• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏のことを本当に好きなのかわからない時に確認したいこと

Date:2017.07.20

告白されて付き合ってはみたものの相手のことが好きなのかわからないと感じたり、また、何年も付き合っているうちにだんだん彼との関係が友達のようになってしまい、本当に好きなのかわからなくなる時ってあると思います。

彼に対して特に不満があるわけではないけれど、いまいち自分の気持ちがわからない…実はこのようなことは誰にでも起こりうることなんです。

好きかどうかはっきりしないまま付き合うのは相手に対して申し訳ない気持ちがありますし、自分の中でもモヤモヤして恋愛を楽しむことが出来なくなってしまうことも…。

そこで今回は彼氏のことが本当に好きなのかわからない時に確認すべきことをご紹介します。

自分の気持ちをはっきりさせ、楽しい恋愛をするために参考にしてみてください。

彼のことが好きなのかわからない…迷った時に確認したいこと

好きの形にも色々なものがありますよね。友達としてのlikeなのか、異性としてのloveなのか。

男性に対して好きと思う場合には普通の友達には抱かない特別な感情があるのです。

人としての魅力を感じるか

付き合って最初のころは彼のことをもっと知りたい!近付きたい!という感情が大きいですよね。

しかし、付き合って何度も会ったり、連絡を取ったりしているうちにそのドキドキはなくなります。

ドキドキしないから好きじゃないのかも…と考えてしまう方も多いと思いますが、ドキドキしないことが好きじゃなくなったわけではありません。

この場合、ただ慣れが生じているだけですので、彼のことを好きじゃなくなったわけではないのです。

ドキドキがなくなっても相手のことを尊敬出来たり、安心感を持てるようであれば一緒にいたいと感じますし、自分をさらけ出せるということはそれだけ相手を信頼しているということ。

付き合って何年も経てばドキドキしないのは当たり前なのです。

逆にいつまでもドキドキしたり、緊張している恋愛は刺激が強かったり、無理に相手に合わせようとしているので疲れてしまいます。

そのため、ドキドキしなくなったからといってすぐ別れようとはせず、彼のことを人として尊敬できるか、一緒にいて安心感があるのか、などの新たな視点で見つめてみるようにしましょう。

彼の欠点も許せるか

付き合っているうちに気になってくるのが相手の欠点。しかし、好きならそんな欠点も笑って許せてしまいます。

愛情があるから欠点も受け入れることが出来るのです。

それとは反対に相手の欠点を考えた時に軽蔑したりするようであれば彼への愛が冷めてきているのかもしれません。

ふとした時に彼のことを考えているか

人は恋をすると会っていない間でも相手のことをふとした瞬間に考えるものです。

友達であったり、異性であっても好きな相手以外のことは頻繁に考えたりしないですよね。

ですから、ふとした瞬間に彼のことを考えるようであれば好きであると言えるでしょう。

  • 今、何しているのか気になる
  • 会いたいと感じる
  • 連絡が来ないと気になる
  • 彼との関係を恋愛ドラマや歌に重ねてみる

これらもふとした時に考えているから現れる行動と言えますね。

他の女性に対して嫉妬するか

彼が他の女性と仲良く話しているのを目撃してしまった時、他の女性を褒めた時など、彼に異性の影がチラついた時、モヤモヤしたり、イラッとしたらそれは好きだという証拠。

友達同士なら友達が異性と話していても気になりませんし、ましてや不愉快になることはありません。好きな相手だから不快に感じるのです。

嫉妬は反応が顕著に現れやすいので、好きかそうではないかが分かりやすいと言えます。

彼とスキンシップが出来るか

誰でも好きな相手とスキンシップをするのは嬉しいと感じます。

好きでもない男性に触られるのは普通嫌ですよね。スキンシップをしたいと思うのも、触れたい、触られたいと思うのも彼が好きだからこそ。

好きな人と触れ合えば幸せを感じたり、喜びに満たされるものです。

もし、彼に触れたり、触られるのが嫌だと感じたり、不快に感じるようであれば彼に対しての愛情が薄くなってきているのかもしれません。

彼のことが好きかわからないと感じたら、触られても、また、自分から触っても嫌ではないのかを確かめてみてください。

彼に会って確かめる

好きかそうではないか答えがなかなか出ないようなら会って確かめてみましょう。会って彼の

  • 表情
  • 匂い
  • 振る舞い
  • 仕草

などを観察してみることで答えは自然に出るはずです。やっぱり好きだな、と思えれば悩むこともなくなるでしょう。

別れた場合のことを想像してみる

もし、彼との関係性に悩むようであれば一度、別れた場合のことを想像してみてください。

まずはあなたから別れを切り出した場面を想像します。ここで相手があなたの前からすぐにいなくなります。このとき、どんな気持ちを抱きますか?

