• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたの肌に合うのはゴールド?シルバー?本当に似合うアクセを知る

Date:2014.01.08

アベノミクスで株価も上がり、景気は回復の兆しと伝えられ数か月…こういった景気上昇の知らせがある時は、「ゴールド」が流行る傾向にあるそうです。

実際はさておき、お財布が潤いそうなニュースがあると、ゴージャスなもの、贅沢なものを求め身に着けたくなるのかもしれませんね。

皆さんは最近、ゴールドなどアクセサリーを買ったり、プレゼントしてもらったことはありましたか?新調はしなくても、毎日欠かさず身に着けているというアクセサリーはありますか?今回は、そんなアクセサリーのお話です。

あなたのアクセサリー、似合ってる?

オシャレとは、突き詰めたら「好きなものを好きなように着たら?」と思っていますが、第三者の目線で似合っているのか、好感度を得られるファッションなのか、そういった視点であれば、やはりいろいろと「ルール」はあるもののようです。

最初に「ゴールド」の話をしましたが、金色というのは、やたらキラキラとしてハデなイメージを持つ人も多いと思います。しかし、オシャレに敏感な女性の美学読者の方は、ゴールドの肌馴染みのよさを感じる人も多いのでは。

一般的に、ゴールドはこんがりと日焼けした肌や、黄色人種のような黄味がかった肌色の人に似合うとされています。

また、顔はスッピン、ファッションはコテコテロリ系、という人を駅で見たことがありますが、「メイクしないのかよ!?」と全力でツッコミを入れたくなりました。

アクセサリーも同様で、デコラティブなクラシックアクセサリーを、気の抜けたコーディネートの日に着けていては周囲から総ツッコミがきます。

アクセサリーは、どんなものであれ自分をより美しく見せるものだと思います。その効果が発揮されない時は、どこかがアンバランスなのでしょう。

シンプルアクセサリーなら肌色からチョイス

上でも少し触れたように、黄味のある肌にゴールドはよく馴染みます。つまり、一般的な肌色からすると、日本人にはゴールドのアクセサリーが似合うということになります。

また反対に、一般的な肌色よりも明るい肌には、シルバーも似合います。ファンデーションで言うと、明るめのピンクが肌に馴染む人は、シルバー系のアクセサリーも違和感なく着けられるでしょう。

ファッションの傾向から選ぶのもOK

色白というわけではないけど、シルバー系のアクセサリーを着けたい…または、色白だけどゴールドを格好よく着けたい。特に恋人からのプレゼントなど、アクセサリーに思い入れがある場合は多いと思います。

この場合は、ファッションの傾向から考えるとミスマッチになりづらいようです。

例えばゴールド系ファッションのキーワードは、ゴージャス感やセレブ感、セクシーさ。ボディラインが出るドレスや、レザーアイテムなどを合わせる時などにゴールド系を使うと決まります。

また、シルバー・プラチナのアクセサリー(ゴツいのではなく、華奢なデザインのもの)を使う時は、若々しさや清潔感、落ち着き、清楚なイメージのファッションを選びましょう。

お嬢様風のワンピースや、シンプルなパンツルックの時などに合わせると、洗練された雰囲気に磨きをかけてくれます。

この記事をシェアする

関連記事