• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ひどい乾燥に年齢肌と悩みが絶えない女性に試して欲しいスキンケア方法

Date:2013.06.25

Fotolia_46697458_Subscription_XXL

年齢と共に増えていく肌の悩み

洗顔をした直後は柔らかい肌も、時間が経つとガサガサと固い手触りになり、毛穴や肌のあらが気になる。そして、かゆみや頬の赤味なども気になる…などの肌のトラブルに慢性的な悩みを抱えている人は多いと思います。

「このまま放っておくとどんどんこの状態が進んでしまうのでは?」と不安になってきますね。年齢を重ねると、肌トラブルの原因もより多くの要因が相関関係を持ってきます。

これらのかさつき、ざらつき、毛穴が目立つなどのきめの乱れ等々の肌トラブルの主な原因としては、

  • 加齢によって肌の保水機能が衰えてくるという事
  • 「顔」を形造る筋肉の衰えによる代謝と弾力の低下

が考えられます。この2つの肌の見た目の老化の原因は年齢を重ねれば誰もが避けられないものです。

化粧品の広告で目にする陶器のようなエイジレスな肌は万人の憧れですが、少しでも透明感や柔らかさのある肌に近づくためには、加齢肌を進ませてしまう原因の共通点でもある「代謝の低下」を改善することが大切です。

肌の水分を保持する機能は、肌に合う基礎化粧品を長く使い続けないと向上しにくいですが、代謝を活発にすることは「自ら手を加える」という意識さえ持てば可能です。リスクが少なく肌の維持機能を復活させる有効な方法について考えてみましょう。

物理的な刺激を手で与える事による美容的効果

ゲルマニウムやプラチナなどの鉱石で作られているローラー式の美顔器や、中華圏で行われている「かっさ」などで顔の筋肉を刺激するという美容法は広く知られています。

少し気が向いたときにだけ、数十秒くらい顔の表面を刺激するだけだと効果が実感できない事が多いので、あまり本格的に習慣化する気になれないかもしれませんが、同じ年齢でも肌の状態に個人差があるのは、環境面も含めて肌トラブルを助長させやすい習慣を積み重ねた結果でもあります。

夜の入浴後などに歯磨きと同じような気軽さで毎日数分間ずつから始めて、意気込まずにやるクセをつけるといいですね。

また、表情筋によってできるしわの軽減にもこのような刺激を加える事は効果的です。普段から顔の表情を作るときに動かす筋肉が発達して固くなると肌の表面に凹凸をつくってしまい、深いしわを作る原因になることがよくあります。

ローラーやプレートを肌の上で滑らせるかっさなどで自然にしている状態では受けにくい刺激を与えてあげると、顔の筋肉をほぐして肌をなめらかにする効果もあります。

イオンのパワーは代謝機能向上対策としておすすめ

プラスイオンやマイナスイオンを発生させる美顔器が販売されていますが、自分の汗、皮脂でかぶれてしまうような敏感肌でも問題なく使える場合がほとんどですので長く使えるアイテムとしておすすめです。

肌の代謝機能を助けるのに特に有効なのは、肌の汚れを取り去ってくれる「プラスイオン」の活用です。

自分の皮脂やメイク、日焼け止めのクリームは毛穴に残ってしまいやすく、そのままだと肌が固くなってしまい、保湿をする化粧水の浸透を妨げたり、肌が柔軟性を失うことによって深いしわを作る要因になってしまいます。

イオンによって汚れを除去すると、クレンジング後よりさらに肌が柔らかくなっていることに気が付きます。クレンジングよりもより深いところに留まってしまった汚れを取り去る事が可能な為です。

今回は肌年齢対策に肌質問わず有効な方法を挙げてみましたが、まだ実践していないという方は、お金のかからない「かっさ」やエステの体験などでイオンの施術を取り入れた美顔コースをやってみるなど、まず試してみる事をおすすめします。

肌にマイナスの影響を与える要因を消せないのであれば、プラスの影響を与える要因を増やしていくという前向きな考えをもって毎日の肌ケア、細く長く続けたいですね。

この記事をシェアする

関連記事