  • 引きとめて欲しいと感じるか
  • すぐにいなくなってスッキリするのか

のどちらかだと思います。

次にこの状況で彼からあなたに「正直、好きかどうかわからない」と言われた場合を想像します。この場合は

  • 疑問を感じたり、寂しさを感じるか
  • ホッとするか

のどちらかに分かれるでしょう。

このように想像してみると相手が自分にとって必要な存在かそうではないのかが見えてくると思います。

また、別れるということは会うのはもちろんですが、今まで当たり前になっていたメールや電話も出来なくなります。

彼との関係に悩んだら一度立ち止まって考えてみましょう。

距離を置いてみる

別れを想像しづらい場合には一旦距離を置いてみるのも手。彼との関係ももちろんそうですが、自分自身を見つめ直す機会となります。

  • なぜ好きになったのか
  • なぜ彼を選んだのか
  • 彼にどんな感情が湧いて付き合うことになったのか
  • 今、自分はなぜ彼を好きじゃないと感じているのか

等、自分の気持ちをゆっくり確認してみてください。

また、離れていることで会いたい、連絡を取りたい、寂しいなどと感じたり、相手の大切さに改めて気付かされることもあるかと思います。

この場合はやっぱり好きだということ。倦怠期のカップルは少し離れることで刺激になることもあるそうです。

付き合い始めの場合には自然消滅してしまう、このままだと危ないなどの焦りが出てきたら、好きだと判断して良いでしょう。

自分の気持ちを知るためには距離を置くことも必要なのです。

向上心があるか

好きな人がいる人は自然と自分磨きを頑張るものです。少しでも綺麗に見せるためにメイクやファッションを頑張ってみたり…。

また、外見だけでなく、仕事や勉強への活力になることもあるでしょう。

しかし、相手のことが好きではない場合ですと、外見に気を遣うことはどうでも良いことですので頑張ろう!と思えません。

仕事や勉強に悪影響が出てしまうこともあり得ます。

彼との恋に迷った時は向上心があるか確認してみてください。

別れのサイン!?彼との関係性を疑った方が良い場合

彼に対する感情に疑問を持つことは決して悪いことではありません。より絆を深めたり、あるいは新たな一歩を踏み出せるきっかけになるのです。

これからご紹介するようなことがもし頻繁にあるようであればそれは別れのサインかもしれません。心当たりがあるか冷静に判断してみてください。

他の男性のことを考える頻度が増えた

ちらっとすれ違いざまに自分好みの人を見かけ、「あの人かっこいいな」と感じることは女性にはよくあることですよね。

また、彼とはタイプの違う男性に目移りしてしまうこともあるかと思います。

このように一瞬他の男性に目が行く場合は良いのですが、もし、他の男性のことを頻繁に考え出すようになったら要注意です!

この場合には彼と他の男性のどちらが好きなのか、慎重に考えてみる必要があります。

ただし、両方気になるからといって、くれぐれも同時進行の恋愛を行うことはやめましょう。

彼以外の人と一緒にいることが多くなった

友達や家族と過ごす時間はかけがえのない大切な時間です。

しかし、彼以外の人といる時間の方が明らかに多くなったり、その方が楽しい、また安心すると感じるようになれば彼に対して恋愛感情がなくなってきている可能性があります。

自分にとって彼はどんな存在なのか、また、必要であるのかを考えてみましょう。

彼に対して無関心になった

一番注意して欲しいのは無関心になってしまうことです。好きでもケンカして怒っていてもそれは彼に対して関心があるからこそ。

また、会っていなくても彼のことを想像するだけで気持ちがわくわくしたり、色々なことを妄想したりして気持ちが高ぶるものです。

しかし、そういった感情もなくなり、彼に興味がない、また無関心になってしまった場合には気持ちが離れてきているといっても良いでしょう。

好きの反対は嫌いではなく無関心なのです。

答えは自分の中に…好きという感情を大切にして

彼氏のことが好きかわからない時に確認したいことについていくつかご紹介してきましたが、最終的に答えを出すのはあなた自身です。

色々迷っていても、もう答えはあなたの心の中で決まっていることがほとんど。ですからあまり深く考えすぎないようにして下さいね。

好きという感情は自然に湧き上がるもの。それを忘れないようにして下さい。

この記事をシェアする

関連記事

コメント