• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

秋になると急激に増える!美容に関するお悩みあるある第1位は?

Date:2014.11.02

暑い夏には過剰な皮脂分泌で悩んでいたと思ったら、秋になり肌の状態がまた変わる…。

季節が変われば肌トラブルも、ケア方法も変わります。秋になると急激に増える美容に関するお悩みをご紹介します。

年齢が上がるほど特に多くなる悩み「乾燥」

秋になると急に増えるお悩み第1位といったら、なんといっても「乾燥」。

夏はたくさんの紫外線を浴びてしまい、日焼けにより肌のバリア機能が低下している状態です。そのバリア機能が低下している状態で、空気の乾燥が増すことで肌が内部で水分バランスを保持できずに乾燥してしまうのです。

特に残暑から秋にかけては、1番乾燥が加速しやすくなります。気温にばらつきがあり、暑い日には汗をかきますが風が割と涼しく、かいた汗が蒸発します。その汗が蒸発するときに、肌内部の水分までをももっていってしまうのです。

肌の乾燥は何を引き起こす?

肌の乾燥は、ただ皮がめくれたりカサカサするだけではありません。乾燥は隠れた肌トラブルの危険信号でもあり、放っておくと肌の老化がどんどん進行してしまうのです。

・ シワ
・ シミ
・ たるみ
・ ゴワつき
・ ニキビ
・ くすみ  など

このように、乾燥1つにしても様々な肌トラブルの要因となるのです。

これからの肌対策、何をする?

乾燥には保湿!と合い言葉のようになっていますが、実は水分とは別に、補っていただきたい成分があるのです。その成分は「セラミド」です。

セラミドとは、表皮にある角質層で水分を保持してくれる成分のことです。この成分が足りないと、肌内部で水分を保持することができずに肌表面で蒸発しやすくなってしまいます。

細胞間脂質というものが主な成分で形成されていて、そこで水分を保持することで肌のバリア機能もうまく働きます。

夏のダメージで受けた肌は、傷だらけ状態。まずはセラミドを補って、肌内部の水分保持機能を取り戻し、バリア機能を復活させて乾燥による外的刺激から肌を守るのです。

水分補給の前に、水分保持機能をもつ成分を取り入れることがこれからの乾燥対策の基礎となります。

肌の加齢に歯止めを!

年齢を重ねることによって、しわやたるみなどが起きてくることがあります。それは肌内部のコラーゲンやエラスチンが、加齢によって減少してくることが原因です。

先ほど説明した「セラミド」が直接的にコラーゲンやエラスチンを生成するわけではありませんが、セラミドを補うことで肌内部の水分保持機能が高まり、多くの水分を肌内部に留めることができます。水分を多く留めることでコラーゲンやエラスチンの減少に歯止めをかけられます。

コラーゲンやエラスチンの減少を食い止めることで、シワやたるみなどの「老化現象」と言われる症状を遅らせることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。このように、「乾燥」1つにしても様々な症状を引き起こす要因となります。

まずは上半期に受けた肌のダメージを1度リセットして、これから乾燥がもっと加速する時期にかけての予防線を張りましょう。

セラミドは保湿効果をグッとアップさせ、アンチエイジングにもつながります。この秋、あなたも「セラミド」でお悩みを解消してみませんか?

この記事をシェアする

関連記事