• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「あなたの為の」アクセサリーをつけてもっと幸せを呼び込みましょう

Date:2012.08.26

女性のたしなみの一つであり、ステイタスでもあるアクセサリー。時に知的に、時に華やかに豪華に女性を引き立ててくれるアイテムです。

種類や色や形、値段の上下によって様々なアクセサリーがあります。また、あなたがそれを手に入れた経緯も、自分で購入したもの、人からプレゼントされたなど色々だと思います。

あなたはそれを「可愛いから」「いただきものなのでせっかくだから」と言った理由から付けているということはありませんか?実はアクセサリーにはしっかりとした意味が込められているものです。

それを知れば、もっと「あなたの為のアクセサー」が分かってきますよ。

アクセサリーはお守りです。願いをかけましょう

元々、アクセサリーは地位や身分を示す称号的な意味と、成功や豊作を願う気持ちから身につけられたものですから、本来はステイタスであり、お守りとしての意味を持っています。

現代でも贈られた相手が大切な人である場合、とても大切に扱うことがありますよね。大事なアクセサリーに願いを込めるなんてとても素敵だと思います。そのアクセサリーを見るたびに大事な人を想い、願い続けていればなんだか叶いそうな気がしてきます。

モテるアクセサリー術!

アクセサリーは女性も男性もつけるものですが、やはり女性的なイメージが強く、それは男性側から見ても同じなようです。では数あるアクセサリーの中で一体どんなものを男性は好むものなのでしょうか。

男性は女性の「女性らしさ」、男性とは違う部分に興味を引かれるようです。するとアクセサリーでも「細かに揺れる華奢なもの」「デザインの柔らかいもの」が女性らしさを引き立ててくれます。

ネックレスや手首につけるブレスレットを華奢なデザインのものにすると、手首や首元の細さが強調されて女性らしく見えます。その為に日々からデコルテのケアも怠らずにやっておきましょう。

イヤリングやピアスでは揺れるデザインのものが選びやすいと思います。髪型も工夫して、耳元がちらっと見えるように工夫すると男性の目を引くアクセントになります。

アクセサリーのモチーフの意味

アクセサリーのデザインには様々なモチーフが用いられます。女性に人気のハート型や天使の羽、男性にも人気があるクロスや鍵モチーフなど、種類は数え切れません。

それらに一体どんな意味が込められているかを知れば、今後どんなアクセサリーを選ぶべきかが見えてきます。また、手持ちのアクセサリーも見方が変わってくるかもしれませんよ。

ハート・・・言わずと知れた永遠の愛の象徴。幸せな結婚を表し、恋愛の成就の意味も
持ちます。親、恋人から贈られたものだとより一層効果が。

リボン・・・恋愛だけに限らず人と人を結びつける意味を持つ。恋人がいる人が身につければ、2人の絆をより一層深めてくれます。

天使・・・・天使は想いを伝えてくれる役割。片想いをしている人が持つと、愛を取り
持ってくれるでしょう。

クローバー・幸福の象徴四つ葉のクローバー。愛情・健康・財産・名声の4つの運気を
上げてくれます。

クロス・・・男性にも人気のモチーフ、クロスは交流の象徴。また、身に付けていると
災いから身を守ってくれます。

鍵・・・・・家を表す鍵モチーフはその家の繁栄の象徴です。相手の心を開くという意味もあり、家族感のつながりを強めてくれそうです。

最近は動物モチーフも増えていますが、これは動物が幸福の象徴であると考えている国が数多くあることが理由です。由来も様々なので、ぜひ調べてみてお気に入りの動物モチーフを身につけることで幸福を呼び込みましょう。

左手の薬指だけじゃない!指輪をつける指の意味

最後に指輪をつける指についてご紹介します。指輪をつける指と言えば、ご存知左手の薬指ですね。結婚指輪をはめる指で、気になる異性が出来た時のチェックポイントにもなります。

しかし意味があるのは左手の薬指だけではないのを知っていますか?その他、すべての指に意味があります。

○右手
親指・・・・自分に自信が持てる
人差し指・・集中力を付ける
中指・・・・災いから身を守る
薬指・・・・心を穏やかに保つ
小指・・・・魅力をアピールする

○左手
親指・・・・目標に向かう勇気をくれる
人差し指・・迷いを消してくれる
中指・・・・周りの人と心を通わせる
薬指・・・・恋人との絆をより強くする
小指・・・・出会いを呼び込む

となっています。自分自身の魅力アップや周りの人への影響をもたらす指もあるので、恋愛中の人はもちろん、恋愛をしていない人でも指輪をつけてもっと素敵なあなたになりましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント