• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

新米ママのお悩み解決!泣き止まない赤ちゃんを笑顔にさせる方法!

Date:2012.10.06

赤ちゃんは泣くことでいろいろママに教えてくれます。お腹が減っていたり、かまってほしかったり、不快感だったり。ママは、赤ちゃんが泣くことで赤ちゃんの要求に応えるべく、対処することができます。

でも、時には何をやっても泣き止んでくれない時が…。そんな時は、次にあげる赤ちゃんを笑顔にかえる方法を試してください!

声に出して読む

赤ちゃんはママの声を聞くと、とても安心します。本や新聞や、お菓子のパッケージのラベルでもいいので、声に出して読むことで、赤ちゃんをリラックスさせてあげます。

歌ってあげるのも効果的です。赤ちゃんはもっと癒されて笑顔になるでしょう。赤ちゃんはママの歌が大好きですからね!

リラックスする

生後数か月の赤ちゃんでも、ママの気分を敏感に感じる能力があります。赤ちゃんが泣くことで、ママが張りつめた気分になったり、イライラと神経質になっていると、ますます赤ちゃんは泣きやみません。

リラックスして、赤ちゃんを抱っこしてユラユラしながら、やさしくやさしく話しかけてあげてください。ママが穏やかになると、自然に赤ちゃんも穏やかになってきます。

音を聞かせる

不思議なことに、ちょっと変わった音や騒音は、赤ちゃんを泣き止ませます。例えば、洗濯機が回る音や、時計のチクタクという針の音など、リズミカルな音が好きな赤ちゃんがいます。

また、掃除機の音や、車のエンジン音は、ストレスを抱えた赤ちゃんをリラックスさせる効果があります。水道やシャワーの水の音も、赤ちゃんはピタっと泣き止みます。

やさしくゆらし続ける

やさしく赤ちゃんをゆらしていると、だんだん赤ちゃんはリラックスしてきて泣き止んでくれます。時計の針にあわせて、毎秒ごとにやさしくユラユラするのは、緊張している子供を落ち着かせる、一番いいスピードだといえるでしょう。

外の空気にふれさせる

家の中でふたりっきりで、泣いた赤ちゃんとずーっと向き合っていると、ママも赤ちゃんもそこから抜け出せなくなってしまいます。気分を変えるためにも、ベランダに出てみたり、ちょっと近所を散歩してみたりと外の空気に赤ちゃんをふれさせてください。

そよ風にあたったり、太陽の光をあびたり、外の音を聞いているうちに、自然と赤ちゃんも泣き止んできますよ。

平静を保つ

赤ちゃんにとって、泣くことが唯一のコミュニケーション方法です。なので、赤ちゃんが泣くことは全く自然なことなのです。シンプルに、何かしてほしいことをママに訴えているのです。

なので、一番大事なことは、ママが平常心でいることです。ママは慌てず冷静に、赤ちゃんが何をして欲しいのかを理解して対処してあげましょう。

この記事をシェアする

関連記事