• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

健康に良いとされる赤ワインの成分に食物アレルギーを抑える効果も

Date:2013.01.22

赤ワインなどに含まれる抗酸化成分、ポリフェノールの一種、レスベラトールのことをご存知でしょうか?この成分は、アンチエイジングなど、多くの効果が報告されるようになりましたが、食物アレルギーを抑制する効果も発見されたという報告が。そんなレスベラトールについて、少し紹介しましょう。

レスベラトールって?

レスベラトールはポリフェノールの一種です。ポリフェノールは、多くの植物が自分の細胞を、強い紫外線から守るために、植物の中で生産しているもので色素で、強い抗酸化力を持つ成分です。ぶどうが作るポリフェノールの中の1つが、レスベラトールで、皮や種、葉っぱなどに多く含まれています。

ぶどうのジュースの多くは、皮や種などは一緒に加工されていないモノも多いのですが、赤ワインは皮なども絞り、発酵の作用によりポリフェノールが増加するようで、赤ワインにはレスベラトールが多く含まれています。

これまでに、報告されてきたレスベラトールの効果は?

レスベラトールは、ガンに効果がある、動脈硬化などの防止など、病気の予防に良いのでは?ということで、注目されるようになりました。フランス人が赤ワインをたくさん飲むことと、動脈硬化などが少ないことの因果関係などから、赤ワインそしてその中の主なポリフェノール成分、レスベラトールの効果が報告されるようになりました。

その後老化防止、つまりアンチエイジングに効果があり、長寿の遺伝子のスイッチをオンにする物質として取り上げられるようになり、一層注目を集めるようになりました。

他にも、メタボ対策として脂肪を燃焼させる働きや、認知症の一つアルツハイマー病の患者さんに起こる脳の血流の低下を改善し、血流が良くなるなど、広い意味でのアンチエイジングに役立つ物質として、さまざまな研究が行われ、働きが報告されています。また放射能から、身を守る効果も期待されています。

レスベラトールの使われ方

赤ワインに多く含まれていることがわかっているレスベラトールですが、赤ワインを大量に毎日飲むことは難しいことから、最近ではサプリメントの形で、製品が販売されています。また、肌の若返り成分などとしても、化粧品などにも入れられて、活用されています。

今回実験で発見された、食物アレルギーの抑制効果

今回報告された、食物アレルギーの抑制に関しては、ここまで紹介してきた分野とは少し異なります。急激なショック状態を起こすこともある食物アレルギーは、最近重症化の傾向にありますが、これにに対する有効な予防法がなかったので、この実験結果は、多くの方にも朗報と言えるでしょう。

山梨大大学院の研究チームは、マウスの実験では、レスベラトールを事前に与えたマウスと、何も与えないままのマウスに、それぞれ卵アレルギー症状を起こさせると、レスベラトールを与えられていたマウスでは、アレルギー症状が抑制され、与えられていないマウスとは、差が見られたということです。

まだ、マウスでの実験段階ですが、この結果が実際に人間の食物アレルギーに効果が認められ、予防に役立てることが出来れば、大きな成果だと言えるでしょう。

この記事をシェアする

関連記事