• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夫婦間のマンネリがやって来た時こそ、愛情再確認のチャンス

Date:2013.02.10

好きな人が現れて想いが通い合い、数年の交際後に結婚・・・新婚と呼ばれる数年間は何もかもが新鮮で輝きに満ちていたのに、ふと気づけば相手の顔さえ見ずに日々を過ごしている夫婦は多いものです。

人は慣れることで安心を得ると同時にマンネリも手にしてしまうのです。マンネリだから夫婦間のズレは仕方ないと諦める前にこれからご紹介する方法を試してみてはいかがでしょうか。

感謝を言葉で表す

家族や夫婦の間では何においてもして当たり前、されて当たり前だからお礼は伝えないと言う方が多いようです。しかし、「ありがとう」という感謝の言葉を聞いて嫌な気持ちになる人は居ないのではないでしょうか。

マンネリだからこそ、お互いの存在を尊重し居てくれることやしてくれることに感謝し、言葉で伝えてみてはいかがでしょうか。

積極的にスキンシップをとる

マンネリした夫婦は、スキンシップの回数が少ないと言われています。付き合っていた頃は手を握るだけでもドキドキしていたのに、今は何の感情もないなどと諦めず、もう一度触れることから始めましょう。

朝、送り出す際や帰宅後の労いにプラスして、肩に触れるなどの軽いボディタッチから徐々にスキンシップをとり、最終的にはキスやハグを目指しましょう。

お互いにトキメキを感じていた頃の音楽を流す

音楽は当時の想いや出来事を思い出す時に最適なアイテムになります。二人で聴けばマンネリの気持ちから当時の気持ちへ心もタイムスリップ出来るかもしれません。「あの頃は、〇〇店へよく通ったね」などと当時行っていたお店に足を運ぶきっかけになるかもしれません。

また、相手に対する気持ちを思い出し、相手にも思い出してもらうためには、まず自分から伝えることです。「当時こういうことがあってあなたのこういう所が好きだった」など直接想いを伝えてみましょう。

マンネリを認め合う

マンネリに限らず、夫婦の問題は認め合い、話し合うことが重要です。相手を好きな気持ちは変わっていないと言うことを確認し合うことで、マンネリから抜け出す努力を二人で始めることが出来ます。

最後に

ご紹介した方法は、マンネリ中のカップルにもお勧めの方法です。気持ちが別な方向を示していない限り、二人の間にある愛情はいつも傍にあるのです。

マンネリになると相手に対しての不満ばかり募るものですが、見方や考え方を少し変えるだけで二人の関係も変わるものです。まずは、自分から行動を起こすことです。パートナーへの愛情を改めて確認し、再恋愛してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事