• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

魔法の3ステップで、あなたの肌も赤ちゃん肌になれる!

Date:2012.11.22

赤ちゃんの肌って、やわらかくてすべすべ!いつまでも触っていたいですよね。しかし、生まれて随分経つ私たちの肌は赤ちゃん肌とは程遠い手触り…。でも、時々年齢にもかかわらず、すべすべの赤ちゃん肌を持っている人もいます。

「何を使ったら、そんなすべすべになるの?」「どんな高い化粧品を使っているの?」実は、答えはとってもシンプルです!

年月を経た私たちの肌は、いろんなものを証明してくれます。気候、食事、紫外線や肌に良くない習慣、全てが肌に現れています。

しかし、そんな酷使された肌でも、生まれ変わることができます。肌にきちんとしたケアをしてあげれば、肌は応えてくれます。今すぐ次の3ステップケアを始めましょう!

ステップ1:1日2回洗顔する

毎日使うことができるピーリングの洗顔石鹸がおススメです。古い角質を取り除くことで、肌はなめらかにすべすべになります。それと同時に、肌のいろんなトラブルの原因になる毒素やバクテリアを効果的に取り除いてくれます。

顔を洗う時の注意点ですが、顔を洗う前に必ず手をきれいに洗いましょう。これはよく見落としがちですが、実はとても大事なステップです。手についたバクテリアや汚れを水できれいに洗い流します。それから石鹸をよく泡立てて顔を洗って行きましょう。

皮膚を刺激してしまうので、直接タオルやスポンジで肌をこするのは厳禁です。約1分間、やさしく泡で顔を洗い、古い角質や汚れを取り除きましょう。

そして、水でよくすすぎ、きれいに洗い流します。流し終わったら、清潔なコットンタオルでやさしく顔を押さえていきます。決して擦ってはいけませんよ!

ステップ2:保湿

保湿!保湿!保湿!とにかく保湿はとっても大事です。私たちの体は、ほとんど水でできていると言っても過言ではありません。水なしで、私たちの体の器官を適切に機能させることは不可能です。もちろんそれは、肌にも言えることです。

どんな肌質にも関わらず、肌に必要な栄養を浸透させ、保湿をしてくれる天然の保湿剤を使いましょう。できれば、合成成分配合は避けてください。逆に肌の健康を害したり、老化を早めたりします。

ステップ3:保護

これもとっても大事です。日焼け止めは、プールや海に行くときだけや夏の陽射しがキツイ時だけに使うと信じている人は、今すぐ考えを変えてください。

ほとんどの人は、毎日外出をして、毎日紫外線を浴びています。慢性的に紫外線を浴びている肌は、敏感になり、弾力は衰えて、シワになってしまいます。日焼け止めは、毎朝塗って出かけるのが常識!赤ちゃん肌になるための大事なキーポイントです。

これらのシンプルな3ステップを毎日のお手入れにしていくと、肌トラブルはみるみる改善していきます。また、だれもが憧れるやわらかくてすべすべな肌へと変化していくでしょう♪

この記事をシェアする

関連記事

コメント