• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

アナタの彼を愛していますか?あなたの『愛している度』チェック!

Date:2013.04.09

人はどうしても「愛してもらう」ことを望んでしまいますね。彼にもそれを望みます。自分との時間を最優先してほしい、デートをキャンセルなんて信じられない、私にお金を使ってほしい、毎日メールをしてほしい、など彼にしてほしいことは限りがないです。

それをしてくれなかったらケンカになる。「私のことを好きだったら当然じゃない」と。しかし、それらは裏を返せば彼のことを考えていない行動や言動ですよね。いわゆるわがままです。もし彼に同じことをされたり、言われたりしたらどうでしょう?

自分のことばかり考えていると、彼を縛ることになったり、傷つけることになります。そうなると辛抱強い彼出ない限り、捨てられます。

「愛してもらう」ことは大事ですが「愛すること」はもっと大事。アナタは彼をちゃんと愛していますか?

忙しい彼に返信の催促

忙しい彼はメールの返信さえもままなりません。それをお構いなしに「返事こないね」「何してるの?」「好きならすぐに返信して」など返信メールの催促は彼を困らせるだけ。彼の立場や状況を把握してあげるのが、優しさであり大人ですよね。

~してくれない、が多い

メールをくれない、電話をくれない、デートのスケジュールを立ててくれない、プレゼントをくれない、○○に連れて行ってくれない、と○○してくれないとばかり言っていませんか。

それこそ相手がしてくれるのを待っているだけですよ。愛してくれない、とばかり言っているようなもの。してくれない、と言う前に自分からしてあげましょう。

元気がない彼に「つまらない?」

せっかくのデートなのに彼は元気がない。会話も弾まない。そんなときに彼に「私といてもつまらないの?」といきなりの攻撃をしていませんか?

腹が立つのは、自分といるのに楽しくなさそうな彼を許せないだけ。または自分の楽しみを邪魔されたくないだけ。

まずはなぜ彼が元気がないのかを心配する気持ちを持ちましょう。体調が悪いのかもしれないし、仕事で疲れているのかも。ミスをして落ち込んでいるのかもしれません。まずは相手のことを考えてあげるのが愛情ですよ。

彼の前で他の男性とイチャイチャ

彼の前で他の男性と仲良くするのはいけません。彼がどんな気持ちになるかを考えましょう。ヤキモチと焼かせたい、とか私はモテるのよ、とアピールしたい気持ちもあるでしょうが、それは彼に“愛されたい”から。

彼を“愛する”女性なら、彼が傷つくことはしません。

愛が重いと彼が逃げる?

そんなに「愛している」と言ってばかりでは彼が逃げてしまうのでは?と心配しなくても大丈夫です。

彼が愛を重いと感じるのは、こんなに愛しているのだからアナタも私のことを同じくらい愛して、と言うからです。または感じさせてしまうからです。これも愛しているのではなく、愛されたいということですね。

「私のことを好きになって」と言っても好きになってくれるとは限りません。愛されたいというのは愛情の押しつけ。押しつけられれば逃げたくなりますね。

でも人は愛された分だけ愛することができると言われています。愛されたいと言われるのではなく、愛している、と言うのはその人を幸せにします。

愛したい女性と愛されたい女性の違い

彼に「アナタが私を思っている愛よりも、私がアナタに持つ愛の方が深くて大きいわ」と笑顔で言えますか?

もし、彼にそんなことを言われたら、「この人を離してはいけない」と思いませんか?「愛されたい」とばかり思っている女性にはなかなか言えない言葉ですね。愛している方が恋愛では負け、と思っている女性にも言えない言葉です。

愛されたいと思っている女性には不安や心配がつきものです。不安や心配は彼を縛りつけ、彼を傷つけ、彼を追い詰めてしまいますよね。

愛することができる女性は不安や心配が減ります。自分が愛していることが大切なので、彼の気持ちがどうこうということは気にならなくなるのです。その余裕がさらに男性をひきつけ、彼女が不安になることはしなくなります。

でも、毎日「愛してる」のオンパレードはありがたみがなくなってしまうので、行動で示すようにしましょうね。

この記事をシェアする

関連記事