• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

秋冬のトレンドカラーにマッチする今年の5つのトレンドメイクの決め方

Date:2012.10.09

この記事のタイトルとURLをコピーする
秋冬のトレンドカラーにマッチする今年の5つのトレンドメイクの決め方|女性の美学
http://josei-bigaku.jp/akihuyutrendcolor85431/

この秋冬のファッショントレンドに合うメイクは?ファッションのトレンドはクラシカルで、小物などはちょっとゴシック調の物が今年風で、色ではブラック、赤、パープル、ブルー、バーガンディーなど落ち着いた濃い目が今年風。こうしたファッションやカラーにマッチした、メイクのポイントを紹介します。

濡れたような質感の肌作り

ファッションも春夏のポップなカラーやスタイルから一転して、秋冬らしくクラシカルで濃い目の色が流行ですが、メイクまでバッチリ、きっちりし過ぎると、堅い印象になるので、メークは意外にナチュラルな雰囲気がトレンドのよう。

ポイントは目だけにして、全体は控えめにするなど、一点だけにポイントを絞ると、全体に垢抜けたメイクに。中でも注目が、最近人気の濡れた質感で肌を作り、ツヤのある大人肌にするのがポイント。

露のような、冬でも瑞々しさを失わない肌・・・って乾燥肌の人には憧れですが、ファンデーションで実現してみましょう。色は白肌を目指すベシ。

引き続きアイメイクがポイント

洋服もハッキリした印象の色がトレンドなので、顔の全体のメイクは唇やチークは目立たせず、アイメークで勝負。20代女子にはおなじみの、猫の目のようなキャットアイを目指しましょう。アイラインは強く描き目尻で少し跳ね上げる、下まぶたも含めて囲みラインで、猫目を作ります。

アイシャドーの色味は抑え目で、ファッションに合わせたトレンドカラーである、ブルーやパープルなどか、ブラウン系などの自然な色で。どちらも、シアーな質感の物を使うと、垢抜けた仕上がりに。

また60年代風に、アイラインの幅を太めにする一方で、シャドーなどは控えめにして、目元のラインと、眉のラインの、横方向のラインを強調するのも。

眉は自然な太眉が新鮮

少しづつ眉の幅も太くなってきた昨今ですが、秋冬のトレンドは自然な太い眉。アイラインも太めで、横方向にアクセントを。ナチュラルさを優先して、色も元の眉毛の色に近い色を使って、流れを生かすのが新鮮。薄めの眉の人は、少し存在感を出すように、流れを整えると、自然な太眉に。

リップは白が入ったペールトーンか、クラシックなボルドーやバーガンディー

リップは、アイメイクが引き立つペールトーンで、特に白っぽく感じる色がトレンド。秋冬に白っぽい色と言うのが、逆に新鮮。ベージュっぽいカラーや、ヌード系のコーラルやピンクなど、ナチュラルでヌーディーな印象の色で少し少女っぽく。

ちょっと顔色が悪く見えそうですが、ハッキリした赤など洋服のカラーで、顔色も引き立つので、リップは控えめで。

また、赤味のある色なら、バーガンディーやボルドー系の落ち着いた暗めの赤も、トレンドカラーの赤や黒と相性が良く、アイメイクとのバランスも良いので、チャレンジしてみては?濃い色は塗ったあと、テッシュで押さえるなどして、ギラギラツヤツヤではなく、唇を染めるような仕上がりにするのもポイントのようです。

チークも控えめでナチュラルに

アイメイク以外には、控えめがトレンドなので、チークの量も少なめ、色も控えめにすると、垢抜けた印象に。ベージュ系や薄いオレンジ系など、肌なじみの良い色を。ファンデーションで明るい肌色と露で濡れたような質感を出せば、病的な顔色のメークにはならないので、ベース作りに力を入れて。

全体に派手な印象がないナチュラルなメイクで、オフィスでも

全体に色味を抑えたベーシックなメイクがトレンドなので、そのままオフィスでも自然になじみ、違和感なくオシャレが楽しめそう。

ファッションはクラッシックで少し堅いイメージがトレンドですが、メイクは全体の雰囲気を、柔らかくナチュラルにすると、かわいい甘さが出せてオバサンっぽくならないようです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
秋冬のトレンドカラーにマッチする今年の5つのトレンドメイクの決め方|【女性の美学】
http://josei-bigaku.jp/akihuyutrendcolor85431/

この記事をシェアする

関連記事

コメント