前は苦労していない」と本気で思われる可能性が

アイドル好きの彼氏をお持ちの皆さん。最近のアイドル事情は知っていますか?最近のアイドルたちって、表舞台で笑っているだけの存在ではなくなっているんです。そう、最近のアイドルは「苦労」を売り物にしているケースが多くあります。

たとえば、デビュー前の苦労話だったり、デビューしたいまでもかなりの苦労をしている…。

そしてこういう話を普通にファンの人たちの前でする傾向にあります。そうすると、ファンの人たちは「苦労してきたアイドルたちを何とか応援してやりたい」とますます燃えてしまうわけですが…。

ここで要注意。アイドルに夢中になっている彼氏さん。あなただってかまってほしくて、アイドルグッズを買うくらいなら私をどこかに連れていってほしい、と思うことだってあるでしょう。

しかしそんなことを言うと、彼から「アイドルはとても苦労してここまでがんばってきたのに、お前は全然苦労していない」と思われてしまう可能性があるのです。こんな理不尽な話はありませんよね。

あなただって、たくさんがんばって今の生活を築いてきたのに、さもアイドルのほうがたくさん苦労してきたみたいに言われて。でもアイドル好きの彼氏というのは、本当にこのような失礼な勘違いをする可能性があるのです。

守ってやらなきゃと思う対象からどんどんあなたが外れていく

さて、アイドル好きな彼氏に対して気をつけなければならないことがあります。それは、あなたが強気な女性であることをアピールしすぎないということ。これ大切です。

彼の中で、アイドルというのは応援してあげなきゃいけない存在となっています。そこであなたが「アイドルだけじゃなくて私のことももっとかまってよ」と言うと、彼の中であなたがとても強気な、強引な存在としてインプットされてしまいます。

もしかまってほしいと思うのならば、弱い女性を演じなくてはなりません。

アイドル好きな女子との話のほうが楽しくなってくる

さて、アイドル好きな彼は、現実の世界で女性と親しくなる可能性が低いから安心と考えているあなた、気をつけましょう。アイドル好きな女性が増えていることを知っていますか?

ネットで知り合ったり、ライブで知り合ったりして、いくらでもアイドル好きな女子と知り合うチャンスってあるんです。

しかもお互いアイドル好きときたもんだから、話も合うし、お互いの趣味に対する理解もあるでしょう。仲良くなって急接近なんてことも、ありえます。

グッズなどを隠すことから、あなたに対しての隠し事も増えていく

アイドル好きな彼。当然アイドルグッズも自然と増えていくでしょう。そしてそのグッズを彼があなたに見せないために隠すようになったら要注意です。隠す、ということは、あなたに対して後ろめたい気持ちがあるということ。

そのままにしておくと、カップルとしての絆にどんどん亀裂が走ります。グッズを隠さなくてもいい、むしろ「そのグッズ可愛いね」と言ってほめて、一緒に楽しんでしまうくらいの朗らかさを発揮していきましょう。

折り合いをつけ、むしろ楽しみましょう

アイドル好きというのは悪いことではありません。でも趣味に夢中になりすぎてあなたのことをほったらかしにするのは、お互いにとってよくありません。しかしだからと言って、アイドルの悪口を言うのはあなたの評価まで下げてしまう可能性もあります。

アイドルやグッズのことを否定しないで、むしろ「私にもアイドルのこと色々と教えてよ」と積極的に参加するという姿勢を彼に見せられるかどうかで、今後の絆も変わってくると思います! 

この記事をシェアする

関連記事