• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

愛するペットが原因で失恋も?!気をつけたい4つのポイント

Date:2013.06.06

動物を可愛がる姿は、時に女性自身も魅力的に見せます。ペットがきっかけで運命のお相手と結ばれるなんてドラマチックな展開も実際に起こることがあるようですし、何より気持ちを癒してくれるペットは家族の一員だと思っている愛好家も多いことでしょう。

でも、想いを寄せる彼がペットを飼っていない場合は要注意。表面上は一緒に可愛がってくれていても、あなたが気づいていないだけでペットがマイナスポイントになっているかもしれませんよ。

飼っていないと敏感になるペットのニオイ

タバコを吸っている人はタバコのニオイがあまり気になりません。慣れたニオイなので臭いと思わないですし、そもそもちょっとぐらいのニオイなら気づいていないことも多いです。

でも吸わない人はちょっとのニオイでもすぐに気づきます。ペットのニオイ全く同じです。あなたはペットと毎日一緒にいて慣れてしまっているのでちょっとのニオイは気付かなくなっているかもしれませんが、ペットを飼っていない彼は少しのニオイでも気付いています。

部屋の中のニオイは気にする人が多いのですが、抱っこした服や車の中やカバンの中までニオイが付いて臭いと思われていることも。

毛だらけの服に要注意

犬やネコなど毛のある動物の場合は、毛のお掃除にも気を付けなければいけません。黒い服なんかを着ていると気付きやすいのできちんと取ってから出かけたりしますが、薄い色の服だと目立たないのでついそのまま出かけてしまうことも。

その場では気づかなくても、デートをしているうちに彼のスーツや車のシートに毛が移って、会うたびにスーツやシートは毛だらけなんて彼もウンザリしてしまいます。

逆にあなたが車で彼を迎えに行くという場合も、車のシートはちゃんと毛を取っておくように注意してください。ペットを飼っていない人は毛にも敏感。お迎えはありがたいものの、内心「こんな毛だらけのシート嫌だなぁ」と思いつつ座る事も結構多いのです。

溺愛する姿にドン引きされているかも

ペットを愛するあまり勝手にデートに連れてきたり、ペット中心で予定を決めたりするのはNG。彼がペットを可愛がってくれているとしても、あなたと同じ感覚かどうかは全く別の話。

二人で楽しく過ごそうと計画を立てている場合などは、ペットは邪魔な存在以外のなにものでもありません。

もちろん大事なペットが病気などになった時にはペットを優先する場合もあるかもしれませんが、普段からペット都合に合わせて彼を振り回してしまうと、彼に「自分よりペットが好きなんだ」なんて思われてしまう場合もあります。

夜行性の動物で大迷惑?

ペットの鳴き声や足音などは、慣れていない人には騒音と同じ。彼女の家に遊びに行っても、うるさいペットがいると気分が萎えるなんてこともあるようです。特に要注意なのは夜行性のペットを飼っている場合。

昼間はおとなしいものの、夜になるとゴソゴソと活動を始めます。彼が泊まりに来てももちろんお構いなしです。音が気にならない彼ならいいのですが、静かじゃないとダメな彼には耳障りで眠れないなんてことも。

そうなると彼が家に寄り付かなくなりますし、愛するペットがいる限り彼はあなたとの結婚なんて考えられないなどという事態にもなりかねません。ペットに対する考え方や感じ方も相性があるのかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事