• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お気に入りの衣類を守ろう!赤ワインなどの染み抜きの方法

Date:2013.03.19

お気に入りの洋服は長く、大切に着たいものです。でも、大切に着たいからと特別なときのためにとっておいても、流行おくれになってしまうこともありますし、気に入っているからこそ沢山着たいものですよね。

だからと言って、お気に入りの服を頻繁に着ると、友達や彼とレストランに行って、手が滑ってコーヒーの染みが洋服に…なんてアクシデントにあう可能性も高くなります。

それで大切な服を泣く泣くギブアップ…なんて悲しいことはしたくありませんよね!そこで、ここでは、大切な衣類についてしまった染みを効果的に落とす方法を種類別にご紹介します。

また、お気に入りの服を安心して存分着れるように、外出先での応急処置もあわせてご紹介します。

コーヒー、赤ワイン

  1. スポンジを水で湿らせ、洋服の染みに押し当てるか、洋服をそのまま冷たい水に浸し、30分ほどおきます。
  2. そこに台所用洗剤をつけてもみ洗いをして、洗い流しましょう。
  3. それで落ちないようであれば、染み抜き剤を塗ります。
  4. その後、洗濯機に入れて普通に洗います。もし漂白剤が大丈夫な素材でしたら、塩素系の漂白剤を入れるとより染み抜きがしっかりとできます。

ケチャップ、トマトソース

  1. まず洋服を裏返します。
  2. 染みの部分を裏側から水で洗い流します。
  3. 洗濯用洗剤をその染みの部分につけ、叩いて洗剤をしっかりと染みの部分にしみこませ、そのままおきます。
  4. 10分程度置いたら、水でよく洗い流しましょう。
  5. スポンジに無色のお酢をしみこませ、それを染みの部分に押し当てます。
  6. しっかりと洗い流します。
  7. 3から6の工程を可能な限り薄くなるまで繰り返しましょう。
  8. 更に、染み抜き剤をしっかりと塗ります。
  9. そのまま洗濯機に入れ、通常通り洗濯をします。
  10. もしもまだ染みが残っていたら、その部分を水でぬらし、洗濯用洗剤をつけ、もみ洗いをします。
  11. ぬるま湯につけ、そのまま20から30分ほどつけ置きします。
  12. 再度洗濯をします。もし可能な素材であったら、漂白剤を使うことをお勧めします。

アイスクリーム

  1. 染みの部分に酵素系の洗剤を塗り、しっかりとしみこませます。
  2. 染みが古いものであれば、30分から数時間程度漬け置きをします。新しい染みなら、30分も漬け込めば十分です。あまり濃い染みでなく、新しいものであれば、この工程を抜かしても構いません。
  3. 洗濯機で洗います。

チョコレート、口紅

  1. チョコレート、または口紅がべっとりと沢山ついているようであったら、こするのではなく、ひっかっくように落とせるだけのチョコレート、または口紅をこすりおとします。
  2. 染み抜き剤を染みの部分にしっかりとつけます。
  3. そのまま通常通り洗濯をします。
  4. もしまだ染みが残っていたら、染み抜き剤を更に塗ります。
  5. それでも落ちない場合は、白い布にドライクリーニング用の洗剤をつけ、染みの部分に押し当て、軽く叩いたりして、洗剤がしみこむようにします。
  6. 5の工程を染みが十分に落ちるまで繰り返します。
  7. 再度洗濯をします。

外出先での応急処置

なお、染みはまずすぐにでも水で洗ってあげたり、おしぼりなどで拭くだけでかなり違います。そのまま放置してしてしまうことで、染みが落ちにくくなってしまうのです。その場でしっかりと洗えなくても、まずは以下のような応急処置をしてあげましょう。

  1. 固形物はティッシュやナプキンなどで速やかに取り除いてください。
  2. できればお手洗いなどに行き、ハンカチやティッシュなどに石鹸を少しつけ、染みに押し付け、つまむようにふき取ります。そのとき、生地の裏側に他のティッシュや布をあてがうようにしましょう。石鹸がなかったら、水を含またティッシュを利用するだけでもかなり落ちます。
  3. 石鹸を使った場合は、その石鹸を衣服から落とすことも大切です。別のティッシュやハンカチなどに水をつけ、石鹸をふき取ってあげます。
  4. その後、乾いたティッシュなどでぬれた部分をふき取ってあげます。ハンカチやティッシュでふき取ってあげましょう。
  5. 家に帰ったらすぐにでもここでご案内したような方法で洗濯をしてあげてください。それでお気に入りの衣服が守れるはずです!

この記事をシェアする

関連記事