• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

色で寒さを遠ざける!?赤い下着をまとうメリット

Date:2013.10.24

秋冬になると気温が下がり寒くなりますが、あなたは衣服でどんな防寒対策をしていますか?おそらく、冬用の肌着をそろえたり、マフラーや手袋などを用意していることでしょう。

しかし、防寒対策は衣服の形や素材だけではありません。今回ご紹介するのは、身につける下着の色で防寒対策をする方法です。

赤い下着が寒さや冷えを遠ざける

身につけてほしい下着の色は、赤です。赤は暖かさを感じさせる効果があるため、寒い時期に赤い下着を身につけると、冷えから体を守っているように感じます。赤い下着を身に付けただけで、冷えから体を守るというのは信じられないことかもしれません。

しかし、赤は心拍数を高めて血行を促進したり、血圧を上げたり、体感温度を上昇させたり、免疫力をアップさせる効果を持っています。

厳しい寒さになると冷えによって体が弱まり、体調が悪くなりやすいので、秋冬に赤い下着を身につけるのは、防寒対策に有効な手段なのです。

赤がもたらす心理効果

赤い下着を身につけて得られる効果は、他にもあります。例えば、赤には自律神経に働きかける作用があり、気分が沈んでいる時や疲れを感じる時も、活力を与えてくれる効果があります。

また、赤は、人を前向きにさせたり、積極的にさせたり、行動力を与える心理効果もあります。デートの時や仕事でのプレゼンテーションなど、自分をアピールしたい時に身につけてはいかがでしょうか。

どうして下着が良いのか

赤い服にも同様の効果が期待されますが、一般的な説では赤い下着が良いとされています。理由は、肌に直接赤い布が触れるほうが、より効果があると言われているからです。有名な説では、ヘソの下にある丹田というツボが赤いモノに触れると、心と体を元気にすると言われています。

赤の下着で運気が上がる?

下着は直接肌に触れているので、良い気を得やすいといわれています。そして日本では、赤は昔から魔除けの効果があると信じられてきました。例えば神社の鳥居は、赤がよく使われていますよね。

赤い下着が良いとされているのは、日本だけではありません。イタリアでは新年を迎える時、新しい赤い下着を身につけると良い1年を過ごせるといわれています。

実際に運気が上がるかどうかわかりませんが、赤は昔から縁起がよく、幸せを呼ぶ色であると信じられているようです。

赤い下着を意識しよう

赤い下着は、服を着ると外からは見えません。そのため、赤い下着を身につけることで良い効果が出るのか、疑わしく思う人もいるでしょう。

効果を得る上で大切なことは、赤い下着を身につけていることを、本人が意識することです。意識することで、より良い効果を得やすくなります。ぜひ赤い下着を身につけて、寒い秋冬を乗り切ってくださいね。

この記事をシェアする

関連記事