• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

好きな人に「愛してる」と伝えていますか?言葉が与える効果とは?

Date:2013.08.12

彼氏やご主人など好きな人に「愛してる」と言葉で伝えていますか?「わざわざ言葉にしなくても態度でわかっているはず」と気持ちを伝えないより、しっかり愛の言葉を伝えたほうが二人の距離が近づくことは御存知でしょうか。

今回は、愛の言葉を伝えることにどんな効果があるのかご紹介します。

「愛してる」と言わないのは習慣の違い?!日本人は外国人より慣れていない

海外映画やドラマなどでは、「愛してる」という言葉が挨拶の様に自然に飛び交っています。恋人や家族と電話を終える際には、日本の場合「バイバイ」「またね」ですが、海外の場合「アイラブユー」と愛の言葉を伝えて電話を切ります。

海外では小さい頃から両親に「愛してる」と言われて慣れているので、特に戸惑うことなく言える言葉になっていますが、日本では両親から日々の生活の中で「愛してる」と言われることは少ないと言えるでしょう。

この生活習慣の違いが「愛してる」のハードルを高くしているのではないでしょうか。使い慣れていないのは、あなただけではなくご主人や彼も同じです。ここぞという時に伝える愛の言葉と思っている為に、多用することで意味が無くなると考える方も居る様です。

しかし、愛の言葉を語ったからと言って愛が薄れることはありませんし、嘘になることもありません。愛の言葉を伝えることで嬉しい効果もありますので、次の項目から詳しくご紹介しましょう。

愛の言葉を伝えることで○○が出る?!

パートナーへの気持ちを素直に伝えることは、夫婦仲や恋人同士の仲を深めるだけではなく、体にも嬉しい効果があります。例えば、「愛してる」と伝える時、慣れるまでは言葉を出す度にドキドキすることでしょう。

このドキドキは、心拍数を高めるアドレナリンやドーパミンを分泌させ興奮状態になり、空腹感を感じにくくなると言われています。愛の言葉を伝えることでダイエットが期待できるのです。

また、彼やご主人へ愛の言葉を囁き、トキメキを感じるほどエストロゲンという名の女性ホルモンの分泌も促進され、肌に艶やハリを与えるなど美容効果も期待出来ます。

ご主人や彼と円満な女性が美しく見える理由は、もしかしたら愛の言葉を日常に取り入れているのではないでしょうか。

恥ずかしい気持ちを克服する為には声に出すこと

愛の言葉を伝えることでダイエットや美容効果があるとわかっても、恥ずかしさから口に出すことを躊躇う方も多いことでしょう。突然「愛してる」という前に、まずは雰囲気作りを始めてはいかがでしょうか。

忙しさからゆっくり話す時間も無いという方は、目を合わせて落ち着いて話す時間を作ることから始めましょう。向き合う時間が増えるほど相手にかける言葉も増えて、愛の言葉を伝えやすくなることでしょう。

会話が多くても愛の言葉を伝えることは無い方は、海外の恋愛映画やドラマを一緒に観て「愛してる」をどのようなシーンで使っているかチェックしてみてはいかがでしょうか。

作品を観るほど、愛の言葉を囁き合うシーンが日常化して「愛してる」と言いやすい雰囲気になるかもしれません。

愛の言葉を交わし合ったカップルに訪れた○○効果

パートナーから「愛してる」と言われた日がいつの頃か忘れてしまうほど、愛の言葉と無縁の日々を過ごしていたHさんは、結婚5年目で子供は2人。子供の手も離れた彼女はある会社で事務のパートをしていました。

日々の生活にある唯一の不満は、ご主人との触れ合いが無いことでした。

「子供中心の生活だったから仕方ないと思っていたんですけど、女性として見てもらえないのは寂しかったです。それでご主人とラブラブのパート仲間に相談したら『愛してるって言ってる?』と聞かれたんです。

『結婚前に言い合った様な記憶が薄っすらあるだけ』と答えたら、彼女に『それじゃ駄目だよ~』って言われたんです。彼女は、毎朝ご主人を送り出す時に『愛してる』と言って、キスもしているそうで試すべきだと言われました。

初めはなかなか照れくさくて、『いってらっしゃい』って肩や背中に触れるので精一杯。

でも続けているうちに『そろそろ出かけるから玄関おいで』なんて主人から声をかけられるようになって、何かしてもらった時などに『大好き』と自然に言えるようになりました。

そのうち気づくと『愛してる』も言えるようになって、キスの回数も増えました。不思議なことに気遣いも増えて、些細なことで喧嘩することも無くなって、家族円満です」

Hさんの様に「愛してる」とは言いにくい、照れくさいという方も多いことでしょう。そんな時には、彼女を真似て彼の体に触れることから始めて、慣れてきた所で「大好き」や「好き」と言ってみる方法もあるようです。

まずは、あなた自身から行動を起こして、少しずつでも変わることでパートナーの態度も変わり、愛の言葉を日常的に使える雰囲気になるのではないでしょうか。メールから始める方法もありますので、これをきっかけにして大切な人に「愛してる」を伝えてみませんか?

この記事をシェアする

関連記事