• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

プールは夏だけじゃない!秋に水泳を楽しむために知っておきたいこと

Date:2013.11.30

みなさま、「プール・水泳と言えば夏」というイメージを持ってはいらっしゃいませんか?

水泳は、非常に効率のよいスポーツです。屋外プールの利用できる夏のイメージを持つのも当然ではありますが、水泳は夏にしか行わない、というのでは、少しもったいないようにも思います。

また「プール・水泳といえば夏」のイメージが強いおかげで、特に秋・冬は、市民体育館などの室内プールも空いていることがとても多く、利用するのに狙い目でもあるのです。

そこで今回は、スポーツの季節である秋に積極的に水泳を行うにあたって、水泳を行うメリットをご紹介してみたいと思います。

水泳のメリット・1;運動消費量がとても多い!

折角スポーツをするのであれば、そしてそのスポーツの目的が例えばそのスポーツの種目自体ではなく「身体を動かすこと」など他の部分にあるのだとすれば、できるだけ効果の高いスポーツを選びたいですよね。

水泳はその点でとても優れたスポーツです。有酸素運動ですので、脂肪を燃やすのにも適しているため、ダイエットに向いているスポーツとしても有名ですね。

ちなみに「有酸素運動」とは、続けて20分以上行うと脂肪が燃焼されはじめ、筋肉となっていく運動のことです。短時間で息が上がって動けなくなってしまうようなスポーツではなく、水泳やウォーキングなど、あまりつよくない負担でできる運動をさします。

もちろん水泳でも、競泳のためのトレーニングなどですと、負荷の高い内容となってくることとは思います。

水泳のメリット・2;浮力のおかげで負担は軽いが、水圧が利用できる

陸上とは違い、水の中にいると「浮力」というものが働きます。そのため水中での運動は、陸上で行うよりも、とても楽に行うことができるのです。

妊婦さんの行うマタニティスポーツとして、(コーチの適切な指導のもとでの)スイミングがよく推奨されているのは、この浮力によって、お腹の重さやそれによる負担をあまり受けずに運動ができるからなのですね。

一方で、水の中では絶えず「水圧」がかかってくることになります。水の中にいて少し歩くだけでも腹筋などを刺激し、鍛えることができますし、この「水圧」による水の抵抗のおかげで、少しの負担でも大きな効果を得ることができるのですね。

水泳のメリット・3;水泳は、まさに「健康のためにいい」スポーツ!

スポーツはどれも、適切に行えば健康のためになるものではありますが、水泳は特に、健康のための効果の高いものであると言えると思います。

例えば「ぜんそく」だった方の中で、昔水泳をやっていたという方は多くいらっしゃいませんか?水泳は呼吸を意識して行うスポーツで、しかも水圧を受けながらのものになりますので、ぜんそくに負けない身体をつくるのによいスポーツだとされているのですね。

血液の循環も促すので、身体中の器官や細胞が活性化される、ということもあります。全身運動ですので、全身の筋肉が程よく、バランスよく鍛えられて姿勢もよくなりますし、十分以上の基礎体力をつけることもできるでしょう。

またクロールや背泳ぎでは肩をまわす動きがありますので、これを行うことによって、ひどい肩こりが解消される、といったこともよくあります。

以上、いかがでしたでしょうか。上述してきたような物理的な効果だけでなく、水泳には「スッキリした」という感覚を得られる、という効果もあります。

心地よい水の中で身体を動かし、運動することで、ストレスが軽減されますし、水中での動きに集中することで、思い悩まされていた物事から解放される時間を得ることができる、ということもあります。

みなさまもぜひ夏だけではなく、スポーツの秋にも、水泳を楽しんでみて下さいね!

この記事をシェアする

関連記事