• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

紫外線に熱波…夏に受けた肌のダメージをケアする秋のスキンケア

Date:2014.08.09

夏はご存知、一年中で一番紫外線が多い季節です。それにプラスして強い日差しや熱波で肌がダメージを受けてしまうのは言われずとも知れたことですよね。

これを労わってあげ、これから向かう寒くて乾燥する冬に備える大切な時期が「秋」なのです。猛暑が終わり、涼しくなって過ごしやすい為、油断してついつい手を抜いてしまいがちな季節なのですが、この季節を上手く利用できることが美肌への近道なのです。

ここではそんな秋に試して頂きたいスキンケアのコツをご紹介していきます。

日焼け止めは欠かさない

夏の間は外に出てみれば強烈な太陽の光が否応なしに肌を突き刺してくるため、何が何でも日焼け止めを塗らなくては、という気持ちにさせられますよね。

でも、秋になって太陽の光が和らいでくると、そこまでの強迫観念はなくなってくるものです。そうすると、思わず日焼け止めをさぼってしまうことが出てきます。でも、秋の日差しも夏ほどではないとはいえ紫外線が多く、馬鹿にはできません。

日焼け止めを塗らずに過ごし、夏に受けた太陽のダメージに追い打ちをかけてしまうようなことはやめましょう。是非とも秋も引き続き日焼け止めを塗る習慣をつけてくださいね。

ボディーシャンプーや洗顔料を見直す

夏は汗を大量にかくため、身体を洗うボディーシャンプーやボディジェル、石鹸、洗顔料などはひんやりとした洗い心地を残してくれるような爽涼感を重視したものを使うという方も少なくないでしょう。

でも、秋は寒くて乾燥する冬へ移る前の準備期間です。すっきり感よりもしっとり感を与えてくれるものに切り替えていく必要があります。

何よりも大切なのは保水と保湿です。夏を過ごした肌は想像以上にカラカラと渇いているので、それを補ってあげることが大切です。洗顔料やボディーシャンプーでも刺激が強いものは避け、保水、保湿成分が含まれているものに切り替え、洗いながら身体をしっかりと潤してあげましょう。

アルガンオイルを取り入れてみる

夏を過ごして疲れてしまった肌をいたわるのにお勧めなのが、アルガンオイルです。アルガンオイルとは、モロッコに原生するアルガンの実から採取された非常に貴重なオイルで、必須脂肪酸であるリノール酸、そしてビタミンEがたっぷりと含まれています。

肌の水分と油分のバランスを取ってくれたり、アンチエイジング効果があったり、新陳代謝を高めてくれたりといった女性に嬉しい美容効果が満載なのです。

アルガンオイルは顔や目元、口元などの気になる部分には勿論、髪の毛や頭皮、そして足まで全身に使えます。お風呂上がりにマッサージオイル代わりに使ってみるのもお勧めです。是非頭からつま先までアルガンオイルでケアをしてあげましょう。

スクラブはオイルベースのものを

肌は新陳代謝により定期的に生まれ変わっています。そこで、夏を過ごした傷んだ古い肌をしっかりとはがし落としてあげる必要が出てくるのです。

ビーズ入りの洗顔フォームやボディーシャンプーでさっぱりという方法もありますが、これから冬に向かって保湿を考えながら、傷んだ肌を優しく労わるというコンセプトを考慮すると、オイルベースのものがお勧めです。

一番のおすすめがブラウンシュガーに先述のアルガンオイルを加えて混ぜて作るスクラブです。肌の古い角質を落としながらも潤いやアンチエイジング効果を得ることができますよ。

もしアルガンオイルが無かったら、オリーブオイルなどご自身がお気に入りのオイルを使ってもOKです。

毎日の保湿を忘れずに

夏で失われた水分と、これから向かっていく乾燥する冬のためにも、秋には保湿が大切になってきます。お風呂を出たらすぐ、顔も身体もローションや乳液、ボディークリームなどでしっかりと保湿する癖をつけましょう。

手もどんどんと荒れやすい季節に入っていきます。手を洗うたびにハンドクリームをつけるのも忘れないようにしましょう。前の繰り返しとなりますが、とにかく「保水」と「保湿」。これが秋にはものを言うのです。

いかがですか?是非参考にされてみてくださいね。暑さから寒さへ移り行く秋という季節を有意義に使って一段と綺麗になってしまいましょう!

この記事をシェアする

関連記事