• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

流行りの赤リップは選び方が大事、自分に似合う赤リップの選び方

Date:2014.08.24

ここ最近、いろんな雑誌などで取り上げられているメイクアイテムがあります。それは赤リップです。

赤リップというと派手だし若い人にしか似合わないと思ってしまいますが、それは色選びを間違っているから。自分に似合う赤リップを選ぶポイントとはどういうところにあるのでしょうか。

赤リップと言ってもいろんな色合いのものがある

「赤リップ」と一言でいっても実は1つの色だけではありません。赤リップを大きく分けると青みのある赤色とピンクやオレンジの混じったような赤色の2種類になります。よくあるボルドーのような赤色は青みのある赤色に含まれるそうです。

この微妙な色の違いで自分に似合うか似合わないかというのが出てくるそうです。自分に似合わない色を選ぶと唇だけ浮いて見えたり顔色が悪く見えることに繋がります。

赤リップはマットなものよりも艶感のあるものみずみずしいものを選ぶとより抵抗なく使えるのでおススメです。

自分に似合う赤リップを選ぶにはどこに気をつけたらいい?

自分に似合う赤リップを選ぶにはいくつかのポイントがあります。まずは唇の色と厚さ、これで似合う色が変わってきます。

他にも自分が普段つけている口紅の色などによってもどの赤リップが似合うかが分かるそうです。

血色などでもつけているリップなどの発色が変わってくるので、自分の血色などもきちんと知ることが大切です。

青みのある赤リップが似合うタイプとは

青みのある赤リップが似合う人はこういうタイプです。

  • 唇がさくら色のようなピンク色の人
  • よく使う口紅やマニキュアの色がローズ系の人
  • 手のひらの色が白っぽい人

といった人です。

その中でも唇がふっくらと厚みのある人はローズ系の赤リップ、唇の厚さが薄い人はボルドー系の赤リップが似合うとされています。

赤リップといってもすべてが真っ赤なリップではありません、ボルドーやローズといった色も赤リップになるので躊躇せずに使ってみましょう。

ピンク・オレンジの混じった赤リップが似合うタイプとは

ピンク・オレンジの混じった赤リップが似合う人はこういうタイプです。

  • 唇がコーラル系の黄みのあるピンク色の人
  • よく使う口紅やマニキュアの色がオレンジやベージュ系の人
  • 手のひらが黄みがかっている人

といった人です。

その中でも唇がふっくらと厚みのある人は少しオレンジの入った赤リップ、唇の厚さが薄い人は淡いピンク色の入った赤リップが似合うとされています。

ピンクの入った赤リップはくっきりとした色になっているものが多いので、唇が薄い人が使うと強調されてとても印象的な仕上がりになります。

赤リップは1つのブランドでも複数のタイプの色を出しています。それを並べてみるとどれが青みのあるものか、ピンクやオレンジ系のものかというのがよく分かります。

全ての赤リップを見てどれが自分に合った色なのかを見て選ぶことで抵抗なく綺麗に赤リップを使うことができます。

この記事をシェアする

関連記事