• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

愛情の種類が「重たい女たち3選」とライトな女性になる方法

Date:2012.12.22

彼女なのにここまでする?という女房肌な女性のタイプは実は男からこうやって見られているかも!あなたもやりすぎには要注意かもしれませんよ!

1 「留守の間に洗濯して、ご飯をつくっておきました。冷蔵庫のタッパー見てね」

もちろん、洗濯や掃除をしてくれることに感謝はしているのですが、結婚しているわけでもないから、そこまでして欲しくないなあと思います。

うちの家庭は両親とも働いていたので、家に帰ってご飯がなくて当たり前でした。洗濯もしてくれてご飯もつくってくれるって、ありがたいけど、結婚を迫られているようで、素直に「ありがとう」と言えません。(29歳・自動車販売)

とりあえず、留守中に彼の部屋に入るのは控えましょう。たとえ合鍵を渡されていたにしても。

2 「終電に間に合わなかったら、お兄ちゃんに車出してもらうけど、どうする?」

僕は彼女のお兄ちゃんなる人と面識がないのですが、彼女は会社の飲み会で遅くなった僕に必ずこういうメールを送ってきます。しかも11時30分から終電に乗るまで5回くらいメールをしてきます。

時々、会社の仲間とキャバクラに行って羽を伸ばしていたりもするのですが、そういう時にこのメールが来ると、「重たいなあ」と思ってしまいます。自由そうに見えるキャバ嬢が一瞬まぶしく見える時です。(27歳・損保営業)

男は「仕事の都合=自分の都合」で、ある程度自由に生きていきたい生き物です。心配だから即電話をするのではなく、一呼吸置いてから電話をしましょう。

電話をしないでも、彼はオトナなので、無事に家に帰っている可能性のほうが高く、翌朝に「昨日、ちゃんと帰れた?」とメールを入れるだけでOKなのでは?

3 「ちゃんと薬飲んだ?」

電話口でちょっと風邪っぽい声で僕が喋っていると「風邪ひいたの?」と母親のようなコメントが。風邪ではないと言っても、電話を切った後「ちゃんと薬飲んだ?」と何回もメールが来ます。返信しなかったら「心配」という短いメールが来ます。(30歳・ガソリンスタンド経営)

これも、24時間後くらいに「風邪、だいじょうぶ?」などと、シンプルにメールするだけで良さそうです。本当に高熱が出てどうにもならない時は、ヘルプの連絡を彼のほうからしてくるでしょう。

いかがでしたか?過保護や溺愛の結果、ろくでもない大人になった人というのは、「過」保護や「溺」愛を「虐待」ととらえているからであり、愛情を注ぐ側にも節度というものが求められます。

虐待ほどひどくは思っていないにしても、男は常に「適度に放っておいて欲しい」と思っている生き物です。だから束縛する女性は別れがはやくなるのです。

多くの心理学者も「最高の愛情とは適度に放っておくことである」と述べています。今日から少しだけ放置プレイを楽しんでみてはいかが?

この記事をシェアする

関連記事