• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

2014年の秋冬メイクに欠かせない3つのトレンド色はこれ!

Date:2014.11.10

2014年の春夏メイクのトレンドカラーは赤やパステルカラーといったものが取り上げられていました。

季節柄、鮮やかな色のメイクアイテムがたくさん販売されていましたが、2014年の秋冬メイクはどういう色が注目されているのでしょうか。

秋冬衣類に生える色が今年のメイクトレンドカラーになっている

今年の秋冬衣類のトレンド色としてあげられているのが赤と緑です。

赤と緑というと原色で派手に見えますが、スモーキーな色合いの赤と緑が流行ると言われています。

他に安定の黒・白なども必須アイテムとされているのでそういう色と合わせても華やかに見えるような色がメイクのトレンドカラーに選ばれているようです。

秋冬もピンク色のアイテムが手放せない

春夏のトレンド色にもありましたが、秋冬のメイクでもピンクからは目が離せません。

春夏のパステル系のピンクではなく、秋冬はヌーディー系のピンクに注目です。

ヌーディー系の色ははっきりとしないので使うのが難しいので流行っていてもあまり使うことがないという人が多いようですが、今年はチークやリップ(グロス)でヌーディー系を取り入れるブランドが多いようです。

赤みを抑えた色なので、いろんなメイクに合わせやすくなっています。

今年の秋冬もバーガンディアイテムが来る!

秋冬というと毎年ですがシックな色が必ず入ってきます。

ここ最近はスモーキーな色やバーガンディが来ていましたが、今年もバーガンディは手放せないようです。

バーガンディとはワイン色のことなのですが、メイクでは深みのある色をバーガンディと言うこともあります。

今年はバーガンディのアイシャドウが多く発売されているようで、洋服に合わせてバーガンディでダークな目元を作るメイクが流行りそうです。

他にも唇だけバーガンディで際立たせて他はナチュラルメイクという方法も雑誌で紹介されています。

深みのある色は使うのが難しいのですが、今年はこの他の色のトレンドカラーがヌーディー系なものなのでバランスを取りやすくなっています。

秋冬ならでは、グリッターを活かした艶やかさを演出

春夏はあまりグリッターの入ったアイテムは出なかったのですが、この秋冬はリップ・グロス・マニキュアなどにグリッターの入ったものが多く販売されています。

色がバーガンディやヌーディーといったもので派手な色を使っていないのでグリッターで深みのある色でも華やかに見えるようになっています。

グリッターといってもキラキラと光るようなラメより抑えられているので大人女子でも手軽に使える色合いになっています。

特にグロスはキラキラというよりツヤのある仕上がりになるのでグロスだけでも華やかな仕上がりになります。

トレンドカラーは苦手という人も今年はバーガンディからヌーディー系まで幅広くなっているので自分に合うものを選び毎日のメイクにトレンドカラーを入れてみませんか。

その季節だからこそ使って栄える色が選ばれているので一気に秋冬仕様に早変わりできますよ。

この記事をシェアする

関連記事